木村広夫の農に学ぶ、農に想う

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

kimurasora

日本人と稲作文化

木村広夫written by

2010.06.25

つづきを読む

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

mixiチェック

eco+locoエッセイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

虫が食うから、無農薬の野菜は安心?

木村広夫written by

2010.02.05

以前、私の作った野菜を見て「虫の食っている野菜は、無農薬だから安心だ」と言う消費者がいた。内心私は「違うんだけどなぁ…」と思っていた。自然農法の野菜は、虫も食わないのだ。

つづきを読む

mixiチェック

eco+locoエッセイ

100106kimura1

寺家ふるさと村の仲間になれた!

木村広夫written by

2010.01.06

1995年秋、寺家ふるさと村にやってきたわたしは、休耕田にあった札を頼りに、地主の「田中進さん」を探す。名前しかわからなかったので、とりあえず、地元の「つどい」の場所に顔を出す(その「つどい」の場所は、現「シュルツカフェ」。15年前当時は、農作業の疲れを癒す、地元のおじさんたちで賑わっていた)。

つづきを読む

mixiチェック

eco+locoエッセイ

EPSON scanner image

自然農法と出会い寺家ふるさと村へ

木村広夫written by

2009.12.11

1985年、本格的に版画の技術(リトグラフ・シルクスクリーン)を習得するために上京した。大井町の版画工房に通う。グラフィックデザイナー業の傍ら版画制作を続けていたその時、当時2歳の長男が「川崎病」を発病した。川崎病は急な発熱や発疹を伴う病気で、主に乳幼児が罹患する。当然私は、激しい絶望感を味わうことになる。

つづきを読む

mixiチェック

eco+locoエッセイ

kimura091120_3-thumb-400x320-84

少年の瞳に映る、世界の不思議と広がり

木村広夫written by

2009.11.20

子どものころ、カタツムリを部屋の中でじっと見ていた。あんなに動きが遅いのに、いつの間にかどこかへ行ってしまう。もしかしたら目を離しているすきに魔法を使って瞬間移動しているのかもしれない、と、本気で思った。あぐらをかき、腕組みをし、気合を入れて「今日こそ消える瞬間を見てやる!」と、畳を這うカタツムリとの根くらべがはじまった。しかし、気がつけばカタツムリの姿はどこにもなかった。

つづきを読む

mixiチェック