【講演】神奈川県多世代居住のまちづくりコーディネーター養成講座
内容:森ノオトとローカルメディアについて
担当:北原まどか
クライアント:神奈川県県土整備局様

神奈川県県土整備局建築住宅部住宅計画課住宅企画グループが主催する「神奈川県多世代居住のまちづくりコーディネーター養成講座」の第2回「仲間がどんどん増える・関わりが深まる 住民参加のきっかけづくり」で、北原まどかがコーディネーターとスピーカーを務めました。

 

たまプラーザで進む次世代郊外まちづくりの仲間で、地域の多世代をつなぐ活動をしている「たまコネ」の藤本孝さん、たまプラ一座の林月子さんと一緒に語り合いました。総合コーディネーターはこどもの未来サポートオフィスの米田佐知子さんです。

 

当日話されたキーワードはたくさんありましたが、課題発想ではなく楽しみながら相互扶助、横展開のトライアルは洗練されたリターンが戻る、仕組みや組織は常に変化し続けることで人が関わる余地が生まれる、ワクワクの記憶の積み重ねなど、今後の多世代が交わるまちづくりの秘訣が語られました。

 

https://www.facebook.com/events/1804433029810436/

タグ

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく