2/19(水)赤ちゃん連れで楽しめるバイオリンコンサート♪by grand poisson(ぐらぽわ)
かわいい我が子の育児はとっても楽しいものでもありますが、子どもが生まれる前には当たり前のように行くことができていた場所にも行き辛くなってしまうことがあります。そのひとつが、コンサート! そんなママ向けに、子連れでも気兼ねなく参加できるバイオリンコンサートを開催します♪ 午前は「おやこの部」で、午後には大人向けのプログラムの「おとなの部」もご用意! ぜひ、この機会に生の楽器演奏をぜひ聴きに来てください♪♪

青葉区にある助産院「バースあおば」には、同じ月に出産したお母さんたちの会「ミニカンガルーの会」なるものがあります。出産してから約1年間、バースあおばのケアハウスを利用して毎月1回開催され、運営は同月出産のお母さんたちの中で幹事を決め、毎月自分たちで日にちを設定して行っていきます。

この「ミニカンガルーの会」の存在を初めて知った時は、なんて画期的で素晴らしいシステムなのだろう!と思いました。

というのも、出産直後のお母さんたち、特に初めての育児ならなおさら、育児や子どもの発達など、様々な不安を抱えています。そんな時に、赤ちゃんの成長段階によって悩みを共有できる仲間がいることは、本当に力強いことだなあと思います。私も長男を出産した後、初めての状況の連続にひとり不安や戸惑いを感じていたことを思い出します……。助産院に限らず、このような会がどこの出産施設でもあると、お母さんたちにとっては心強いのではないかと思います。

私には3歳の息子と11カ月の娘の2人の子どもがおり、2人とも違う助産院で出産したのですが、自宅が青葉区でバースあおばに近いこともあり、ミニカンガルーの会に参加したいなーとうらやましく思っていたところ……、昨年ご縁あって娘と同じ昨年3月出産の幹事の方を紹介してもらうことができ、娘が生後3カ月から参加させてもらっています!

 

ミニカンガルーの会の様子。ほぼ同じ月齢の赤ちゃんたち。会のメンバーの中には二人目、三人目育児のお母さんもいて、色んな経験が聞けるのも嬉しいところ

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ミニカンガルーの会で、毎月みんなのお話を聞いていくと、3月生まれの会のメンバーの中に偶然にもプロのバイオリニストさんが二人いることが判明!!

その後、話はとても盛り上がって……育児中ではあるけれど、みんなで力を合わせれば何かできるかもしれない! と、みんなで協力してバイオリンコンサートを企画することになりました♪

 

昨年12月に「バイオリンおやこコンサートvol.1」を開催! 会場は私の夫の実家であり、家業で植木屋を営む庭乃持田園(川崎市高津区)。お庭の見える和室の広間で赤ちゃんたちもゴロゴロ転がりながらの音楽鑑賞

 

昨年12月に開催したコンサートでは、20組以上の親子が参加してくれて、大好評! 早くもアンコールにお応えして、2月19日(水)に「バイオリンコンサートvol.2」を開催します!

今回のコンサートはお客様の要望により、午後には大人向けのプログラムも用意しての二部構成のコンサートです!

ミニカンガルーの会のメンバーで構成した「grand poisson(通称:ぐらぽわ)」は、ツインバイオリンとピアノからなる演奏ユニット♪

バイオリンを演奏するのは斉藤久仁子さんと升本理央さん。お二人とも育児をしながらフリーの演奏家としてコンサートなど多方面で活躍されていて、精力的に演奏活動を行っています。斉藤さんは青葉区のご自宅でバイオリン教室「Cassetta Violin Studio」を主宰。升本さんは横浜市北部で主に活動しているアマチュアオーケストラの「YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ」の弦楽器指導者でもあります。

ピアノを演奏するのは、宮崎江里子さん。宮崎さんは高校までピアノを弾いていたそうで、バイオリニスト二人に口説き落され、ピアノ演奏を担当することに! 12月のコンサートはプロに交じっての堂々の演奏で会場を驚かせました!

また、コンサートのチラシや当日のプログラムのデザインを担当するのは、消しゴムハンコ作家「ねこそば」としても活動している岡本秋沙さん。かわいらしくて遊びゴコロ溢れる彼女のイラストが「ぐらぽわ」をより一層盛り上げてくれています。

 

前回のコンサートのプログラム。手描きタッチが何ともあたたかい印象。岡本さんがデザインしたマスコットキャラクターのお魚「ぐらぽわちゃん」のハンコもしっかり押されている

 

私が前回のコンサートに参加して感じたのは、参加した子どもたちがとっても落ち着いて演奏を聴いていてくれたなあ、ということ。正直なところ、途中で飽きてぐずったりしてしまうかなーと思っていたのに、まったくそんなことはなく、中には寝入ってしまう赤ちゃんも……。

やはり、生の楽器演奏は子どもたちにとっても心地よいものなのかもしれませんね。

私自身も間近でバイオリンの弦の振動を感じながらの演奏に、とても感動し、心が癒されました!

ぜひ、この機会に足をお運びくださいね♪♪

*バイオリンコンサート♪by grand poisson(ぐらぽわ)*

 

【日時】2014年2月19日(水)
<おやこの部>11:00〜12:00(10:15開場)
<おとなの部>14:00〜15:00(13:15開場)

 

<おやこの部>
テーマは『どうぶつ!』
料金:1500円
※0歳からの小さなお子様と一緒にコンサートを楽しめます♪未就学児のお子様無料。もちろん、大人だけの参加も可です。

 

<おとなの部>
テーマは『日本の冬』
料金:1800円
※おとなの方向けのプログラム内容のコンサートです♪未就学児のお子様のご同伴はできませんので、ご了承ください。どうしてもお子様同伴で……という方は、下記ぐらぽわメールアドレスまで個別にご相談ください。

☆おやこの部、おとなの部ともにお茶・お菓子付き(マイカップ持参歓迎♪)。小学生以上のお子様はお菓子代200円のみいただきます。小学生未満お子様は必要な場合のみ、別途お菓子代をいただきます。
☆会場は、お庭の見える民家の広間(和室)を使用してのアットホームな雰囲気の演奏会です♪授乳&キッズスペースのご用意もあります。
☆お越しの際は、なるべく公共交通機関のご利用をお願いします。近隣に駐車場が無い為、お車の場合、おそれ入りますが宮崎台駅周辺のコインパーキング等をご利用下さい。

【場所】

庭乃持田園
川崎市高津区向ヶ丘94-2(東急田園都市線宮崎台駅から徒歩13分)
【主催/お問い合わせ】
grand poisson(ぐらぽわ) E-mail : [email protected]
【協力】
キラキラ☆マミーズ
http://kirakiramammys.blog.fc2.com/

Information

grand poisson(ぐらぽわ)

http://gra-p227.blogspot.jp

持田 三貴子
この記事を書いた人
持田三貴子ライター卒業生
樹木医で造園業3代目の夫とともに、都市生活に森のような循環を生み出すべく、Earth Worksという夫婦ユニットとして活動中。結婚を機にナチュラルなライフスタイルにどっぷり浸かり、いつの間にか3児の母に。横浜市都筑区で夢の民家暮らしをスタート、「竹隣庵」と名付け住み開きを目指している。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく