巨大な温室の中にあるものは……!? 地域の憩いの場「ハーブカフェ ららら」
田んぼや畑、そして里山が残る緑豊かな川崎市麻生区、早野地区。すぐ側には早野川が流れ、周囲を畑で囲まれている大きな温室が見えてきます。それが「ハーブカフェ ららら」。1年の中で最も植物の生命力にあふれているこの季節に、ハーブガーデンと併設されているカフェをご案内します!

私は自宅の庭でも数種類のハーブを栽培するほど、実はとてもハーブ好きです。その姿は一見、地味であり、華やかな草花には劣るかもしれませんが、ふれた瞬間にふわっと漂う香りやハーブのもつ効能はとても魅力的です。取材に訪れた「ハーブカフェ ららら」は、こうしたハーブを100種類ほど栽培しており、ガーデンに植えられたハーブを実際に目で見て、さわり、そして舌で味わえる場所になっています。

 

建物の前には、多種多様なハーブたちが咲き乱れている。カフェのある大きな温室を中心に、右手に苗を栽培している温室、左手にはハーブガーデンがある

建物の前には、多種多様なハーブたちが咲き乱れている。カフェのある大きな温室を中心に、右手に苗を栽培している温室、左手にはハーブガーデンがある

 

広々としたカフェ内。巨大な温室の中にある椅子に座ると、なんだか不思議な気持ち。ガラス越しにはハーブガーデンが眺められる。店の奥に、厨房とエアコンの効く客席がある

広々としたカフェ内。巨大な温室の中にある椅子に座ると、なんだか不思議な気持ち。ガラス越しにはハーブガーデンが眺められる。店の奥に、厨房とエアコンの効く客席がある

この施設は、2009年10月に、NPO法人たま・あさお精神保健福祉をすすめる会が、精神しょうがいのある方の支援のひとつとして開設しました。現在は、23名の方が登録しており、園芸作業・菓子製造・喫茶業務などの“働く”場を通して、利用者の目標に向けた活動をしています。また、利用者の家族や地域の方たちが気軽に訪れ、安心してくつろげる場にしたいという願いもあるようです。

 

ハーブガーデン全景。バラのアーチやタイムのカーペット、こん盛りと生い茂るラベンダーなど、手入れが行き届いている庭。背後には早野地区の自然が佇んでいる

ハーブガーデン全景。バラのアーチやタイムのカーペット、こん盛りと生い茂るラベンダーなど、手入れが行き届いている庭。背後には早野地区の自然が佇んでいる

 

5月はハーブにとっても最高の季節。太陽の光を浴びて、たっぷりと呼吸をし、生き生きとしている

5月はハーブにとっても最高の季節。太陽の光を浴びて、たっぷりと呼吸をし、生き生きとしている

それにしても、これだけのハーブガーデンを管理・維持するのは相当大変なこと。何か秘訣があるのでは? と、現在、施設の所長・サービス管理責任者でもある大友わかささんにお話を伺いました。

 

「私の前任者の代から、最も大切にし、かつ引き継いでいきたいことのひとつに、“地域の皆さんとのつながり”があります。元々、自治会などが盛んな地域ということもあり、皆さんには日頃から本当にお世話になってばかりです。地元のお祭りに参加したり、また、ハーブカフェらららでも地元の方と一緒に“ハーブまつり”を開催したりして、少しでもコミュニケーションをとることができたらと思っています」

 

大友さん自身もここに来て、昔ながらの地域交流の良さを実感しているようです。「おかげさまで、常にご近所の方が気にかけてくださり、施設が休みの日に植物が弱っていたら水やりをしたり、私たちでは難しい大きな樹の剪定をしていただいたりと、常に見守られながら今日まできています」

 

施設の利用者、スタッフ、そして近隣の方々の協力があってこそ、この気持ちの良い空間が維持されており、それは日頃の信頼関係の積み重ねから生まれているものなのだと感じました。

 

そして、もうひとつ驚いたことは、利用者の方に、ハーブの名前や栽培方法などについて尋ねると、とても詳しく説明してくれることです。毎月、定期的にハーブに関する勉強会や、運営の改善点などについて振り返る時間を設けているそうで、カフェを訪れた人へ知識やノウハウを伝え、それが利用者の自信にもつながっているとのこと。“自分が得た知識を人に教える、伝える”という行為は誰にとっても嬉しいことであり、利用者の誇らしげな姿を見ているだけでこちらまで優しい気持ちになれるひと時でした。

 

隠し味に数種類のハーブを使用している、優しい辛さのカレー、季節のハーブ香るシフォンケーキ(この日はカモミール)、その他、四季折々のフレッシュハーブティーなど、カフェではハーブづくしのメニューが並ぶ

隠し味に数種類のハーブを使用している、優しい辛さのカレー、季節のハーブ香るシフォンケーキ(この日はカモミール)、その他、四季折々のフレッシュハーブティーなど、カフェではハーブづくしのメニューが並ぶ

 

カフェの一角では、同じ敷地内にある「があでん・ららら」で加工・製造したハーブティーやクッキー、クラフト製品も買える

カフェの一角では、同じ敷地内にある「があでん・ららら」で加工・製造したハーブティーやクッキー、クラフト製品も買える

 

 

所長・サービス管理責任者である大友わかささん。朗らかで、穏やかな人柄はハーブガーデンがもつ雰囲気そのもの。プライベートでは、1歳児の子育て奮闘中のお母さん

所長・サービス管理責任者である大友わかささん。朗らかで、穏やかな人柄はハーブガーデンがもつ雰囲気そのもの。プライベートでは、1歳児の子育て奮闘中のお母さん

大友さんにお話を伺っていると、常に地域の方への感謝の念が表れてきます。お世話になっている近隣の方たちに少しでも恩返しができるように……と、「今も時折、市民グループの方の作品展や高齢者施設の方の集まりに、この場を利用していただいていますが、更に地域交流の場としてここを活かしていければと思っています。そして、ここにハーブカフェらららがあって良かったね、と言われるような場所になれたら嬉しい」

 

ここ数年、地元の小学校の授業では、ここを訪れ、園芸作業やクッキー製造などを見学し、質疑応答をしながら、カフェスタッフとの交流を深めているそうです。子どもたちがハーブをさわりながら、葉っぱの匂いをかぎながら、おしゃべりしている姿が目に浮かびます。このことからも、既に十分、地域に根付いていることが分かるような気がします。

 

近くには、早野聖地公園や寺家ふるさと村などもある自然豊かなエリアです。子連れのお母さんたちには、子どもたちがハーブガーデンで遊ぶ姿を見ながら、カフェでひと息ついてもらうなど、ぜひ散歩コースのひとつに入れてもらえればと思います。

 

駐車場の足元を見ると、カモミールが! こぼれ種でこんな所でも生えてこようとする強さもハーブの魅力

駐車場の足元を見ると、カモミールが! こぼれ種でこんな所でも生えてこようとする強さもハーブの魅力

 

* * * * *

「ハーブ市」開催!

「ハーブカフェ ららら」では毎年ハーブ市を開催しています。今年も以下の日程で開催予定です。ミニハーブカフェ、ハーブを用いたワークショップ、ハーブ摘みなど。

日時:2015年7月3日(金)11:00-15:30

会場:ハーブカフェ ららら(ご来場の際は、公共の交通機関をご利用ください)

Information

ハーブカフェららら

住所:横浜市川崎市麻生区下麻生3-32-5

TEL:044-989-8323

営業日:金、土曜日

営業時間:11:00-16:00(15:30ラストオーダー)

HP:http://www.sky1995.com/office_shuurou_cafe_shop.html

清水 朋子
この記事を書いた人
清水朋子ライター
食べること、つくること、ワインとチーズ、焼酎を愛する食いしん坊。雑木林のような豊かな庭、愛するアンティークに囲まれた自宅の一角で、集会所+ときどき、喫茶として「Glänta(グレンタ)」を主宰している。小さな家の隅々まで愛おしみ使い尽くす、センスのよい暮らしぶりが注目を集める。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく