この人に会いたい!

寺家町を歩きながら、静かにお話しする白井さんの言葉を聞いていると、見ているようで見えていなかった自分に気がつく。そこには自然があり、その自然を感じる自分がいて、生命を感じる。それは、まるで心の目が開かれていくようなひとときでした

七十二候を感じながら2017年を過ごしてみませんか? 詩人・白井明大さんインタビュー。

おくむらさちこwritten by

2017.01.05

2012年の発売以来、長く親しまれている『日本の七十二候を楽しむ―旧暦のある暮らし―』の著者であり、詩人の白井明大さんは、小学生の時から横浜市緑区東本郷町(鴨居)で過ごしました。同世代の人がそうであったように、住宅地で、秘密基地を作ったり、公園で野球をして過ごしていたそう。そんな、同時代を同じ地域で過ごした白井さんに、詩人としてのルーツと責務、そして私たちにもできる季節の感じ方や暮らしへの取り入れ方を伺いました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

ゴリゴリゴリ。慎重に、慎重に。しっかり押さえているからね。友達同士で協力しあう姿も

【こども×遊び×地域】6/11-12、17-18僕らのふるさと、港北ニュータウン発「こどもみらいフェス」で、一緒に遊ぼう!

おくむらさちこwritten by

2016.05.16

「こどもみらいフェス」が6/11(土)・12(日)、17(金)・18(土)の2週にわたり開催します。「遊び」を軸に、子育ての不安が軽くなるようなアドバイスや環境づくり、子ども自身が育つ力に大人が気付くきっかけづくり、親同士がつながる第一歩に! という想いとともに、3年目を迎えた「こどもみらいフェス」。プレイパークや、ワークショップ、コンサート等、今年も家族みんなで楽しめるイベントが盛りだくさんです。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

ショコラdeパンダ。食べちゃうのがもったいないほどカワイイ!大人にも子どもにも大人気のパンダちゃん

一粒のチョコレートから広がるストーリー。夢を紡ぐチョコレート工房、ショコラボ。

おくむらさちこwritten by

2015.12.17

都筑区のチョコレート工房・ショコラボ。今年で3年目のショコラボでは、この夏、初めてファンの集いが開催されました。明るくオープンに地域とつながりながら、夢を紡ぐショコラボのチョコレートは、心にポッと温かい灯りをともしてくれるような、甘くて豊かな味わいです。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

恒例の竹タワー。我こそはと登る子ども達(写真:藤吉光恵)

遊びの原風景、センター北に現る。今年も来ました、こどもみらいフェス!

おくむらさちこwritten by

2015.07.17

今年も大好評だった「こどもみらいフェス」! 1st weekの6月13-14日は、センター北の駅前広場で、2nd weekの20日は都筑公会堂という、2週にわたる3日間の開催でしたが、天候にも恵まれ、来場者はなんと3万人! たくさんの家族が遊びを、そして子育てを楽しんだ様子をお届けします!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

昨年のプレイパークでの様子。太い竹を切るのに大人も必死です!

今年も開催!こどもみらいフェス 6/13(土)・14(日)・20(土)

おくむらさちこwritten by

2015.06.05

昨年、センター北の駅前広場に突如現れた、流木のオブジェや、竹のタワー、カラフルなティピ。そこで思い思いに遊ぶ子ども達と、そんな子ども達を見守る親たちの姿を覚えていますか? 今年も6月の3日間にわたり、大人も子どももワクワクする「こどもみらいフェス」が開催されますよ!

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

モロッコチャバタ。レモンの爽やかな香りとほんのり塩気がおいしく、オリーブ好きの私は一口食べて大ファンに!

毎週土曜日のお楽しみ! 隠れ家的ほっこりパン屋「HARAPEKOPAN」

おくむらさちこwritten by

2015.04.28

【森ノオトリポーター養成講座修了レポート(8) おくむらさちこ】国道246号線から梶が谷駅に続く通りを入り、さらに1本奥に入った住宅街に「HARAPEKOPAN(はらぺこぱん)」はあります。こんなところにお店があるの? と、細い道を進みながら辿り着いた先には、色とりどりのお花の咲く花壇と白いテラス。お店に近づくにつれほんわりと甘いパンの香りが漂っています。週に一度、土曜日だけのお楽しみ、HARAPEKOPANを訪ねました。

つづきを読む

mixiチェック