広大な四季の森公園は、四季の遊びが満載!
残暑厳しい8月のある日、家族で県立四季の森公園へ行ってきました。青葉台の隣町、緑区の中山にある四季の森公園は、敷地面積35ヘクタールほどの緑豊かな公園です。春の草原、桜の谷、あし原湿原、紅葉の森など、季節ごとに見どころも多く、1日では遊びきれないほどの広さ。せっかくの暑い夏を楽しもうと、この日は「じゃぶじゃぶ池」にしぼって遊んできました。(text、photo:大西香織)

 

駐車場に車を止めて10分ほど歩くと、子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきました。到着した11時半にはたくさんの親子連れがパシャパシャ楽しそうに水遊び。子どもを水着に着替えさせ、さっそく水の中へ入りました。

 

じゃぶじゃぶ池は、子どもたちが水遊びをするためにつくられており、浅い水の流れがあります。小さな橋がかかっていたり、ところどころに岩が置かれていて、まるで本物の小川のようです。

 

 

岩と岩の間からチョロチョロ流れる水を手でせき止めたり、落ち葉や枝を流したり、プールとはひと味違う水遊びを楽しめました。

 

ここは造られた空間とはいえ、とても開放的で、たくさんの木々に囲まれているので、本物の大自然の中で遊んだと感じられるのも魅力の一つではないでしょうか。

 

水深は、深いところでも大人の膝丈くらいなので、1歳の息子も安心して遊ばせられました。

 

定期的に清掃、洗浄されているようなので、衛生面も気になりません。じゃぶじゃぶ池のそばにはパラソルと椅子が用意されており、空いていたらそこを借りることもできます。もちろん、暑い日の土日は混んでいるので、シートを引いて子どもを見守る親の姿が多く見られました。

 

 

里山の風景が残る公園内は、四季折々の自然にあふれ、花や昆虫の観察会なども無料で開催されているようです。

 

展望広場や遊具広場もあるので、何度行っても飽きずに楽しめそう。季節ごとにぜひ訪れたい公園です。秋にはどんぐりや落ち葉を拾いに行こうかな。

Information

四季の森公園

住所:横浜市緑区寺山町291

TEL:045-931-7910

アクセス:JR横浜線中山駅より徒歩15分 →Google Mapで見る

トップページ

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく