AppliQué 日々のコト vol.9 ー7月の森ノファクトリーよりー
森ノオトが運営する布のアップサイクルブランド「AppliQué(アプリケ)」。6月は初めてのイベントに参加したり、ワークショップのサンプル作りをしたり、工房からは相変わらず笑い声とミシンの音が。梅雨時期は手仕事するのにはぴったりな季節ですね。

6月のスタートは、2日(日)の「風の里マルシェ」での出店でした。

風の里マルシェは、今回初めて開催された青葉区寺家町にある「里のengawa」でのマルシェです。

フリマあり、アフリカン雑貨あり、骨董品あり。今まで参加したマルシェとはまた一味違う独特な雰囲気で、雑多でありながら不思議と落ち着ける

 

普段の里のengawaの雰囲気そのままにゆったりとした時間が流れ、みんなの滞在時間がとても長かったのが印象的。それだけ居心地の良い空間

森ノオトの地元でもあり、たくさんの顔見知りにも会えた楽しい時間でした。主催者の皆さんがとても丁寧にこのイベントを作り、盛り上げていらっしゃる様子が垣間見え、とてもあたたかい場で、2回・3回とぜひ続いて欲しいと願うマルシェでした。

7日(金)は、森ノオト恒例のガレージセール。AppliQuéのアウトレットブースとAppliQuéスタッフによるフリマブースで出店しました。

サンプル品やアウトレット品のほか、ハギレなどお買い得品がいっぱい

 

この日お試しで座布団のサンプル販売をしてみたところ評判は上々。そこで、通常商品として今後販売することに

 

フリマブース。メンバーたちの放出品があれもこれもと並ぶ

「毎回出すのに全然減らないよ~」と言いながらも、ほかのブースで新たなものを物色。だから減らないのだよね……。わかっているのだけど、それがこのガレージセールの醍醐味

 

演奏とコラボした読み聞かせも!効果音が入るだけでグッと臨場感が増し、大人も楽しめる読み聞かせ。次回もぜひ来てほしいな

顔の見える関係で、本人が販売するアウトレット品は、モノの背景が見え、使い心地、着心地など使っていた人だからこその本音の感想もあったりで、安心して購入できます回を重ねるごとにリピーターのお客さんも多く、お客さん交えてのやりとりがとても楽しい時間になっています。

13日(木)はお裁縫講座でした。去年開催して好評だったことから2回目の開催となった「うたしもんぺ」づくり。

講師の広崎さよ子さんを囲んで、みんなチクチクと手縫いで製作

 

おしゃべりしたり、黙々と縫い続けたり。ゆったりした時間

この講座では、さよ子さんが古着の着物をもんぺ用に縫い合わせ下準備をしてくださっていたものを利用して作っています。AppliQuéでは常時布の寄付を受け付けていますが、「家に着物がたくさんあるのだけど……」とよく持ちかけられます。AppliQuéでは着物地は受け付けていないのですが、こうやって一度布に戻すという一手間を加えることで、色々と再現性が生まれて、アレンジの楽しみができそうだなと気づかされます。

お家に袖を通していない、使い道のない着物がある方は、うたしもんぺを試してみてはどうでしょう。

21日(金)は月に一度の「かもしだ小さなマーケット」。

森ノオウチの空気感そのままにのんびりした雰囲気のマルシェで、リピーターが多いのが特徴です。

美味しいお野菜に竹かご、ベーグル……。迷うなあ

 

スーツ姿でくつろぐ方も。もちろんちゃんとお仕事した後のくつろぎタイム

 

その他、新しいワークショップのサンプル作りもしました

たくさん布を寄付していただいていた中で、今まで商品に使うことがなかったニット素材やサテン生地、副資材がたくさんあります。なんとか活かせないかな?と考え付いたのが、このオリジナルぬいぐるみ作りのワークショップです。

サンプル作りではスタッフが大盛り上がり。たくさんの素材の中から好きなものを自由に使えるので親子で色々試して世界で一つだけの自分だけのぬいぐるみを作って見てくださいね。7月のこどもまつりで開催予定です。

■7月の出店・イベント予定

作り方はとても簡単で、アレンジ次第で色々な表情ができる四角衣。

いつの間にやらAppliQuéスタッフの夏の定番服となっているのですが、これをお裁縫講座でやって見ては?と。

丈や幅、素材が変わるだけでガラッと印象が変わります。お好みの四角衣をつくってみませんか?

○AppliQuéお裁縫講座「四角衣をつくってみよう」

日時:7月11日(木)10:30~12:30

場所:森ノハナレ(森ノオト事務所裏) 青葉区鴨志田町818-3

http://morinooto.jp/2019/05/22/applique_7/

○かもしだ小さなマーケット 

日時:7月19日(金) 10:30-14:00

場所:森ノオウチ(森ノオト事務所) 青葉区鴨志田町818-3
https://www.facebook.com/events/1554865684656576/

夏休みにこどもと一緒に楽しめる場所ができたらいいね!とのスタッフからの発案で、今年初めて開催することに

子どもも楽しめて、さらに親も一緒に楽しみたい!ということで、青葉区在住の作家さんにお声がけをして子どもから大人まで参加できるワークショップや、小学生のミシン講座などを開催します。母には「腸セラピー」(※要予約)や「ヘッドセラピー」などの癒しブースも。

そして、お祭りといえば「かき氷」に「わたがし」。自分で作る参加型もいいかもね!と、子どもたちが自分でつくるかき氷になりそうです。

○AppliQuéこどもまつり

日時:7月29日7月29(月)・30日(火)

場所:森ノオウチ(森ノオト事務所) 青葉区鴨志田町818-3

https://www.facebook.com/events/1086061011592799/

Information

AppliQué

HP:http://applique.morinooto.jp/

ONLINEshop:https://applique.official.ec/

工房open:月・木 10:00~15:00

青葉区鴨志田町818-3

齋藤 由美子
この記事を書いた人
齋藤由美子ライター/スタッフ
森ノオトの事務局スタッフとして、主にAppliQuéのディレクションを担当。神々が集う島根県出雲市の田舎町で育ったせいか、土がないところは落ち着かない。家では「シンプルな暮らし」関連本が十数年にわたり増殖中。元アナウンサーで、ナレーターやMCとしての顔も持つ。小1女子の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく