森の伝言板

新着エコニュース

B5ちらし2015表_修正

被ばくから子どもを守る、母たちのドキュメンタリー。2月5日『小さき声のカノン』上映会

宇都宮南海子written by

2017.01.26

東電福島第一原発の事故から今年で6年。福島とチェルノブイリ。二つの原発事故を経験した地域で、放射能に向き合いながら生きる母親たちを追ったドキュメンタリー映画『小さき声のカノン ー選択する人々』が、2月5日(日)にアートフォーラムあざみ野で上映されます。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

eye

超高齢化社会の団地ライフ、悲喜こもごも! 1月25日『桜の樹の下』上映会

青木 真紀written by

2017.01.11

映画『桜の樹の下』の舞台は、川崎市宮前区野川の市営団地。高度経済成長期には、若い世代で賑わった市営団地は、今は単身高齢者の受け皿となっています。日常という名の人生劇場(終盤編)を赤裸々に綴った本作品。淡々と暮らす人の姿が、観る人に「これでもか!」と現実を突きつけます。1月25日(水)にあざみ野で上映会が開催されます。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

festa1

うぶごえがつなぐ「カンガルーフェスタ」1/21(土)開催

松山ちかこwritten by

2016.12.29

横浜市青葉区近郊にはいくつかの助産院がありますが、その中のひとつ、鴨志田町にある助産院バースあおばで我が家の二人の子どもたちがお世話になりました。バースあおばでは、妊婦さんの体づくり指導にとても熱心です。そんな助産師さんたちとともに妊婦さんから産後の赤ちゃんとお母さんたちのケアをサポートしている「カンガルーの会」という団体が主催するイベントのお知らせです。(写真:松山ちかこ)

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

ワークショップの後半では、自分の気持ちを「4コママンガ」に表現する。なかなか大変な作業だが、頭の体操や思考の整理にぴったり!

横浜の子育てをつくるのは私たち! 1/15(日)フォーラム「みんなで話そう!横浜での子育て 〜泣いて笑って子育ての本音〜」

北原 まどかwritten by

2016.12.11

今年、横浜市の各地で子育て当事者が語り合う「みんなで話そう!横浜での子育て ワイワイ会議」が開催されています。2017年1月15日(日)には、横浜のみんなで「横浜での子育て」について考え、語り合うフォーラムを横浜市開港記念会館で開催します。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

犬蔵谷を守るために公園がつくられた。今日もこんこんと水が湧き、いきものの住処や、人々の憩いの場所になっている

11/6(日)3丁目カフェで岸由二先生のランチ&セミナー「子育ては足もとの自然からはじめよう」

梅原 昭子written by

2016.10.06

11月6日の日曜日、宮前区にある美しの森公園の開園10周年の特別企画として、子どもと自然の関わり方について学ぶイベント行われます。たまプラーザの3丁目カフェにて、NPO法人鶴見川流域ネットワーキングの代表で、慶応大学名誉教授の岸由二先生のお話を、直接聞けるチャンスですよー!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

子どもの健やかな笑顔と、保育士のイキイキとした働く環境をつくる、もあなの事務局スタッフの務めは大きいです!

【PR:もあな通信】NPOで働くということ。保育者も、事務局も、子どもも、素敵な未来に向かって一緒に走る!

北原 まどかwritten by

2016.10.03

子どもが、子どもらしくいられる健やかな環境づくり。NPO法人もあなキッズ自然楽校の事業は、毎日の保育園運営に加え、「森のようちえん」や子どもの未来を創る人を育成しネットワークしていく、新しい領域に広がりを見せています。日々の子どもの育ちを支え、新領域をつくり伸ばしていく、NPOの土台とも言える事務局を徹底リポートします。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

青葉区の自然を発見し、楽しむ「あおば川ガール森ガール」の講座。この次のステップが「あおば自然体験体」だ(写真:ながたに睦子)

9月開講!ガチで青葉の自然に関わりたい人向け「あおば自然体験隊」

北原 まどかwritten by

2016.07.15

「あおば川ガール森ガール」旋風を巻き起こした青葉区区民企画運営講座が、今度は本気で自然に関わる人を育てたいと「あおば自然体験隊」を企画しました。企画メンバーの加茂千津子さん、種田今日子さん、佐藤慎治さんに熱い思いを聞きました!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

ondan04

【PR】7/16(土)開催!中学生と考えよう、50年後の地球環境 「CO2と私たちの生活 〜 何が問題なのだろう 〜」

北原 まどかwritten by

2016.06.30

このまま温暖化が進むと横浜は、日本は、地球はどうなるの? 子どもたちの未来は? 2050年の未来を現役で生きる今の中学生と一緒に、「地球温暖化とCO2のリアル」を遊びながら学んでみませんか?

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

少人数制なので、一人ひとりの体調に合わせてその日のプログラムを調整してくれるのがうれしい

毎週水曜日、3レッスン!新楽津矢子さんのYOGA in 森ノオウチ、スタートしました!

北原 まどかwritten by

2016.06.27

カラダをのばして深く呼吸し、自分の心身を自分で整えることができるのが魅力のヨガ。この6月から本格的にスタートした「YOGA in 森ノオウチ」のインストラクター・新楽津矢子さんに「ヨガのあるライフスタイル」について話をうかがいました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

minna06

6/17(金)『みんなの学校』上映会@都筑公会堂 〜 すべての子どもに居場所のある学校を

ながたに睦子written by

2016.06.02

大阪府住吉区にある公立小学校「大空小学校」は、特別支援教育の対象となる発達障がいがある子どもも同じ教室で学び、先生、地域の大人、保護者たち、みんなで子どもの育ちを見守ります。映画『みんなの学校』はそんな大空小の一年間を追ったドキュメンタリーです。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

ゴリゴリゴリ。慎重に、慎重に。しっかり押さえているからね。友達同士で協力しあう姿も

【こども×遊び×地域】6/11-12、17-18僕らのふるさと、港北ニュータウン発「こどもみらいフェス」で、一緒に遊ぼう!

おくむらさちこwritten by

2016.05.16

「こどもみらいフェス」が6/11(土)・12(日)、17(金)・18(土)の2週にわたり開催します。「遊び」を軸に、子育ての不安が軽くなるようなアドバイスや環境づくり、子ども自身が育つ力に大人が気付くきっかけづくり、親同士がつながる第一歩に! という想いとともに、3年目を迎えた「こどもみらいフェス」。プレイパークや、ワークショップ、コンサート等、今年も家族みんなで楽しめるイベントが盛りだくさんです。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

この季節はやっぱり桜。寺家ふるさと村の緑と桜のコントラストが美しい

4/15まで!「私の大好きなDENTO」の写真を大募集!

北原 まどかwritten by

2016.04.05

桜色、萌黄色、若草色……と、季節の花々で美しく彩られる私たちの街・「DENTO」。東急田園都市線に暮らす人々が、大好きな街を切り取った写真を、地元メディア「イッツ・コミュニケーションズ株式会社」が募集しています。応募期間は4月15日(金)まで。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

藤が丘名物・「藤がウォッカ」。今年の栄冠はどの店に!?

3/13(日)藤が丘で息の長い復興マルシェ。「忘れないをカタチに 2016」in藤が丘 チャリティマルシェ&ステージ

北原 まどかwritten by

2016.03.08

東日本大震災から5年、今年の3月11日は、皆さん、どんな風に過ごしますか? 地元でつながり、支援を続けていこうと、今年で5回目となるイベント「忘れないをカタチに」が、今年も藤が丘駅前公園でおこなわれます。3月11日(金)のキャンドルナイト、3月13日(日)のチャリティマルシェ&ステージなど、盛りだくさんです。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

井上さんが一時帰宅の皆さんに同行した折に撮影した、双葉町の駅前の通り。崩れた家がそのまま残っている(写真提供:井上仁さん)

3.11 福島とともに生きるための復興支援チャリティーコンサート

北原 まどかwritten by

2016.02.27

東日本大震災・福島原発事故からまもなく5年。復興は進んだのでしょうか? 福島では、原発からの距離で復興の度合いが大きく異なり、故郷に帰りたいが戻れない、そんな方々も数多くいます。震災以降、福島支援をおこなってきた井上仁さんが企画した「フクシマ復興支援チャリティーコンサート」をご案内します。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

gaia

復活!あざみ野ガイア 2/12-13「ガイアシンフォニー第三番&第八番上映会」

北原 まどかwritten by

2016.02.09

宇宙と呼応する美しい地球、それをつなぐ人を通じて語るドキュメンタリー映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」の最新作・第八番が、今週金曜・土曜にアートフォーラムあざみ野で上映されます。地域にブームを巻き起こした「あざみ野ガイア」が5年の時を経て復活します!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

moana00

【求人情報】子どもの未来、大人の自由と自律。もあなキッズ自然楽校が目指す「これからの保育」

北原 まどかwritten by

2015.12.11

地域ではたらき、子どもの未来を一緒につくる。無垢の木、自然素材に囲まれたさわやかな園舎での「木育(もくいく)」、安心・安全でやさしい味わいの給食での「食育」、港北ニュータウンの自然を満喫する野外遊び「森のようちえん」のコンセプトで全国的にも有名なNPO法人もあなキッズ自然楽校では、保育士・給食スタッフ、事務スタッフを募集しています!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

講義の途中、一旦外に出て丸谷さんの解説を聞きながら、旧長沢家住宅の外をぐるりと一周

古民家に学んだ、自然の恵みを生かす暮らしの知恵

持田三貴子written by

2015.11.17

10月9日、秋晴れで気持ち良い空の下、都筑民家園で森ノオトが開催した「第2回エコDIY研究会」。「古民家から学ぶエコハウスの知恵」とは一体どんなものなのでしょう? いつかは家族みんなで気持ち良く暮らせるマイホームを持つことを夢見るリポーター持田は、丸谷博男先生のお話を、興味津々で聞いてきました!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

昨年のホットケーキ屋さんでは子どもたちがかわいい店員さんに扮し、実際に調理・販売をした(写真提供:NPO法人もあなキッズ自然楽校)

持続可能な社会づくり=子どもたちの教育!  11/21(土)「第2回もあなフェスティバル」開催@センター北

持田三貴子written by

2015.11.12

11月21日(土)、センター北で「第2回もあなフェスティバル」が開催されます! 当日は学童保育の子どもたちが主体的に企画したブースと、主催者のNPO法人もあなキッズ自然楽校の理念に賛同した、衣・食・住に関わる協力団体のブースが並び、ジャンベ演奏もあります♪ 次の時代を創る子どもたちのパワーと持続可能な社会づくりのため活動する団体の想いに、ぜひふれに来てください!

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

実行委員長の吉永麻衣子さんは、たまプラーザで子どもと一緒に参加できるパン教室「cooking studio minna」を主宰。企業へのレシピ提案やメディア登場など、赤ちゃんを抱えながらパワフルに働く

キラキラ輝くママたち集まれ! 11/26(木)あざみ野で開催、笑顔で働きたいママのためのフェスタin神奈川

北原 まどかwritten by

2015.11.02

毎年、おおぜいのママたちで賑わう「笑顔で働きたいママのためのフェスタin神奈川」が、11月26日(木)にアートフォーラムあざみ野で開催されます。癒し系、クラフト系、ママ向けプチ起業講座など、イベント目白押しです。森ノオト代表の北原もステージのパネルディスカッションに登壇します。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

ふくふくSTUDIOのチラシ。主催はThink the Earthで、協賛はPeople Treeとbaby lock

「手づくり服で、もっと大きな福をふくらまそう!」10/31(土)ふくふくSTUDIO 第2回ワークショップ開催@センター北

持田三貴子written by

2015.10.15

フェアトレードのオーガニックコットンを使って、木の香り漂う空間で、子どもの服を手づくりしてみませんか? ふくふくSTUDIOは、「モノを大切にするこころ」や「作り手を想う感性」を育んでいくことを目指し、フェアトレードの素材を使って自分たちの"服"を手づくりしながらこれからの"福"をみんなでつむいでいくというプロジェクト! 当日は子ども向けのワークショプも同時開催されます♪

つづきを読む

mixiチェック