街を緑に!都市に森を!植木屋の若夫婦が行く!

地元Love探検隊

Q-GARDENの小島理恵さん。造園業界では珍しい女性の社長さん! 軽快かつ面白くて分かりやすい語り口が印象的。専門学校や市民参加型のワークショップ講師など幅広く活躍している

「すべての庭をオーガニックに!」Q-GARDEN小島理恵さん

持田三貴子written by

2016.11.08

私たちが普段口にする食べもので、化学肥料や農薬を使用せずに作られた野菜など「オーガニックな食べもの」を選ぶ機会はここ数年、徐々に増えてきているように感じます。しかしながら、一番身近な緑の空間であるお庭でも「オーガニック」という選択肢があるということをみなさんご存知でしょうか? すべての庭をオーガニックに!」というキャッチフレーズを掲げている造園会社Q-GARDENの代表・小島理恵さんにお話しを伺ってきました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

ヤマボウシの花に見える総苞。中央の丸い部分を比叡山延暦寺の僧兵(武装した僧侶たち)の頭に、白い花びらに見える部分を頭巾に見立てたことから「山法師(やまぼうし)」という名前がついたと言われている(無料写真素材「花ざかりの森」より)

その実の味わいはまるでマンゴー?! ヤマボウシ

持田三貴子written by

2014.09.08

こんにちは! 9月に入り、猛暑もひと段落して、秋の気配を肌で感じられるようになりましたね。この時期、夏の猛暑にじっと耐えていた樹木たちも人間同様ホッと一息(?)して、枝を少し伸ばします。そんな今時分、公園などで見つけられるのが、ヤマボウシの実! 赤く熟した実は甘く、食べることができます。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

上段はサクラ(左)とケヤキ(右)の葉。下段は左からサンゴジュ、ヒトツバタゴ(別名ナンジャモンジャ)、ヤマボウシ、ハクウンボクの葉。私たちに馴染み深い樹木であるサクラやケヤキの葉に比べ、表面にツヤのあるもの、葉の柄が長いもの、葉脈が特徴的なもの、ひときわ丸くて大きい形のものなど、個性は様々

夏は緑! 個性あふれる葉っぱを楽しんでみよう♪

持田三貴子written by

2014.07.22

7月も後半に入り夏真っ盛り! 街路樹や公園の樹木を見渡すと、ツツジやアジサイ等の花もすっかり終わって、緑一色。それならば! この時季は緑一色を目いっぱい楽しんでみよう!!ということで、今回は知っているようで知らない、色んな特徴のある葉っぱを紹介してみたいと思います。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

ヤエザクラとしてよく見かける栽培品種のカンザン。赤みを帯びた葉っぱと濃いピンク色の花が特徴。他によく見かける品種として、花の色が淡いピンク色のフゲンソウという種類がある

花が散っても楽しめる?!サクラにまつわるお話

持田三貴子written by

2014.04.25

4月に入り、春の暖かな陽気にサクラが満開を迎えたと思ったら、またたく間に葉桜になってしまいましたね。みなさんはお花見を楽しめたでしょうか? 「あーあ、お花見のタイミングを逃してしまったよー」と嘆くあなたに朗報です!!実は、今ちょうど花が見頃を迎えているサクラもあります。 春といえば、日本人誰しもがイメージするサクラですが、今回は知っているようで知らないサクラのお話を紹介したいと思います♪

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

同じ樹種の違う個体の木の根が癒合しているところ、完全にくっついている

根っこの話。…土の中はどうなっているの?

持田智彦written by

2014.02.26

梅などの花が咲いて春の訪れを感じたと思ったら、大雪が降ったりして、まだまだ毎日寒い日が続きますね。さて今回は地面の中にある根っこがどのような役割をしているか見ていきたいと思います。 普段見ることのできない世界には不思議がたくさんありますよ!

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

私の自宅前を流れる黒須田川のすぐ脇の建物の陰に苔が大繁殖しているのを発見! 適度な日当たりと湿度の高い場所だと想像される

冬枯れしない植物!苔(コケ)を観察してみよう♪

持田三貴子written by

2014.01.10

あけましておめでとうございます。今年もモチダノソノのコラムにお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします! さて、1月に入り一年で最も寒いこの時期、街路樹はすっかり葉を落としてしまってお休みモード。しかしそんなこの時期は、ぜひ足元を見てみてください!霜にも負けず、冬枯れもせずに頑張って生えている植物がいます。それは苔(コケ)! 街中のどこでも見かけ、当たり前のように生えている苔だけれど、少し立ち止まって観察してみると、実は色んな発見があって面白いのですよー♪

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

街の中の木でも一見元気に見えるけど、中は空洞になっている木が見られます

木はどこで生きているの?

持田智彦written by

2013.11.21

いつの間にやら、冬の気配が色濃く感じられる季節になりました。街の木々もそろそろ葉を落としお休みモードに入りそうですね。さて今回は、木はどこで生きているか? について。どこで? という問い自体が不思議ですが、木の長生きな秘密を探ってみましょう。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

扇形のイチョウの葉っぱ。東京都のマークがイチョウの形なのは有名ですが、神奈川県の木や横浜市の木として定められているのもイチョウなのです!

もうすぐ黄葉!「生きた化石」といわれる植物イチョウの木

持田三貴子written by

2013.10.29

田んぼの稲刈りも終わり、朝晩の気温も下がり、日に日に秋が深まるのを感じる季節になってきました。この季節、街を歩いているとひときわ独特な匂いを放つ実が落ちていますよね! それは、イチョウになる銀杏(ぎんなん)♪ 調理をするととっても美味しい銀杏ですが、全てのイチョウになるわけではないのです。今回は独特の個性を持つ樹木、イチョウについてご紹介します!

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

サルスベリの花は枝先に咲くのが特徴的で、花咲く様子はまるで夏の風物詩である花火のよう

夏に開花の樹木、猿も木から滑る?!サルスベリの木

持田三貴子written by

2013.08.31

今年の夏は30℃越えの暑い日が続きましたね。そんな猛暑の日々で人間たちが夏バテ気味の真夏に開花を迎え、街の中を彩ってくれる樹木があります……それは、サルスベリの木! 今回は、ちょうど今、花が見頃を迎えているサルスベリの特徴について、ご紹介したいと思います。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

厳しい日差しのなかで、木陰に入ると心理的にも安心感があります

木陰は何で涼しいの? 植物も暑いなかで頑張っています

持田智彦written by

2013.07.16

夏本番を迎え、厳しい暑さがやってきました。そんな暑さのなか、木陰でひと休みをすると、すっと涼しさを感じますよね。 ただの日陰では感じられない木陰の心地よさ、そこにも植物の不思議があるのです。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

「がく」の中心に見える小さな点のような部分が、実は花。よーく見ると、花はまだ閉じていて、咲いていない

梅雨の風物詩、そうだ! アジサイを見に行こう!!

持田三貴子written by

2013.06.17

こんにちは! 植木屋の嫁の持田三貴子です。さて、今年も梅雨の時期がやってきました。梅雨の風物詩と言えば、やっぱりアジサイ♪ 雨の中で咲く様子はとても綺麗ですよね。今回は、「これを読んだら絶対に近所のアジサイを探しに行きたくなっちゃう?!」……そんな、みんなが知っているようで知らない、アジサイのおはなしです。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

新芽は赤くなっている種類も多い

葉っぱはなんで緑なの?新緑の葉っぱは本当は赤色?!

持田智彦written by

2013.05.15

皆さん、はじめまして!青葉区在住の植木屋で樹木医をやっています、持田智彦です。私たちの暮らしの周りにたくさんある緑を、より身近に感じてもらうため、今まで不思議に思っていたり、疑問にも思ってなかったような植物たちの魅力を紹介していきたいと思います。よろしくお願いします!!

つづきを読む

mixiチェック