まちの花と緑の維持管理どうする?どうしたい? 本音で話せる仲間とつながろう!
まちの花や緑を「育てる」楽しみや苦労について、自分の活動エリアを超えて語り合い、「緑でつながるなかまたち」のリアルな輪を広げませんか? 自分の活動地域ではつい遠慮して言えないこと、愚痴やモヤモヤも持ちよって、違う地域の人たちと話してみたら解決するかもしれません。

青葉区と森ノオトが協働ですすめているフラワーダイアログあおばでは、昨年度、3年間の集大成として、『緑でつながるなかまたち。あおば花と緑のアイデアブック』を作成しました。

 

他にも、区内の花と緑の見どころや活動情報を見られる『花端会議マップ』を作成したり、SNSを活用した花と緑の情報発信をしたりして、花と緑を通じて世代を超えた交流が生まれるよう、様々なチャレンジをしています。

 

青葉区役所4階の区政推進課窓口や区内の地域ケアプラザ、市民活動支援センターなどで配布しています!

 

9月には、花と緑の地域活動を持続可能なものとするために、活動の「担い手」を横につなぐ対話の場を開きます。

 

これまで、フラワーダイアログの取材や対話の場から「花端会議」「マイツリー」「パークの日」という3つのキーワードが生まれ、青葉区らしい花と緑のまちづくりを表す言葉として根付くよう、度々参加を呼びかけてきました。公園愛護会の存在さえも知らなかった森ノオトのライター達が、様々な団体に取材をして、関わる人々の魅力や、活動を継続することの楽しさ・難しさを知り、活動を支える区役所の仕事についても一定の理解が進みました。

 

私たちが得た知見は、『森ノオト』の記事フラワーダイアログあおばのFacebookInstagramSNSページで誰もが見られる形にして公開しています。他の団体の記事を読んで参考にしたとか、掲載されている場所に行ってみた、人に会いにいったという声は、まだ少ないのが現状です。しかし、同時に、あとちょっとで、区内を横断してゆるやかな関係性が生まれそう、という期待や手応えも感じています。

 

それぞれの地域で活動する人たちが、普段の活動範囲を超えて、他の団体の方々と直接語り合う場があれば、悩みや楽しさを共有し、明日からまたちょっと頑張ろうと思えるかもしれない。取り入れたい、真似したいアイデアを教え合うことができるかもしれない。行政のサポートや制度にうまく頼りながら、自分たちで問題解決ができるかもしれない。

 

9月の「花端会議」は、花と緑の活動に関わるみなさんの気持ちが、ちょっと「ラク」になることを目指していますので、ぜひ、ご参加ください。

 

公園愛護会や、ハマロード・サポーター、花と緑のサポーターといった団体で活動をしている方、自治会や町内会、学校などで、花と緑のまちづくりに関わっている方、また、そうした活動に実際に加わりたい方、広報という観点から支援したい方、などの参加もお待ちしています。

ゲストアドバイザ―として、桜台園芸の森健太さんをお呼びします。前半で、育苗や、花の手入れについてのお悩み相談にのってもらいます

 

桜台園芸は横浜市一の栽培面積を誇る、青葉区の花農家さんです。2019年に青葉公会堂で行った「花端会議をはじめよう!」トークセッションにもご登壇いただきました。青葉区で暮らす、いち生活者、3人のお子さんを子育て中のパパとしての目線も持ちながら、経営者でもある森さん。園芸のプロから見た横浜の緑、青葉区の緑についてや、育苗のコツなど、ボランティアとはまた違う立場からのお話は、普段の活動では得られないものかと思います。

 

参加者には、たかはし園芸さん監修の来春に咲く宿根草の苗のプレゼントもあります。育て方ガイドつき。それぞれの活動エリアに持ち帰って育ててくださいね!

Information

日時:202194日(土)10―12
会場:青葉区役所1階区民ホール
定員:30
参加費:無料

対象:地域で花と緑のボランティア活動をすでにされている方と、活動に興味のある方。
一団体2名まで参加できます。参加者には、たかはし園芸さん監修の花苗プレゼントあり。

申し込み方法:①参加する人全員の氏名②申込者の連絡先(メール・電話)③ゲストの森さんに質問したいこと④活動する中で感じている悩みなどをご記入のうえ、[email protected]までメールでお申し込みください。

梅原 昭子
この記事を書いた人
梅原昭子コミュニティデザイン事業部マネージャー/ライター
引き算の編集が好きです。できないこと、やりたくないことが多過ぎて消去法で生きています。徒歩半径2キロ圏内くらいでほぼ満ち足りる暮らしへの憧れと、地球上の面白い所どこでもぶらりと行ける軽さとに憧れます。人間よりも植物や動物など異種から好かれる方が格上と思っている節があります。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく