新着エコニュース

木のあたたかさに包まれた保育園での集まりは子どもの大はしゃぎの声もあたりまえのBGM。今年は会員の山崎誠さんが展開してくれた『つみき広場』でこどもだけでなく大人も大盛り上がりでした

<2017年度>会員募集・「森のなかま」になりませんか?

島原愛子written by

2017.02.18

2016年、「森のなかま」にくばられた“森ノオトモダチクーポン”をきっかけに、ちょっと足をのばして行ってみた美味しいお惣菜屋さんでの買い物や、カフェでの食事、そしてプラスαで“お店の方との会話”を楽しみました。子連れでイベントに参加するうちに子どもはお友達をつくり、わたしも一緒に子どもを見守ってくれる地域の大人との交流がたくさんできました。森ノオトのなかまになると暮らしが楽しくなるよ、と声を大にしてお伝えします!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

2つの企画を受け、今後の若葉台団地がどんな発信をしていくのか楽しみ

ローカルジャーナリズム講座・レポート第三弾♪ 私のメディアを立ち上げよう!

島原愛子written by

2016.01.06

地域をつむぐローカルジャーナリズム講座の第5回目は、横浜のソーシャルビジネスの母とも呼ばれるマスマス関内フューチャーセンターの治田友香さんによる「メディアの資金調達手法」。第6回はフリーランスの女性向けメディア『リズムーン』編集長の小野梨奈さんによる「メディアを運用していくには?」です。実践をイメージしながら耳を傾ける皆さんの目は真剣!!その様子をレポートします。 <写真/堀篭宏幸(マスマス関内フューチャーセンター)

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

2016年度も開催する「リポーター養成講座」。常に新しいメンバーが入ることで、森ノオトの幅も広がってきている

<2016年度>会員募集!森ノオトのなかまになると生活が楽しくなる?!

島原愛子written by

2016.01.04

私が森ノオトに関わるようになって、暮らしの変化がたくさんありました。「美味しい」をうむ手仕事「梅シロップ」「味噌」作りへのチャレンジ、エコで美味しくて時短の「蒸篭」導入、お得で手軽なマイボトルの持ち歩き。地元の野菜を食べることが増え馴染みのお店ができたこと……。それは、地元や生活を楽しむ知恵を共有してくれる仲間がいたからこそ、なんです。あなたも森ノオトのなかまになる扉、ひらいてみませんか?

つづきを読む

mixiチェック

この人に会いたい!

奈良生まれ横浜育ちの田中美咲さんは、大学時代を除き森ノオトエリアで暮らしてきた26歳

防災があたりまえの世の中をつくる!防災ガール・田中美咲さん

島原愛子written by

2015.04.24

【森ノオトリポーター養成講座修了レポート(7) 島原愛子】子どもの遊び・育ちに関するとあるイベントで知り合い、もっと活動を知りたいと声をおかけして会うのは3回目。「久しぶりに会えて嬉しいです!」と元気よく声をかけてくれた田中美咲さんは、一般社団法人「防災ガール」の設立者であり代表を務めています。森ノオト読者にお伝えしたい、お母さん世代へおすすめの防災アイテム、子どもができる“防災”について、お聞きしてきました!

つづきを読む

mixiチェック