地元Love探検隊

こちらが今回ご紹介する草木染の5本指くつ下。「和」を思わせる上品な色は何で染めているのでしょうか……

冬は足元から…… La Manoの草木染め5本指くつ下

おおかわらあさこwritten by

2016.12.05

枯れ葉がはらりら……落ち葉はざくざく……お散歩をしていると、木々のさまざまな表情や移りかわりを感じます。さあ、わたしたちも冬支度。冬至を迎える前に身体をあたためるアイテムを見直してみませんか。町田・La Manoの工房から「シルクの草木染め5本指くつ下」をお届けします。

つづきを読む

mixiチェック

暮らしを楽しむ

キンモクセイは花びらだけでなく、濃い葉色や葉脈も美しい

甘く優しいキンモクセイの香りをシロップに……

おおかわらあさこwritten by

2016.10.11

「あっ……キンモクセイの香り……」。季節はめぐり、少しずつ秋の深まりを感じていた時、今年もふわっと甘い香りにハッとさせられました。小さな橙色の花の集合体、そしてどこか懐かしい香りを放つキンモクセイ。この心安らぐ香りをとじこめたくて、キンモクセイのフラワーシロップをつくってみました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

白を基調とした明るいミシン部屋。古道具屋さんでみつけた照明に惹かれる

夏にさらりとリネンを羽織る・SPLUSのシャツワンピース

おおかわらあさこwritten by

2016.06.21

まぶしい光の中、木陰がとても心地よい季節となりました。みなさんは紫外線やエアコン対策にどのようなワードローブをお持ちですか? 羽織りものもその一つですよね。ゆったりシンプルを基本とし、少しだけかわいいかたち。そんな定番服を制作し、一人ひとりに添う服に仕立てるSPLUSのちいさなミシン部屋から、夏の羽織りもの・シャツワンピースをお届けします。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

緑を背景にブルーのワンピースがお似合いの慶子さん、63歳。こんな風に美しく年を重ねていきたいと思う憧れの女性

葉っぱ模様のテレイドスコープ 万華鏡作家・小野寺慶子さんのアトリエを訪ねて

おおかわらあさこwritten by

2016.05.18

さわやかな風とやわらかい光、緑が織りなすグラデーションが美しい季節に、川崎市麻生区王禅寺にある小野寺慶子さんのご自宅兼アトリエを訪ねました。 お庭で慶子さんが大切に育てた植物の中から好きな形の葉っぱを摘んだり、それをモチーフにしたテレイドスコープのつくり方を教わりました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

はあ……なんてなんて美しいひな人形なのでしょう……。やわらかな光がツヤとグラデーションを生み出し、ランダムな釉薬によりガラスの中の金箔を上品にうつしだしている。「ガラスのひな人形」は場所や時間によりどんな色にも染まり、様々な表情をみせてくれる魅力がある。参考までに、このひな人形の大きさは……お内裏さま(11×5.5cm)お雛さま(9×5cm)。一点ものため、他のひな人形と誤差あり

障子ごしのようなやわらかな光をまとう ガラス造形作家・藤井友梨香さんのひな人形

おおかわらあさこwritten by

2016.02.04

ひな人形を愛娘に、お孫さんに初節句のお祝いとして、または小さな頃、母と一緒に飾ったり、丁寧にしまったり、姉や妹のその姿をみていたり……。ちらし寿司やはまぐりのお吸い物、菱餅、ひなあられをいただくのも美味しく楽しいひと時ですよね。ひな人形は大きさや素材も豊かで、少しずつ集めて楽しんでいる方もいるのではないでしょうか。今回は川崎市多摩区在住のガラス造形作家・藤井友梨香さんの「ガラスのひな人形」をご紹介します。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

陽当たりの良い母屋の縁側で。マリーゴールドは大きく分けて2種類ある。オレンジと白がアフリカン種。黄色はフレンチ種。並べるとかわいいな

お花で染めた糸で織る、ふんわりこどもマフラー……町田市金井・クラフト工房 La Mano

おおかわらあさこwritten by

2015.12.01

木々はもう冬支度。落ち葉が美しい季節ですね。みなさんもお出かけ前には温かな冬のワードローブ、巻物や手袋を合わせる日々を送っているのではないでしょうか。今回はその中でも首元をあたためるマフラー、しかもマリーゴールドで染めた糸で織る、こどもマフラーができるまでの工程をご紹介します。「手」しごとの温もりも届きますように……。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

雨の当たらない、風通しのよい軒下に渋柿同士が当たらないように干す。細長いのが「つるのこ」、釣鐘形が「百目」

町田市小野路の農家・大澤克好さんに学ぶ「干し柿づくり」

おおかわらあさこwritten by

2015.11.10

軒先に干し柿が吊るされている風景……とても素敵ですよね。わたしの心の片隅に原風景として残っています。そんなわたしが今年、初めて干し柿づくりに挑戦しました。その楽しさ、美味しさにはまって、友人たちにもすすめるほど。干し柿についてもっと知りたいと思い、生産者である町田市小野路の農家・大澤克好さんを訪ねました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

油の色と味の決め手。太陽の恵みをたっぷりうけ、梅雨の晴れ間に天日干しされた菜種。菜の花を散りばめて……

昔ながらの製法で学ぶ、七国山の菜種油

おおかわらあさこwritten by

2015.06.15

うららかな春の日、町田市七国山周辺をお散歩していると……菜の花畑に通じる坂道にある「ふるさと農具館」で、七国山で収穫された菜種のみを使い、月に一回油しぼりをするという看板を見つけました。こんなに近くで菜種油がつくられていたことに驚き、嬉しく、お料理やお菓子づくりに愛用している菜種油ができあがるまでの工程をぜひ見てみたいと思い、伺ってきました。(写真・文/おおかわらあさこ)

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

オーナーの柳弘之さんと麻美子さんご夫婦。お客さまから評判が良いという、端材から生まれた一輪挿しと共に……

愛着のわく家具と暮らしの店「Fremont」(フリーモント)

おおかわらあさこwritten by

2015.04.17

【森ノオトリポーター養成講座修了レポート(2) おおかわらあさこ】木々や植物、お散歩が大好きなわたしにとって、大きな川や畑、豊かな里山が残る町田市野津田町は大切な場所です。この里山を背景に小鳥がさえずるのどかな風景の一角に、アンティークブルーの屋根をのせた古い平屋が佇んでいます。家具工房と器や雑貨を扱うお店「Fremont」をご紹介します。

つづきを読む

mixiチェック