「親子の幸せとは?」シュタイナー教育公開講座のご案内

 

森のリポーターの中島美穂です。 娘の通うシュタイナー幼稚園では、そろそろ子どもたちがひな人形を作り始めます。静けさとリズムを大切にする暮らしの中で、子どもたちは季節を感じながら、五感を働かせ、生き生きと過ごしています。

私は、母親として、子どもの世界を守る“おおい”になりたいと思っているのですが、幼い二人の子どもと日々は、ただ慌ただしく過ぎ去っていくばかり……(笑)。そんな私にとって、時折子育ての講座などに参加することは、ふと立ち止まり、自分の子育てを振り返る良い機会になっています。

今回は、私も参加している「GABBYの会」というシュタイナーの思想に学ぶ勉強会の公開講座のご案内です。

講師は、シュタイナー関連の多くの著書を持つ西川隆範先生。「親子の幸せとは?」という興味深いテーマで、シュタイナー教育の観点からわかりやすくお話しいただきます。

「なぜ、この子は私のもとに生まれてきたのだろう」「この家族に出会った意味は?」といった疑問や、「家族の幸せを願っているのにぶつかってしまう」などの悩みのある方は、後半の質疑応答の時間をご利用下さい。

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく