新着エコニュース

グループトークは「ワールドカフェ」の形式で。お茶を飲みながら、カフェのようにリラックスした雰囲気で、一人ひとりがじっくり語れる環境をつくる。時間で区切って席替えをして「旅をする」ように他の人と語る

「私の一歩」が横浜の子育てを変える!

北原 まどかwritten by

2017.02.15

1月15日に横浜市開港記念会館で子育てフォーラム「みんなで話そう!横浜での子育て〜泣いて笑って子育ての本音〜」が開催されました。主催は横浜市こども青少年局で、森ノオトをはじめとする横浜市内の子育て当事者が運営する団体代表が実行委員会をつくって運営。横浜の「協働」の新たな一ページが刻まれました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

カメに入れて、平らにならして、塩でふたをする。幼稚園年少くらいから十分なはたらき手になれるのが、手前味噌づくりのおもしろさ

時間をかけて育つ我が家だけの味。3/19(日)「手前味噌づくりワークショップ」

北原 まどかwritten by

2017.01.30

基本的な調味料を手づくりすると、「我が家の味」がバッチリ決まります。今年から料理教室を本格的にスタートする森ノオト料理部は、手作り調味料企画の第一弾として、毎日のごはんの基礎とも言える「手前味噌」づくりのワークショップを3月19日(日)に開催します。パパもママも子どもも、家族みんなで参加しませんか?

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

シェアカル恒例の情景。テーブルにずらりと並ぶPOPを眺めながら、3丁目カフェの美味しいランチを食べ、来た人と会話が弾む

シェアするカルチャー「シェアカル」が、地域の「支え合い」をつくる!?

北原 まどかwritten by

2017.01.19

自分の得意なことが、誰かの役に立つ!? 趣味が高じて仕事になる? たまプラーザで始まっている「シェアカル」というサービスに、全国的な注目が集まっています。シェアカルの仕掛け人・藤本孝さんにお話を聞いてきました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

「おんぶdeハンダ」に引き続き、「臨月de丸ノコ」という名言が飛び出した!? 森ノオトライターの宇都宮南海子さんは、丸ノコと格闘した3週間後に、無事に女の子を出産した

DIY内窓、進化しています! 2016年は肘掛窓に内窓をつくりました!

北原 まどかwritten by

2017.01.18

夏は73%、冬は53%??。暑さ寒さ、住まいの快適さを損なう熱の移動は、主に窓から起こります。窓を変えれば暮らしが変わる! というくらいに、住まいの省エネと健康に窓の断熱は必要不可欠です。2016年11月7日、森ノオウチでDIY内窓づくりのワークショップをおこないました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

photo01

森ノオト1-2月のイベント情報

北原 まどかwritten by

2017.01.07

森ノオト読者の皆さま、新年あけましておめでとうございます。2017年も、森ノオトは地域をエコで可愛く盛り上げて参ります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。 2017年1-2月の森ノオトのイベント情報をアップします。ぜひ、皆さんのスケジュールに書き加えてくださいね。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

制作チームのメンバーで打ち上げ! 本書を持ってはい、チーズ!

ついに発売!椿直樹さんの著書『横浜の食卓 〜ど根性レシピ〜』

北原 まどかwritten by

2016.12.21

「横浜を地産地消の一大都市にしたい」。熱い思いを胸に秘め、地産地消の仕掛け人として食と農をつなぐ活動をしてきた料理人・椿直樹さんの初の著書『横浜の食卓 〜ど根性レシピ〜』がついに刊行しました。横浜の農家9名、調味料や加工品の生産者5名、横浜野菜を使った55レシピ、横浜の農業を知るコラムやマップが満載の充実内容です。クラウドファンディングで212名から339万円もの支援を集め、文字通り「横浜のみんなでつくった」1冊です!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

清水(左)と大西の息のあったコンビで講座を運営

1/19味噌、2/16ケチャップ、3/2あられ! 地産地消調味料講座へようこそ。

北原 まどかwritten by

2016.12.15

横浜は、農地と住宅地が近いため、農地とふれあう機会が多いのが特徴。地元の野菜を手に入れたら、横浜産の調味料で味つけしませんか? 横浜市経済局・平成28年度 消費生活協働促進事業の「横浜産の調味料で地産地消と食の安全を学ぶ講座」。1月は味噌づくり、2月はケチャップ、3月はあられがテーマです。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

ワークショップの後半では、自分の気持ちを「4コママンガ」に表現する。なかなか大変な作業だが、頭の体操や思考の整理にぴったり!

横浜の子育てをつくるのは私たち! 1/15(日)フォーラム「みんなで話そう!横浜での子育て 〜泣いて笑って子育ての本音〜」

北原 まどかwritten by

2016.12.11

今年、横浜市の各地で子育て当事者が語り合う「みんなで話そう!横浜での子育て ワイワイ会議」が開催されています。2017年1月15日(日)には、横浜のみんなで「横浜での子育て」について考え、語り合うフォーラムを横浜市開港記念会館で開催します。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-14-04-29

【協賛】あおばを食べる収穫祭2016を支えてくださっている皆さんをご紹介します!

北原 まどかwritten by

2016.11.08

「あおばを食べる収穫祭2016」は、地域の素敵なお店の協賛や、藤が丘商店会の協力で開催できます。現在、区内で1万部配布しているチラシでは、どんぐりたちのウワサ話風で盛り上がっていますよ。地元のお店のおもしろ情報を、どんぐりたちに聞いてみてください。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

今年もピリカデザインは健在です。黒板をモチーフにしたスタイリッシュなチラシは、区内各所で配布中。

地域密着エコ&リユース&自然エネルギーフェス! 11/23(水・祝)あおばを食べる収穫祭2016

北原 まどかwritten by

2016.11.07

「エコ=未来への想像力」。子どもたちに美しく、豊かで、楽しい地球と地域を伝えていきたい。そんな思いで「エコ」をコンセプトに活動している森ノオト&コマデリ主催のリアルフェス「あおばを食べる収穫祭2016」を11月23日(水・祝)に開催します。会場は藤が丘駅前公園。藤が丘商店会公認ゆるキャラ「汁ウィン」&「汗ウィン」の夢の共演も?!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

01

森ノオト10月-11月のイベント情報

北原 まどかwritten by

2016.10.24

2016年、森ノオトのイベントが増えて、一覧で見られるといい! という声を多くの読者からいただきました。今月より、森ノオトの近日開催イベント情報をアップします。ぜひ、皆さんのスケジュールに書き加えてくださいね。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

椿さん(左)と苅部さん。横浜の食と農を牽引する二人を招いての講座、見逃せない!

11/17ラー油、12/8胡麻油!地産地消の調味料講座が大人気です。

北原 まどかwritten by

2016.10.23

今年8月にスタートした「地産地消は野菜だけじゃない! 横浜産の調味料で地産地消と食の安全を学ぶ講座」。毎回、調味料生産者のお話、森ノオト料理部によるエコクッキングの話と、テーマの調味料を使ったランチで、「とても充実!」と大人気です。11月は、横浜の地産地消の仕掛け人・椿直樹さんと、横浜のエース農家・苅部博之さんのコラボラー油のお話。12月は岩井の胡麻油の岩井徹太郎さんが講師です。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

三ツ橋樹里子さんの手持ちの裁縫道具を借りて、縫い物にしばし没頭。裁縫には癒し効果があることを発見!?

【中止】10/25(火)森ノお茶会「子育て中でも読書したい!わたしのおすすめ本」

北原 まどかwritten by

2016.10.17

10月のテーマは「子育て中でも読書したい!わたしのおすすめ本」です。6月に大好評だった「絵本」をテーマにしたお話し会、その時は子ども目線でしたが、今回は大人、自分目線で好きな本について語り合うお茶会にします。子育て中だけど、本を読む時間をどうつくっているの? などなど、読書にまつわる工夫も話しましょう。本好きなママさん、集まれ〜!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

子どもの健やかな笑顔と、保育士のイキイキとした働く環境をつくる、もあなの事務局スタッフの務めは大きいです!

【PR:もあな通信】NPOで働くということ。保育者も、事務局も、子どもも、素敵な未来に向かって一緒に走る!

