地元Love探検隊

2016年秋の寺家回廊、ギャラリー「木瓜の里」での展示

暮らしに微笑みを添えてくれる焼き物、陶芸家・さとうゆきさんを訪ねて

南部聡子written by

2017.02.26

昨年の秋、青葉区寺家町で恒例のアート展、「寺家回廊」を子どもと散歩しながら巡りました。そのとき、一瞬で心を掴まれた作品がありました。ギャラリー「木瓜(ぼけ)の里」で展示されていた、さとうゆきさんの焼き物です。土の色をいかした色の温かみ、手にのせるとほっと馴染む形の可愛らしさ。陶芸家・さとうゆきさんにお話を伺いました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

子どもたちのまっすぐな目としっかりとしたペンを持つ手に見とれてしまった8分間

「つくりたい!」をまるっと引き受けてくれる「アトリエ・アルケミスト」

南部聡子written by

2017.02.16

町田市の玉川学園に「アトリエ・アルケミスト」という面白い絵画造形教室があると友人から聞きました。さっそくHPを覗くと「めざすは日本一おもしろいアート塾。愛とのんきと心意気を身上に今日もおっとり邁進中です」とあります。気になります……。百聞は一見に如かず!と、まるで教室そのものが作品のようなアトリエに伺いました。(写真:山田あさか)

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

代々この地で守られてきた農園を引き継いだ栄一さんと、農業とは無縁の環境から嫁いできた絢子さん、二人三脚で農園を運営している。この時季はいちご狩りの受付の電話対応などで忙しく、惜しくも美人で元気な絢子さんとのツーショットは撮れず

目で味で、旬のいちごを満喫! 徳江いちご農園さんでいちご狩り

南部聡子written by

2017.01.16

見た目の可愛らしさ、そしてぎゅっと詰まった甘みと酸味。大人から子どもまで「いちご」の人気は絶大です。一面のいちごに囲まれてお腹いっぱい食べられる、そんないちご農園が青葉区にもあるのです! これから旬のいちご狩りがたっぷりどっぷりと楽しめる徳江いちご農園さんで、いざ、いちご狩り。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

「パン屋さんには土日のお休みがないので、娘には寂しい思いもさせてきたと思います。朝ごはんはお米にしてね! と言われたプチ反抗期も乗り越え、今は言葉にこそ出さないけれど、誰より自分たちの仕事を応援してくれていることを感じています」と話す恭子さん、ふとお母さんの顔に

お腹も心も優しく満たされる、桂台のパン屋〈こんがりや〉

南部聡子written by

2016.12.09

〈こんがりや〉の扉を開くときの気持ちは、お気に入りの絵本を開くときのそれに似ています。ふわっと包まれる香ばしい香りと間違いなくおいしいパンと、柔らかい店主の笑顔があることを知っているからでしょう。地元の人たちに愛される青葉区桂台のパン屋さん〈こんがりや〉を取材しました。

つづきを読む

mixiチェック

この人に会いたい!

お片づけ本や、ナチュラル系雑誌『リンネル』や電気掃除機のCMなどで由美子さんとこのお部屋を見かけた人もいるかもしれません。もともと片づけ下手だったという由美子さん。片づけができるようになって自分を前より好きになれたそう。そして今、片づけに悩むお母さんたちの力に少しでもなりたいとライフオーガナイザーとして活躍している

子育て中でも、理想の暮らしに近づきたい!ライフオーガナイザー田中由美子さんを訪ねて

南部聡子written by

2016.11.07

森ノオトのある日の編集会議で、ふと整理、収納の話になりました。整った暮らしは無駄をなくし、エコにもつながるはずです。そのとき顔が浮かんだのが私のママ友であるライフオーガナイザーの田中由美子さん。「思考と空間の整理」のプロフェッショナルの由美子さんに、森ノオトリポーターの時間や空間の整理などに関する悩みを提げて、アドバイスをいただきにお宅を訪ねました。

つづきを読む

mixiチェック

暮らしを楽しむ

園舎からバスで3分、園舎から幼稚園バスに乗ってくる子どもたち。バスから降りると、狭い山道で危なくないよう、自然と一列に並び、お山へ続く階段を登っていく。その足取りは元気いっぱい、跳ねるようだ

実りの秋!寺家ふるさと村の「からんこ山」へ遊びに行こう!

南部聡子written by

2016.10.04

寺家ふるさと村に、いつも子どもの元気な声が響いている山があります。ナザレ幼稚園の「からんこ山」です。お山には今の季節、絵本で見るようなきのこが生え、どんぐりや色づいた落ち葉が一面に落ちています。ナザレ幼稚園の瀬野哲裕園長先生にお話をうかがいに、秋晴れのある日、子どもたちがいるお山を訪ねて来ました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

「黒酢チキン南蛮」と「鯖のゴマ竜田揚げ」。旬の地野菜が使われた小鉢に、手作りのお豆腐、お味噌汁がついていました。「お野菜がたくさん摂れて嬉しいね!」「お味噌汁が具沢山!」……運ばれてきたお料理にママたちの歓声があがる

カモジケエリアのヘソ、フラメシが「ウチルカ」にリニューアル!

南部聡子written by

2016.07.20

寺家ふるさと村にほど近い鴨志田町の真ん中に、ママたちが集い、しばしその羽を休め、美味しいご飯と楽しいおしゃべりでエネルギーをチャージするお店「フラメシ」が、この春「ウチルカ」に店名を変えてリニューアル。優しい味の和食が食べられるお店になった理由を、店長の藤好つむぎさんに伺ってきました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

お店の前で 恵里さん

雑貨と人、人と人が出会う場所「Zakka Benny Brush」

南部聡子written by

2016.06.04

雑貨好きな女子にはたまらない! 乙女心をくすぐる「ザ・雑貨屋さん」を青葉台で発見しました。淡い綺麗な紫色の壁に囲まれた空間、柔らかな雰囲気を醸し出す灯が優しく輝きます。アンティークの家具の上に魅力的な雑貨が並び、どこからともなく香る優しい香り、そしてお店の奥から顔を出してくれた店長さんの可愛らしいこと!「Zakka Benny Brush」を取材してきました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

姉の総子さん(右)と妹の嘉子さん(左)。お仕事は旧姓の「木曽」で。いつもハ?ッと明るく咲くような笑顔が印象的なお二人。「作品はそれぞれ、その人らしく自由なスタイルで使ってくれたら嬉しい」と大きな目を輝かせながら話してくれました

双子ママは革職人!「undöse(ウントエーゼ)」の工房へ

南部聡子written by

2016.05.05

【リポーター養成講座受講生修了レポート:南部聡子】双子の革職人さん「undöse(ウントエーゼ)」。使う人にすっと寄り添って、馴染んでくれるのがundöseの作品です。ちょっとワイルドなのに優しい雰囲気、クールなのに温もりも感じる不思議な魅力の理由、そしてママでありながら、職人としても休むことなく、作品を作り続けているお二人の情熱に迫るべく、窓から寺家ふるさと村が見える工房を訪ねました。

つづきを読む

mixiチェック