企業・団体・行政の方へ

◎ 今までのコラボ事例  1. 2. 3. 4. 5.
◎ メニューの詳細や料金などに関するお問い合わせ
info★morinooto.jp <担当:島原>まで気軽にお問い合わせください。
(★マークを @ に変えて送信ください)

? 森ノオト 企画・特集スポンサー

森ノオト内に貴社専用の独自カテゴリを設けます。
地元密着、主婦・シニア・ファミリー層へリーチできる広報メディアとしてご活用ください

料金: 600,000円/1年間(税別)+バナー作成費用 10,000円(税別)
※分割(1年間継続)も可: 50,000円/月(税別)×12ヶ月 +バナー作成費用 10,000円(税別)

■森ノオトの記者が貴社の環境・社会貢献活動、関連テーマや、店舗情報を毎月取材し記事を掲載
(または、貴社ご担当者さまがレポート記事を提出→編集長による編集、校正プログラムを受けて掲載)
■森ノオトのメールマガジン(月2回配信)、森ノオトFacebookページ、Twitterで記事を紹介
■生活者と一緒につくるメディアをご活用いただくべく、編集会議へのご参加を歓迎
■省エネ講座や試食会など、メディアタイアップイベントの開催も可(別途お見積もり)
*【単発のご相談】イベント告知や商品・店舗紹介、求人広告記事などの記事広告=100,000円〜
(実施時期や内容によりお受けできない場合がございます)

? クリエイティブ・イベント企画運営・講演依頼

※全て個別お見積り

<紙媒体・Web制作>
女性や子ども、生活者に届くやわらかくやさしい言葉と、可愛らしいデザイン、美しいイラストを配したチラシやポスター、パンフレット、冊子などの紙媒体制作・執筆及びWeb制作をお手伝いします。

<イベント企画運営>
有識者を招いての講演会、ワークショップ、映画上映会、親子向けのコンサート、マルシェなどのイベントを運営します。環境や食、暮らし、子育てなどの分野を得意とします。

<その他>
・森ノオト編集長北原まどかへの講演ご依頼
・フード(イベントケータリングコーディネート/コマデリとのコラボ)、料理教室の講師
・手仕事/商品企画など(森ノオトエリア在住の木工家・手芸家・デザイナー・作家さんとコラボし、
エコで暮らしに馴染むプロダクトデザイン、商品企画・提案をおこないます)

? イベント協賛・後援・プロジェクトパートナー募集

森ノオト企画の様々なイベント/プロジェクトを応援してください!
詳細は個別のご相談となります。ご協賛・後援頂いた企業さま、プロジェクトパートナーについては森ノオト(HP)やイベント時配布物にてご紹介致します。
(備品やワークショップに使用する資材ご提供、場のご提供なども大変助かります)
以下のプロジェクト以外のコラボレーションについても気軽にご相談ください。
森ノオト これまでの主催事業

○ エコDIYまちづくりプロジェクト

北原まどか森ノオト編集長(元建築雑誌の編集者)と森ノオトリポーター山川紋(設計事務所経営)・梅原昭子(たまプラーザぶんぶん電力社長)の3名をコアスタッフに展開。今よりもっと快適な暮らしを今住んでいる場所で化石燃料になるべく頼らずに実現することを目指し様々なコラボレーションを行います。

▼地域の職人と共に手を動かすワークショップ「エコDIYラボ」
▼著名な建築家をゲストに迎えエコ建築を学ぶ「エコDIY研究会」

○ 森ノエレキラボ

独立型ソーラーシステムの設計・自作ワーク、ペットボトルを使った風車づくりなどの自然エネルギー工作、外部講師を招いての燃料電池工作といった「自然エネルギーを身近にするワークショップ」、ソーラークッカーを使い太陽の熱だけで調理する「おひさまレシピ」の開発、エコストーブづくりワークショップやエコストーブで朝ごはんの会などの活動のほか、家庭の主婦向けの省エネ講座、省エネ相談などを展開。エンジニアとのコラボでスタイリッシュかつ薄型軽量のソーラーシステムを開発中です。防災やコミュニティづくりに役立つ自然エネルギーネットワークづくりを目指しています。

▼オリジナルソーラーシステムの開発
▼マンツーマン省エネ講座の開催
▼小中学生向け・親子向けの自然エネルギー工作

○ ecolocoクッキング

青葉区役所との協働でおこなう「3R夢なクッキング講座」のほか、オリジナルの「恵方巻き講座」を開催。2016年4月より毎月、旬と地産地消を意識したエコクッキング講座を定期開催予定。雑誌やカタログなどでのフードコーディネート、スタイリングや、地域特性に合ったオリジナルレシピの開発なども承ります。コマデリとコラボしたケータリングなども対応いたします。

▼地産地消×省エネレシピの開発
▼様々な切り口のエコクッキング講座
▼テーブルコーディネート、フードコーディネート

○ あおばを食べる収穫祭

森ノオトが年に1回、メディアでつちかってきたネットワークを元に開催する大規模イベント。リユース食器の使用とマイ食器持参の呼びかけで、2000人規模の来客があるにも関わらずごみ量は家庭用ごみ袋わずか1袋のみという実績があります。横浜北部、多摩丘陵南部の生産者への取材の積み重ねで生まれたネットワークを使い、マルシェイベントのコーディネートやリユース食器を導入したイベントの提案ができます。

▼ごみを出さないリユースマルシェの提案
▼自然エネルギーによる音楽
▼地産地消、オーガニックな生産者ネットワーク

◎ メニューの詳細や料金などに関するお問い合わせ
info★morinooto.jp <担当:島原>まで気軽にお問い合わせください。
(★マークを @ に変えて送信ください)

実績(2015年7月現在・一部抜粋・順不同)
横浜市温暖化対策統括本部様・横浜市環境創造局様・横浜市市民活動支援センター様・横浜市青葉区役所地域振興課様・東京急行電鉄様・次世代郊外まちづくり様(東急電鉄・横浜市)・オスモ&エーデル様・藤が丘商店会様・横浜市立美しが丘中学校様・横浜国立大学大学院都市イノベーション学府様・パルシステム神奈川ゆめコープ様・角川 Walker47様・男女共同参画センター横浜北様・横浜市資源リサイクル事業協同組合様・関内イノベーションイニシアティブ株式会社様・FMヨコハマKeep Green & Blue様・NPO法人もあなキッズ自然楽校様・一般社団法人スマートウィメンズ・コミュニティ様・ NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワーク様・認定NPO法人環境エネルギー政策研究所様・NPO法人Waveよこはま様・コマデリ様