地元Love探検隊

南部聡子written by

雑貨好きな女子にはたまらない! 乙女心をくすぐる「ザ・雑貨屋さん」を青葉台で発見しました。淡い綺麗な紫色の壁に囲まれた空間、柔らかな雰囲気を醸し出す灯が優しく輝きます。アンティークの家具の上に魅力的な雑貨が並び、どこからともなく香る優しい香り、そしてお店の奥から顔を出してくれた店長さんの可愛らしいこと!「Zakka Benny Brush」を取材してきました。

 

mixiチェック

雑貨と人、人と人が出会う場所「Zakka Benny Brush」

「ママ、これはね《ベニー ブラッシュ》っていう、人を幸せにしてくれる魔法の色水なんだよ」

「Zakka Benny Brush」オーナーの西岡恵里さんの5歳になる息子さんが、色水を作って遊んでいるときに、淡い紫色の色水の入ったケースを振りながら恵里さんに見せてくれたのが、《ベニー ブラッシュ》でした。お店をオープンさせるにあたり、ずっと悩んでいたお店の名前が恵里さんの中でふっと決まった瞬間でした。

 

お客さんとお話するのが大好きという店長の西岡恵里さん。スタッフの白井由美子さんは恵里さんの元同僚で、店舗探しから一緒に手伝ってくれたそう。2人で歩いて見つけたのがこの場所

お客さんとお話するのが大好きという店長の西岡恵里さん。スタッフの白井由美子さんは恵里さんの元同僚で、店舗探しから一緒に手伝ってくれたそう。2人で歩いて見つけたのがこの場所

 

「あれ? いつの間にここ、雑貨屋さんになったのだろう」。田園都市線青葉台駅から桜台方面へ伸びる環状4号線沿いにあるレストラン「味の民芸」のすぐそばに、ちょこんとある「Zakka Benny Brush」。この冬からずっと気になっていたお店でした。私は雑貨屋さん巡りが好きで、中央線や井の頭線、はたまた東横線沿線など、雑貨屋さんのメッカをよく巡り歩いていました。子連れではそこまで足を伸ばす機会もなくなり、久しく「雑貨屋さん」という空間に身を置くこともなくなっていました。

「ザ・雑貨屋さん」という構えのお店がこんな身近に出来たなんて! 「Zakka Benny Brush」の赤い可愛らしい扉は大きく開いていて、私は、吸い込まれるように入ってしまいました。

 

お店の壁の色は息子さんが「ベニー ブラッシュ」と名付けた色水からイメージしたそうです。息子さんとの時間をとても大事に思っている恵里さん。お店がお休みの日は、とことん息子さんとの時間を楽しむことで、お仕事と家庭の両立ができると話してくれました

お店の壁の色は息子さんが「ベニー ブラッシュ」と名付けた色水からイメージしたそうです。息子さんとの時間をとても大事に思っている恵里さん。お店がお休みの日は、とことん息子さんとの時間を楽しむことで、お仕事と家庭の両立ができると話してくれました

 

可愛らしくて、それでいてエレガントなイラストが特徴の「Reiko Aoki – new york -」のポーチやタオル、お財布に鞄が、「Zakka Benny Brush」の看板商品です。恵里さんは以前、この商品を扱うお店に勤めていて、置いてあるものの雰囲気がその空間を彩り、人の心を穏やかにしたり、働く人が心から商品を愛する気持ちを育むことを、肌で感じたそうです。「Reiko Aoki」を身近で多くの人に手にとってもらいたいねと、当時の同僚と夢を語っていたそうです。その仲間との夢も一緒に乗せて「Zakka Benny Brush」は昨年2015年12月7日にオープンしました。

 

「Reiko Aoki - new york -」のコンセプトは『笑顔・憧れ・元気・キュート』。ニューヨークを舞台にした、たくさんの女性を元気にしてくれそうなイラストが特徴

「Reiko Aoki – new york -」のコンセプトは『笑顔・憧れ・元気・キュート』。ニューヨークを舞台にした、たくさんの女性を元気にしてくれそうなイラストが特徴

 

「自分の力で! というより、周りの方々の温かい力添え、きっと大丈夫という言葉に背中を押され、お店が開いた! という感じなんです。私一人では夢のままだったと思います。でも心から力を貸してくれた元同僚や、今までつながりのあった方々からパワーをもらって、息子の応援もあって、私の大好きなものが詰まったお店をオープンさせることができました」と、恵里さん。

 

ママたち、乙女たちの必須アイテムでもある、みんなが大好きな「マステ」。種類も豊富! 壁に貼ってプチDIYできる大きなサイズもある

ママたち、乙女たちの必須アイテムでもある、みんなが大好きな「マステ」。種類も豊富! 壁に貼ってプチDIYできる大きなサイズもある

 

お店の商品ラインナップはびっくりするほど多彩です。「Reiko Aoki」のようなエレガントな大人の女性をイメージする商品もありつつ、子育て世代に嬉しい、作家さんたちによる手作りのスタイ、スモック、母子手帳ケースなど、ほっこりする雰囲気の商品も豊富に取り扱っています。柄の可愛らしいスタイなどを見ていると、「誰か近々赤ちゃん生まれるんだったかしら? 誰かにプレゼントしたい!」と手に取りながら思いを巡らしてしまいます。

 

ファイアーキングのミルクガラスのカップや、ドイツの木とガラスのアンティークカップのセットなど、少しずつ揃えていきたくなる食器たち。世界中から、青葉台にあるこのお店にやってきた、不思議な巡り合わせを感じる

ファイアーキングのミルクガラスのカップや、ドイツの木とガラスのアンティークカップのセットなど、少しずつ揃えていきたくなる食器たち。世界中から、青葉台にあるこのお店にやってきた、不思議な巡り合わせを感じる

 

本格的なアンティークの食器やオーナメントが並ぶ棚の前では、あれも欲しい、これも欲しいと、感嘆のため息が出てしまいました。お店の中もアロマのキャンドルが揺れ、良い香りに包まれていますが、香りにまつわる商品もたくさんあります。お店の奥に目をやれば、ポップな色があふれるアメリカのおもちゃがぎゅっと並んでいたり。あっちへウロウロ、こっちへウロウロせずにはいられません。なんというか、恵里さんの息子さんの言葉にあった「みんなを幸せにしてくれる魔法」がかけられているような空間です。

 

CDケースに筆箱、カード入れ、上履き入れやお箸入れ、そして子ども服まで! あふれるように並ぶお店で人気の手作り作品の数々。香川県にある「LENO」というお店の作家さんの作品が多いそう。少しずつ、地元田園都市エリアの作家さんのものも増えてきましたよ、とのこと

CDケースに筆箱、カード入れ、上履き入れやお箸入れ、そして子ども服まで! あふれるように並ぶお店で人気の手作り作品の数々。香川県にある「LENO」というお店の作家さんの作品が多いそう。少しずつ、地元田園都市エリアの作家さんのものも増えてきましたよ、とのこと

 

そしてこの空間を心地よいものにしているのは、たくさんの愛らしい商品、ときめく商品たちとともに、なんといっても店長の恵里さんの笑顔だと思います。取材でお店に居させてもらっている間、いろいろな年齢の方々が来店していました。お買いものをしながら、みなさん実にいろんな話をしていかれるのです。そしてみな自分が探していたもの、あるいは、ここでふと出会ったものを手にして、軽やかな表情で帰っていきます。

 

棚に並ぶ可愛い三角帽子のような作品は2個セットでお店の人気商品「鍋つかみ」。この棚にはポップなカラーのキッチングッズが並ぶ。「見て嬉しくなるような、自分の好きなものに囲まれていればそれだけで毎日の家事も気分が上がり、ちょっと幸せな気持ちで暮らせるから」という恵里さんの、主婦目線でのセレクトの数々 

棚に並ぶ可愛い三角帽子のような作品は2個セットでお店の人気商品「鍋つかみ」。この棚にはポップなカラーのキッチングッズが並ぶ。「見て嬉しくなるような、自分の好きなものに囲まれていればそれだけで毎日の家事も気分が上がり、ちょっと幸せな気持ちで暮らせるから」という恵里さんの、主婦目線でのセレクトの数々

 

あるお客様は初めて来店し、「出産を控えたお友達になにか贈りたいのだけど」とお話していました。印象的だったのは恵里さんと話しているとき、最初は少し緊張した雰囲気のお客さんの表情が生き生きと明るくなっていき、「贈りたいお友達はとっても元気な子だから」と、そのお友達に「ぴったり!」と思える明るい柄の商品に決めていました。贈り物の先にいる人のことを思いながら品物を選ぶ楽しさに、恵里さんはそっと寄り添っていました。

 

真ん中の棚にある作家さん手作りのウエットティッシュケース。「男の子のお子さんがいるママはなんとなく男の子っぽいカラーの商品を手にすることが多いけれど、もともとその方が好きだった可愛らしい雰囲気の柄や、女の子らしい柄のものもぜひ身の回りに置いてみてほしい」と恵里さん

真ん中の棚にある作家さん手作りのウエットティッシュケース。「男の子のお子さんがいるママはなんとなく男の子っぽいカラーの商品を手にすることが多いけれど、もともとその方が好きだった可愛らしい雰囲気の柄や、女の子らしい柄のものもぜひ身の回りに置いてみてほしい」と恵里さん

 

また、店頭にあった「生地の端切れの詰め合わせ」を選んだ年配の方は、「手を手術してね、でもまたなにか作れるようになって嬉しいのよ」と話しながら、ふと帰り際「私こういう雑貨を見るの大好きよ。楽しいわ」と目を少女のように輝かせていました。そんなお客さんの横顔を、恵里さんも嬉しそうに見つめていました。

 

お店をやっていて一番の喜びはなんですかと尋ねると「お客さんと話をして、楽しそうに帰ってくれること」といい、「あれ? これでいいのかな」と朗らかに笑ってしまう恵里さん

お店をやっていて一番の喜びはなんですかと尋ねると「お客さんと話をして、楽しそうに帰ってくれること」といい、「あれ? これでいいのかな」と朗らかに笑ってしまう恵里さん

 

恵里さん、「お店には自分が大好きなものしか置いていない」ということで、商品についてなんでもさらりと答えてくれます。例えば、レジの上にぶら下がっている大きな銀色の照明があります。「珍しいですね」と思わず言うと「それはもともとインドの客船についていた灯りで、船を解体するときイギリスに渡って、それを買い付けたのですよ」と何気なくそこにある一つの灯にも、想像を遥かに超えたドラマがあったことを教えてくれます。

 

お店の奥にあるテーブルは、ワークショップスペースとしても活躍中。先日はここで、アクセサリー作りのワークショップが開かれた。普段は保育園に通っている息子さんも、お休みの日にはここで恵里さんのお仕事を見ながら、お客さんのお子さんと楽しく遊ぶことも

お店の奥にあるテーブルは、ワークショップスペースとしても活躍中。先日はここで、アクセサリー作りのワークショップが開かれた。普段は保育園に通っている息子さんも、お休みの日にはここで恵里さんのお仕事を見ながら、お客さんのお子さんと楽しく遊ぶことも

 

恵里さんと雑貨を前にお話をしていると、話が尽きません。そして、なにより、並んだ雑貨たちには、作り手がいて、作られた場所があり、それらはやがて、手にした人の傍でより一層輝くのだなと、改めて感じました。「人を幸せにする魔法」という息子さんの言葉、そしてその言葉を大切にお店の名前として掲げた恵里さんの思いがあふれ、来る人がリラックスして品物と向き合える、そんな「Zakka Benny Brush」です。

今後、お店でも扱っているアクセサリーの作家さんによるワークショップや、小物の撮影を上手にできるカメラのワークショップなど、ワクワクするような企画もたくさん用意されています。このお店を、商品と人、そして、人と人も出会えるような楽しい場所にしたいなあ、と恵里さん。恵里さんと恵里さんの息子さんの魔法《ベニー ブラッシュ》は、今、始まったばかりです。

 

いつも開け放たれている赤い扉。夢の詰まった世界へようこそ

いつも開け放たれている赤い扉。夢の詰まった世界へようこそ

 

インフォメーション

雑貨と人、人と人が出会う場所「Zakka Benny Brush」

[ワークショップ]

レジンネックレス・チャームを作ろう

日時 6月8日(水) 10:30-12:30 / 14:00-16:00

6月11日(土) 10:30-12:30 / 14:00-16:00

参加費:2,300円(材料費込)

写真を撮ろう! YumikoのHAPPY PHOTO LESSON

日時 6月23日(木)・27日(月)・30日(木) 10:00-12:00

参加費:4000円(ファイル、資料費込)

・お店で2000円以上のお買い物をすると、ワークショップ500円引き券がもらえます。

持ち物など詳しくは店頭のチラシ、Facebookをご覧ください。

プロフィール

雑貨と人、人と人が出会う場所「Zakka Benny Brush」

Zakka Benny Brush

住所:横浜市青葉区青葉台1-24-1

TEL : 070-4155-8861

営業時間: 10:00-17:00

定休日: 日曜日

ライター紹介

南部聡子

南部聡子: 富士山麓、朝霧高原で生まれ2歳までを過ごす。横浜市青葉区育ち。劇場と古典文学に憧れ、役者と高校教師の二足の草鞋を経て、高校生の感性に痺れ教師になる。2010年長男の出産を機に退職、2012年長女を出産、地域に根ざして暮らす楽しさ、四季折々の寺家の風景を子供と歩く時間に魅了されながら、鴨志田暮らし中。

おもしろかった?

mixiチェック