11/27(日)は鴨志田へカモーン!フラメシ前で手作り市やるよ。
トミーヤミーの小池一美さんから、耳寄り情報を入荷しました。11/27(日)、鴨志田の「フラッとメシが食べられるダイニング」ことフラメシ店舗前で、「鴨志田カモーンマーケット」が開催されます。地元のあったかい人たちの手づくりおやつや、新鮮有機野菜、クラフト、そして癒しなど、行って見て食べてふれてしゃべってうれしくなるマーケットです。

「鴨志田カモーンマーケット」の会場は、Happy Resort Dining「フラメシ」の店舗前。青葉台駅から寺家ふるさと村方面へ向かうバス「鴨志田中央行き」に乗り、「中谷都(なかやど)」バス停を下りて目の前です。

フラメシのオーナーは、ブタがいるガソリンスタンド「金子石油店」社長で、Waveよこはやまパッションあおばプロジェクトを率いる金子拓也さん。代々鴨志田に根づき、鴨志田、青葉台、青葉区「LOVE」の気持ちがひと一倍強く、以前から地域を盛り上げる何かをやりたい、と考えていたそうです。トミーヤミーの小池さんのもう一つの顔は、「フラメシ厨房の小池さん」。「青葉台LOVE、地元愛」が強い2人が出会ったら話が早い!動きが早い! ……そんなわけで、地元で活躍する手づくり派の方々が集まり、第一回「鴨志田カモーンマーケット」を開催することになりました。

金子さんは「鴨志田を終始とした青葉区を、おもしろい地域にしたい。地域の人が、地域でものをつくったり、買ったり、笑顔になったり、そんな場所をつくるのが自分の使命」と語ります。

行くだけで楽しい気持ちになれる、「鴨志田カモーンマーケット」。愛称は「カモカモーンマーケット」。日曜日はみんなで、カモカモーン!!!
主な出店者

・eichel(榎が丘)
長野県の飯綱高原にある「こどもの森幼稚園」の卒園時のお母さんたちによる手作りユニット。
園舎を持たずに自然の中で活動するドイツの「森の幼稚園」に倣い、豊かな自然のなかで愛情と手間ひまかけて子どもを育てたご両親たちの心温まる作品が並びます。
木工、羊毛作品、自然素材リース、ドライフラワー、リンゴやリンゴのお菓子など……みなさん、お楽しみに!

 

・UN-Triangle(新石川)
無添加のオリジナルコスメと布小物を販売。

 

・mikurie(藤が丘)
国産小麦と天然酵母を使ってつくった、カラダにやさしいパンを販売。

 

・花野果(Hanayaca)(若草台)
青葉区で育った安心・安全で味のある有機栽培の野菜を販売。

・PIRICA style
http://www.piricastyle.com/
フリーランスのグラフィックデザイナーさんの、オリジナルチャリティーステッカーを販売。

 

・トミーヤミー with BOOKs
いまや森ノオトの有名人、焼き菓子販売のトミーヤミーでは、人気の“ばななぶれっど”を始め、地元の食材でつくった焼き菓子を販売。そして今回は、焼き菓子に合うかもしれない素敵な本たちも出品予定です。
http://morinooto.jp/ecoloco/ecolocolife/910.html

 

・gomoku+
http://ameblo.jp./team-gomoku/
青葉区で活躍するママさん癒しユニット。足裏の反射区を刺激して、血流やリンパの流れを促すフットリフレクソロジーを20分1000円で施術。お子さんを抱っこしながらでも気軽に受けられるので、お買い物を楽しみながらほっこりゆるみませんか?

・はやし農園
青葉台・鴨志田の有機農家・はやし農園さんの野菜やお米を販売します。はやしさんのやさしく真摯な人柄が現れているお野菜は、フラメシでも食べることができるので、カモカモーンマーケットの後はフラメシで楽しくごはんはいかがでしょう?

・Spin SF(鴨志田)
羊毛を洗い、染色した毛を梳き、紡いで、糸づくり。編んだり、織ったり、ゆったりと、のんびりと。そんなテーマで活躍する手つむぎ羊毛作家さんの作品を販売します。

 

・森のこども(中央林間)
木のおもちゃを制作する末吉史樹さん、森のリポーターでいつもやさしいおやつのレシピを紹介してくれる末吉まゆかさんの、卵・乳製品を使用しないナチュラルスイーツが並びます。「フリマを通してカラダや心がほっと温かな気持ちになれるようなものを心がけています」とまゆかさん。やさしくて職人気質な末吉さん、あったかくてパワフルなまゆかさんの笑顔に会いに、ぜひ!

さてさて……そんな会場となる「フラメシ」、気になる方は、明日の森ノオトをチェックチェック! みんながハッピーになれるダイニング・フラメシの魅力をお伝えします!

大人も子どもも、フラっと気軽にメシ食べよ! Happy Resort Dining フラメシ

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/編集長/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく