この人に会いたい!

小さな幼稚園「りんごの木子どもクラブ」を1982年に設立し、30年以上保育の現場に立ち続けている柴田愛子さん

映画「みんなの学校」の魅力を語り尽くす! 「りんごの木子どもクラブ」柴田愛子先生インタビュー

団桃子written by

2016.06.10

子どもたちの「ありのまま」を受け入れ、とことん寄り添う姿勢に、日本中のお母さんたちの共感を集めている「りんごの木子どもクラブ」の柴田愛子さん。6月17日(金)に「こどもみらいフェスティバル」で上映される映画『みんなの学校』に感銘を受けた愛子さんに、映画の魅力を語り尽くしてもらいました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

取材の日は、たまプラーザのannabelle(アナベル)にて、園田さんを含む女性作家三人による展示会の真っ最中。sonor(ソナー)という名の由来は「結婚して姓が変わり、主人のメールアドレスを使っていた時、アドレス内にあった単語がsonor。それが気になっていて……たいして深い意味はないんです(笑)。それから、ソナーという単語には(単語の綴りは違いますが)“響き”や“波紋”という意味があるのも、気に入った理由ですね」

人との深いつながりから生まれたsonorのモノ作り

団桃子written by

2016.04.21

【リポーター養成講座受講生修了レポート:団桃子】10年以上前から横浜市都筑区北山田にお住まいで、子育てをしながら自宅のアトリエでモノ作りを続けてきた園田明子さん。リネンのエプロンやスカート、エコレザーを使ったトートバッグ、ルームシューズなど、シンプルでありながら存在感のあるモノ作りの魅力に迫ってきました。

つづきを読む

mixiチェック