香織の子ども弁当DIARY Vol.3 …7月 夏バテ予防に梅や酢を
まだまだ暑い日が続きますね。7月後半から初めての夏休みを過ごしました。すこし前になりますが、7月のお弁当レシピです。この頃はすこししっかりめの味をつけていました。また、夏バテ予防に、さっぱりとした味ということで、酢や梅を使ったおかずも取り入れました。(text、photo:大西香織)

この夏は朝起きてすっきりと目覚めないことがあり、そんな時はすぐにベランダへ出ることにしていました。朝の風に当たると心地よく、すこしずつ心と体が起きていくのを感じました。

 

3歳の息子は、ぞうさんじょうろを片手に私についてきて、ゴーヤとプチトマトの水やりから朝がスタート。「ゴーヤが大きくなったよ」「赤くなったトマトをとってきた」とうれしそうにしていました。

 

でもあまりトマトの得意でない息子は「きょうのおべんとうトマト入ってない?」と聞いてくることも。自分で育てた野菜なら食べてくれるかな。ベランダ菜園に期待です。少しずつ栽培の種類も増やしていきたいと思ってます。

 

7月のお弁当は、夏ということもあり、痛みにくいよう少し濃いめの味付けに。息子も成長してきたので、しっかりめの味も喜んで食べてくれるようになりました。

 

今月のレシピは、簡単にすぐできるごま酢きゅうりをご紹介。きゅうりの薄切りの酢のものは定番という方が多いと思いますが、乱切りなのでよりスピーディに一品できます。

 

 

ひじきおにぎり、ぶりの照り焼き、いんげんのおかか醤油、厚揚げとにんじんの煮物

 

のりおにぎり、鶏とパプリカの南蛮漬け、ブロッコリーのごま和え、プルーンのハーブティー煮

 

ゆかりじゃこおにぎり、青のりの卵焼き、ハムとアスパラ、メロン

 

わかめおにぎり、ミートボールとプチトマト、ブロッコリーの塩ゆで、お好み焼き、煮豆(白いんげん)

 

ゆかりおにぎり、オクラのベーコン巻き、なす味噌炒め、にんじんグラッセ

 

ちりめんじゃこおにぎり、車麩のピカタ、焼きズッキーニ、プチトマトのピクルス、煮豆

 

野沢菜おにぎり、鶏のおろし和え、ごま酢きゅうり、五目大豆

 

■レシピ…ごま酢きゅうり

暑い夏はさっぱりきゅうりで水分を補給したいもの。酸っぱいのが苦手な子どもでも、ちょっと砂糖を加え、ごまのコクと甘みで食べやすくなります。パパもママも元気が出るおかずです。

 

 

<材料>

きゅうり…1本

塩…少々

米酢…小さじ2

砂糖…小さじ1/2

白すりごま…小さじ2

<つくり方>

(1) きゅうりは小さめの乱切りにする。塩少々で軽くもんでしばらくおく。

(2) きゅうりがしんなりしたら水気をきり、調味料とごまを加え和える。

*ごまはすりごまでもいりごまでお好みで。

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく