新着エコニュース

四井さんご家族は、たい肥を通して常に善玉菌にふれて生活している。自分たちの住環境は多様性のあるいい環境にしておく必要がある。最近の社会の傾向は殺菌にこだわりすぎているのではないかと疑問を投げかける四井さん

ソイルデザイン・四井真治さんに、土の循環のお話を聞きました

牧志保written by

2016.10.12

「人が暮らすことでその場の自然環境、生態系がより豊かになる」いう生き方を、八ヶ岳の大自然に囲まれて自ら実践しているソイルデザイン・四井真治さんが、寺家ふるさと村の四季の家にやってきました。四井さんから、土に関する深くて知的好奇心をくすぐられる話を聞きました。この秋、皆さんも土とつながる生活を始めてみませんか?

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

Re☆創庫あつたのスタッフと事務局長の和喜田さん(左から2人目)。カメラを向けると、自然と笑顔がこぼれるチームワークのよさが魅力的

リユース&リサイクルを暮らしの中に。中部リサイクル運動市民の会へ

梶田あゆみwritten by

2016.10.07

1980年の発足以来、市民を巻き込んでリユース&リサイクルの活動を続けている団体が名古屋市にあります。行政に先駆けて取り組んできた資源回収や、新しい形のチャリティーショップの運営を通して、だれもが暮らしの中で気軽にリユース&リサイクルに参加できる仕組みづくりを進めています。日本のリサイクル&リユースの老舗団体、NPO法人中部リサイクル運動市民の会を訪ねました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

namiko

2016summer! 森ノオトのリポーターの夏休み

岩田夕蘭(れりあ)written by

2016.09.06

気がつけばもう9月。夜には鈴虫の声が聞こえ、秋の足音を感じますね。夏の終わりに、森ノオトのリポーターたちの夏休みの思い出をいくつかご紹介します。沖縄、福岡、飛島、五箇山、小豆島、相模川……各地の美しい写真とともにお楽しみください。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

BABAラボにはいろんな”ベンチ”があるけれど、お昼どきにはみんなそろってまかないランチをいただきます!

100歳まで働けるものづくりの職場「BABAラボ」を訪ねて

梶田あゆみwritten by

2016.08.26

ガタゴトガタゴト……。横浜市青葉区から電車を乗り継ぎ約1時間半、さいたま市南区鹿手袋にやってきました。ここに、「100歳まで働けるものづくりの職場」を掲げる「BABAラボ」(ババラボ)があります。森ノオトがこれからつくるファクトリーのヒントを探しに、わくわくしながら、扉を開きました。

つづきを読む

mixiチェック

この人に会いたい!

我が家の庭を手がけてくださっている、jardinier Kirikui代表の佐藤光榎さん

自然にも人にも優しく心地よい‘場’を創る職人! 佐藤光榎さん

山田幸written by

2016.05.06

【リポーター養成講座受講生修了レポート:山田 幸】庭という場を通じてエネルギーや廃棄物の問題に取り組む、多彩な職歴をお持ちの庭創りのプロ。独立して8年目、2016年1月には事業形態を法人化し、新たな一歩を歩み始めた株式会社プランティグ/jardinier Kirikui代表、佐藤光榎さんにお話しを伺いました。

つづきを読む

mixiチェック

この人に会いたい!

取材前日も金沢に行っていたという「こども映画教室」代表の土肥悦子さん。疲れを見せず、映画への想いを熱く語ってくださった(撮影:平本奈央子)

映画が好きで好きでたまらない!「こども映画教室」代表・土肥悦子さんインタビュー

平本奈央子written by

2016.04.07

関東圏のみならず、いまや全国で人気を呼ぶ「こども映画教室」をご存知ですか? こども映画教室に参加した子どもたちの生き生きした表情、そして参加しているスタッフたちもすごく楽しそうな様子は、とても印象的です。今回は、魅力満載の活動をうみだしている「こども映画教室」代表の土肥悦子さんにインタビューをしました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

泉橋酒造の酒は、藤が丘と市が尾に店舗がある「酒のあさの」でも購入できる。橋場社長は「浅野さんは立派な酒屋だよ」と太鼓判!

酒造りは米作りから 海老名に酒蔵あり!泉橋酒造株式会社

小池一美written by

2016.02.17

米作りから酒造りをしている酒蔵が海老名市にあることをご存知でしたか。リポーター小池は昨年秋までまったく知りませんでした。ある日その存在を知ってしまった「泉橋酒造株式会社」。すぐに興味のアンテナがピン! とたちました。すると偶然にも、社長自ら酒造りについて話してくれる講座が地元青葉区であると知り、これはゼッタイに行きたい! と参加してきました。

つづきを読む

mixiチェック

暮らしを楽しむ

色や素材を変えて作ってみたコマたち。千代紙を使えば古風に、水玉やボーダーの柄紙はポップな印象を与えてくれる。回すと各々が持つ色味が個性を発揮して面白い!

回して飾って色彩美も楽しめる!折り紙のコマ。

今里元子written by

2015.12.30

気がつけば今年も残すところあと2日となりました。クリスマスや忘年会、年賀状作りに大掃除と、師走という月は本当に息つく暇がありませんね。お正月はお家でゆったりと過ごしたいと考えているあなた、これからご紹介する折り紙のコマを作ってはみませんか? 彩り豊かなコマは、きっと安らぎと楽しさを届けてくれるでしょう。

つづきを読む

mixiチェック

暮らしを楽しむ

ちょっと使い方が違うけどね(笑)、気持ちいいなら、まあいっか!

ほっこりと体の芯まで温まる お手製“ぬか袋カイロ”

斉藤 由美子written by

2015.12.25

去年の冬あたりから、私のまわりでじわじわ人気の“ぬか袋カイロ”。ほっこりした暖かさで熱すぎず、ぬかのしっとり感と適度な重みが何とも言えず気持ちがよい。そして、レンジで温め繰り返し使えるので、エコなところも魅力です。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

bits00

電子工作の未来を創る!littleBitsの可能性に迫りました。

北原 まどかwritten by

2015.10.05

掌にちょこんとのる、ピンク、グリーン、オレンジの電子ツール。マグネットでつなげば光ったり、回ったり。スイッチや音、光で信号を出して、電気の力がどういう風にはたらくのか、直感的に理解できる電子工作キット「littleBits Kit」。日本の総販売元のKORG本社を訪ねました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

チームのメンバーと発表のためのパワーポイントを仕上げる。集中度高く素材を集めていく

まちづくりの新潮流! 山形リノベーションワークショップに参加してきました

北原 まどかwritten by

2015.08.19

森ノオトの「エコDIYまちづくり」に具体性と長期展望を広げていくために、リノベーションの手法を学ぼうと、8/7-9、山形リノベーションワークショップに参加しました。熱い3日間の体験レポートです。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

版を刷り台にセットし、刷りたい色のインクを用意する。版の下に紙をセットし、スクリーン枠内でインクをスキージーで版面にのばすと図柄が刷りあがる

川崎市市民ミュージアムで「もりたろうくん」の作品を制作してきました

山田あさかwritten by

2015.06.24

川崎市中原区の等々力緑地の中にある川崎市市民ミュージアムは、歴史、考古、民俗、美術・文芸、グラフィック、写真、漫画、映画、映像の9つの分野の収蔵品をもつ博物館・美術館の複合文化施設です。そんな充実した建物の中に、版画のアトリエがあるんです。学生時代に版画を学んでいた私。独特のインクのにおいに一気に学生時代にタイムスリップし、森ノオトのマスコット「もりたろうくん」の作品づくりを楽しんできました!

つづきを読む

mixiチェック

暮らしを楽しむ

お孫さんなどへのプレゼント用に絵本を買いにくる人も多い

絵が動いて見える? 上手な絵本の読み聞かせって?  「よちよち屋」店主・中本茂美さんに聞いてきました

斉藤 由美子written by

2015.06.11

正しい読み方で絵本の読み聞かせをしてあげていると、子どもは絵が動いて見えるようになるらしい。え? どういうこと? と思いつつも、ぜひその「正しい読み方」を伝授してほしい! と、絵本・児童書専門店「よちよち屋」さんに行ってきました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

「CABIN」は手加工を中心にものづくり初心者が楽しめる、小さな小舎のような場所

木のものづくりを楽しむ遊び場「CABIN」を応援!

湊光代written by

2014.10.02

こんにちは、横浜・寺家ふるさと村で注文家具を作っているミナトファニチャーの湊哲一・光代です。「心地よい未来を生きるために、暮らしを手づくりする人を増やしたい!」……そんな想いから、早稲田にものづくりの場「CABIN(キャビン)」を10月にオープンします。そのために必要な資金を支援してくださる方を募っています! 今日は私たちが家具製作とともに力を入れている「KIMIKIプロジェクト」、木を素材にものづくりを楽しむ人の遊び場「CABIN」の紹介をさせてください。 (写真提供:桑原憂貴さん)

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

今年のメイン、木のスツールづくりを含め、ものづくりを満喫できてひと家族2000円とはお値打ち! 夏休みの宿題にもピッタリ

8月23日(土)、毎年恒例のウィズワークフェスティバルが開催されます! メインのスツールづくりや、アートコーナーなど、ものづくりを満喫できる1日です。

中島 美穂written by

2014.08.11

8月23日(土)、毎年恒例のウィズワークフェスティバルが開催されます! メインのスツールづくりや、アートコーナーなど、ものづくりを満喫できる1日です。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

ポット苗を植えて8年たった森の前で記念撮影。全ての行程を終え、鶴巻温泉駅に戻るバスの中では、一緒に土にふれ美味しいパンのランチを共にした者同士(!?)、みなさん打ち解けていい雰囲気だった

7/19(土)進和学園「いのちの森づくり見学ツアー」に行ってきました!

中島 美穂written by

2014.08.05

「進和学園」は、障がい児・者の自立支援や生活介護を主な事業としておこなっており、500名以上の利用者さんがいる社会福祉法人です。森ノオトは7月19日(土)、進和学園が8年前からスタートしたという「いのちの森づくり」を見学するツアーを開催しました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

重そうな顔をしていますが、実際は重くはなかったそうです

子どもが丸太を担げちゃう!? 皮むき間伐「きらめ樹フェス2014」レポート

湊光代written by

2014.07.03

我らが湊家では、4月26日、「きらめ樹フェス2014」に参加すべく静岡県富士宮市にある朝霧高原へいってきました。一番の目的は「きらめ樹」体験です。「きらめ樹」とは皮むき間伐の愛称なのですが、女性や子どもも出来る間伐ということで、どんなものなのかドキドキわくわくしながら向かいました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

1405shinwa02

7/19(土)ツアー開催♪「進和学園」でどんぐりから植樹用の苗を育てる現場を見てきました!

松岡美和written by

2014.05.27

どんぐりって可愛いですよね。公園などで子どもたちが夢中になって拾う、ころんとした形が可愛いどんぐりは、大きな木に育つ力を秘めています。森ノオトの看板息子もどんぐり坊やの「もりたろう」。森ノオトとしては、どんぐりが木となり、林や森となっていく姿をぜひ知っておきたい!! ということで、どんぐりなど、木の種子を集めて苗をつくり、森づくりの活動をおこなっているという進和学園をたずねました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

131226tedx00

TEDって何?「広める価値あるアイデア」を共有する場

北原 まどかwritten by

2013.12.26

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを使っていると、時々目にする「TED」という文字。TEDに参加した、知り合いが出た、スピーチに感動した……などという感想を聞きますが、いったいどんなイベントなのでしょう。学識経験者、デザイナー、環境活動家など様々な分野で活躍する人が、テーマに合わせてプレゼンテーションを行い、聴衆とアイデアを共有する場で、TEDの精神「広める価値あるアイデア」を共有する世界各地のコミュニティを「TEDx(テデックス)」と言います。森ノオトのキタハラも今年10月、故郷である山形県で開催された「TEDxTohoku」に参加してきました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

発電部のリーダー桜井薫さんは、自然エネルギー事業協同組合レクスタの代表理事や、国際NGOソーラーネットの代表、太陽光発電の施工等を請け負う会社・エルガの代表など、3.11以前から太陽光発電の普及活動をしていた第一人者。3.11以降は被災地支援のために「つながりぬくもりプロジェクト」を立ち上げたお一人でもある。そのまなざしは、広く東南アジアの貧困層の幸せに向けられている

おとなの遠足「おがわ町自然エネルギーファーム」へ行ってきました!

梅原 昭子written by

2013.12.12

有機農業の盛んな地域として知られる埼玉県比企郡小川町。ここに、今年9月、NPO法人「おがわ町自然エネルギーファーム」が設立されました。住民主体で熱いエネシフ活動が行われている! という噂を聞きつけ、12/3(火)、森ノオトエネルギー部・あざみ野ぶんぶんプロジェクトのメンバー総勢7名で、現地視察に行ってきました。 (文/梅原昭子  写真/中島絵麻、青木真紀)

つづきを読む

mixiチェック