新着エコニュース

ハギレや提供された布は、子どもたちに使ってほしいアイテムに生まれ変わります

手作り派をサポートします!3/3入園グッズをつくる会

梶田あゆみwritten by

2017.02.17

もうすぐ入園や入学のシーズン。お子さんの入園や入学前に、さまざまな布アイテムをそろえる時期ですね。オーダーメイドのサービスもあるけれど、「好きなデザインで作りたい!」「裁縫は苦手だけど、なんとか手作りしたい! 」そんな思いを森ノオトがサポートします。3月3日(金)に、入園・入学グッズをつくるミシンの会を開きます。ミシンの後はお茶を囲みわいわいお話しましょう。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

羊に巻きつけたり、編まないでつくれるシュシュにしたり。ミニリースも考案中

糸つむぎで楽しむクリスマス 12/12(月)ワークショップ開催

梶田あゆみwritten by

2016.11.25

ジングルベール ジングルベール♪ もうすぐ楽しいクリスマスですね。暮らしを楽しむ森ノオト読者のみなさん、ことしのクリスマスは、つむいだ毛糸でつくるオーナメントはいかが? 12月12日に糸つむぎワークショップをひらきます。この日は、森ノオウチが素敵なカフェ空間に様変わり。季節のタルトを囲み、ひと足早いクリスマス会をお楽しみください!(写真:小宮山ゆみこ)

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

あずま袋は親子で持ってもかわいらしい(写真:おおかわらあさこ、モデル:野口幸子・2歳の娘ちゃん)

思い出の布にあらたな命を。森ノファクトリー11/23お披露目!

梶田あゆみwritten by

2016.11.21

着られなくなった洋服や使わなくなった布地、どうしていますか? いらなくなった布をあらたなアイテムに作りかえる森ノオトの「森ノファクトリー」。11月23日(水)のあおばを食べる収穫祭で、デビューします。ファストファッションが主流の時代に、商品を通してモノの命や手仕事の愛おしさに少し思いをはせる、そんなものづくりを伝えていきます。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

糸つむぎに使うオランダ製のスピンドルは羊のイラストがポイント。紡いだ毛糸は、ポンポンのマスコットにも。オリジナルの木製の羊の糸巻きに巻きつけてオーナメントを作ることもできる(別途500円)

世界にひとつだけの毛糸をつむぐ。小宮山ゆみこさんと10/21糸つむぎワークショップ

梶田あゆみwritten by

2016.09.22

秋の訪れとともに日ごとに肌寒くなり、ニットが恋しい季節ももうすぐ。ニットを編む毛糸を、手でつむぐことができるって知っていますか? 森ノオトのリユースサロンで出会った小宮山ゆみこさんに、手つむぎや編み物の魅力をお聞きしました。10月21日には、森ノオウチで糸つむぎのワークショップをひらきます。世界でたったひとつの毛糸をつむいでみませんか。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

BABAラボにはいろんな”ベンチ”があるけれど、お昼どきにはみんなそろってまかないランチをいただきます!

100歳まで働けるものづくりの職場「BABAラボ」を訪ねて

梶田あゆみwritten by

2016.08.26

ガタゴトガタゴト……。横浜市青葉区から電車を乗り継ぎ約1時間半、さいたま市南区鹿手袋にやってきました。ここに、「100歳まで働けるものづくりの職場」を掲げる「BABAラボ」(ババラボ)があります。森ノオトがこれからつくるファクトリーのヒントを探しに、わくわくしながら、扉を開きました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

コーヒーは素材からこだわったHORIGUCHI COFFEから仕入れ、1杯ずつ丁寧にドリップ。お茶だけでもふらりと訪れたい

ミシンの音に癒されて。多世代が交わるものづくりカフェ「いのちの木」

梶田あゆみwritten by

2016.07.25

カタカタカタカタ……。ミシンの音が心地よく響くコミュニティカフェ「いのちの木」が、横浜市都筑区の市営地下鉄仲町台駅そばにあります。ここは、ものづくりを通して多世代の人がゆるやかに交わり、心がふっと軽くなる場所。おばあちゃんたちの手仕事による美しいニット商品にも出会える、ものづくりカフェを訪れました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

布合わせに愛を込めて 森ノファクトリーがスタートします!

梶田あゆみwritten by

2016.07.05

森ノオトのファクトリーが始動しました! しみがついたり、サイズアウトしたりした洋服たちがクローゼットに眠っていませんか? 思い入れのある洋服やハギレたちを、愛情込めてオリジルなアイテムに生まれ変わらせます。知恵とセンスと手間をかけた、モノづくりをお楽しみください。

つづきを読む

mixiチェック

暮らしを楽しむ

3日目にして液体が透明から薄茶色に変わってきた

今がチャンス! ドクダミのチンキを作ってみました!

野口 幸子written by

2015.06.09

十の効能を持つと言われることから「十薬」とも呼ばれるドクダミ。どこにでも生えている身近な薬草を眺めているだけではもったいない。……ということで、ドクダミのチンキを作ってみました。お茶以外の活用法。とっても簡単にできるので、試してみてください!

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

10/27のカモジケハロウィンに出店した際の雑貨類。大人可愛い色柄にキュン!(写真提供:nu:uさん)

愛する布を縫う、まとう。「nu:u(ぬう)」国島智子さん

北原 まどかwritten by

2013.11.20

縫う、からきている布小物・洋服ブランド「nu:u」は、青葉区在住の国島智子さんが主宰しています。リネンやコットン、ウールなどの天然素材の心地よい服に、キーケースやストラップ、カチューシャなどの小物・雑貨類。端切れの最後の一枚まで、愛おしく、大切に縫い合わせてうまれた作品は、人から人へ、やさしい空気をまとって伝わっていきます。

つづきを読む

mixiチェック