北原 まどかwritten by

2016.10.03

子どもが、子どもらしくいられる健やかな環境づくり。NPO法人もあなキッズ自然楽校の事業は、毎日の保育園運営に加え、「森のようちえん」や子どもの未来を創る人を育成しネットワークしていく、新しい領域に広がりを見せています。日々の子どもの育ちを支え、新領域をつくり伸ばしていく、NPOの土台とも言える事務局を徹底リポートします。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

三澤百合子さん。代々続く農家の三澤家は、古民家や土蔵が立ち並び、昔ながらの暮らしを垣間見ることができる

10/6(木)調味料講座!青葉区のお母さん作・浜なしを使った焼肉のたれ 三澤百合子さんを訪ねて

北原 まどかwritten by

2016.09.17

こどもの国すぐ近くに、青葉区で代々続く農家があります。三澤家のお嫁さん・百合子さんは、工房「口福」を立ち上げ、ラズベリーや桑の実のジャムや、梅の甘露煮などの加工品や、規格外の浜なしを焼肉のたれにして販売しています。(写真:大西香織)

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

やや水っぽいかな? くらいの粘度の方がモルタル天井や凹凸の壁には食いつきやすいそうで、さっそく娘も壁塗り開始。自分の部屋なので、張り切って壁塗りしていた

こども部屋をエコDIY! ホタテ貝殻の漆喰をみんなで壁塗り!

北原 まどかwritten by

2016.09.08

森ノオトのエコDIY番外編として、我が家のこども部屋リフォームを公開して、床張り編に続き、壁塗りをおこないました。有害化学物質ゼロ、ホタテの貝殻の焼成灰を主原料にした「貝てき漆くい」を使って、小学生の娘と森ノオトの仲間たちと一緒に、壁塗りを楽しみました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

マスマスの治田友香さん(右)とキタハラ。メディアを立ち上げる際の事業計画や起業家支援はマスマスにお任せ!(写真:堀篭宏幸)

10月開講!第2期「地域をつむぐローカルメディア講座」

北原 まどかwritten by

2016.09.07

関内の社会起業家支援・コワーキングオフィス「マスマス関内フューチャーセンター」(運営:関内イノベーションイニシアティブ株式会社)と特定非営利活動法人森ノオトのコラボでお届けする「地域をつむぐローカルメディア講座」の第2期の募集が始まりました。地域を耕し、魅力を発見し、ヒト・モノ・コトをつなぎたい人、集まれ!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

はにかんだり、照れたり……でも、一人ひとり、自分のつくった家の模型を手に取り、誇らしげに語ってくれました

小学生が考える「理想の暮らしとまち」って? エコDIY「こども建築ワークショップ」レポート

北原 まどかwritten by

2016.08.25

水色の外壁にスカイブルーの三角屋根。さわやかな外観の住まいは、庭にベンチがあって、近所の人たちが集っておしゃべりをしています。こども建築家が考える「理想の暮らし」は、いったい、どんなものなのでしょう? 8月24日にウィズの森で開催された「エコDIY夏休みこども企画」に、小学校2年生の娘と参加してきました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

くわばらさんの指導のもと、差し金を使ってパネルをカットする位置を確かめる長女。2年生にもなると、暮らしの中にあるさまざまな学びの要素を一緒に体験できる

我が家をエコDIY! KUMIKIと一緒に無垢の床張り体験

北原 まどかwritten by

2016.08.23

小学校2年生になった長女は、そろそろ自分の勉強部屋がほしいお年頃です。我が家はレトロ団地の2LDKに暮らしていて、かつては私の仕事部屋、今は夫の衣装部屋の北側4畳半を、こども部屋にしようと画策し、森ノオトのエコDIYでお世話になっているKUMIKIプロジェクトさんに相談したところ、「新商品のDIY床材があるんですよ」とのこと。さっそく、無垢材のDIYにチャレンジしました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

最後のギャザリングで、旅の感想を語り合うライフサンプリングツアーの一行。パタゴニアのロビーで、ホットリップスのピザやビールでお腹を満たしながら、最後の交流の時間を過ごした。吹き抜けを介してオフィスとつながっている。子どもたちが賑やかでヒヤヒヤしたが、そんな様子も温かく受け入れてくれるポートランドの風土に感謝!

環境と経済の両立、モデルになるポートランド! Field Trip in PDXレポート(4)

北原 まどかwritten by

2016.08.08

ポートランドといえば、エコでも知られています。全米で最も緑が多い街と言われ、エコ建築に認証されている建物が多く、公共交通が整備されていて脱クルマが進んでいます。地球温暖化対策を進めながら人口増加と経済成長を両立している、まさに「環境未来都市」。ポートランドの環境政策について調べてみました。

つづきを読む

mixiチェック