ピリカの夢見る食卓 〜今話題の塩麹特集 Vo.3 白身魚と野菜の塩麹蒸しあんかけ
こんにちは! ピリカです。どんどん夏めいてきましたね。あたたかくなってくると、外でごはんが食べたくなるもので、我が家では毎朝ベランダでごはんを食べるのが日課となっています。すっかりベランダごはんがお気に入りの2歳の娘。同じメニューでも、お外で食べる方がおいしいみたいで、ニガテな食べ物でも外の空気にふれながらだと不思議と食べられたり。子どもって単純。でも、ちょっとの工夫で日々の暮らしは豊かになるものだなあって実感しています。子育てをしていると本当に色々な発見がありますね。

さて、今回はお魚好きの娘のために考えた、簡単で野菜もたっぷり栄養満点の“白身魚と野菜の塩麹蒸しあんかけ”をご紹介します。お魚は、味のついていない白身魚なら何でもかまいません。鮭でもおいしいです。我が家ではいつも真鯛やタラでつくるのですが、この日はたまたまどちらも売っておらず、かわりにおいしそうな黒ムツがあったので、こちらでつくってみました。

 

 

☆材料(4人前)

白身魚         3〜4切れ

キャベツ        150g

人参          1/3本

長ねぎ         1本

ニラ          1束

えのき         50g

しめじ         60g

塩麹          大さじ3(味を見ながら)

オリーブオイル     大さじ1+1/2

バター         15g

ニンニク        1かけ

黒こしょう       少々

片栗粉         大さじ1+1/2

水1           100ml

水2           100ml

 

 

☆つくりかた

 

野菜はそれぞれ食べやすい大きさに切っておきます。人参は火が通りやすいように薄く切ります。お鍋にオリーブオイルと、刻んだニンニクを入れて火にかけます。

 

 

ニンニクに色がつき始めたら火を止めて、キャベツ、人参、長ねぎを入れて、余熱で炒めながらそれぞれからめます。

 

 

熱がなくなったら、白身魚、キノコを野菜の上に並べます。

 

 

さらに、切りそろえたニラを入れ、その上から塩麹、バター、黒こしょう、水1をまわし入れ、フタをしめて中火にかけます。

 

 

鍋が沸騰したら、とろ火にして、フタをしめたまま5〜7分ほど蒸します。

 

 

火が通ったら、水2でといた片栗粉を回し入れ、魚がくずれないよう気をつけながら、全体になじませたら完成です!

 

塩麹は、ものによって塩味の濃さにばらつきがあるので、慣れるまでは少なめに入れて後から加えるのがおすすめです。お野菜はこの他にも白菜やチンゲン菜、もやし、絹さや、椎茸などでもいいですね。ちなみに我が家では冷蔵庫にあまっているカブや大根やアスパラetc……。とにかくなんでも蒸してあんかけにしてしまいます!

オイルはごま油でも美味しいですし、ニンニクが気になる場合は生姜で代用してみたり。色々とアレンジをして、ぜひお気に入りのレシピをみつけてくださいね!

 

 

ごはんと一緒に器にもって、紅しょうがと、お好みでレモンをしぼってもおいしいですよ〜。

高山 えりか
この記事を書いた人
高山えりかライター卒業生/デザイナー
森ノオトの花形デザイナーでおしゃれ番長。キャッチーなデザイン、キュートなイラストは見る人の心を鷲掴みに。写真の腕前も相当なもので、Instagramで発信する愛犬とのユーモラスな生活にファンも多い。料理、お酒、キャンプ、インテリア、ハワイが大好き。北海道出身で愛称は「ピリカ」。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー
タグ

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく