【まちづくり】すすき野団地の広報誌で住民へのインタビュー記事の作成をしました。
すすき野住宅管理組合が発行する団地住民向け広報誌の中の「すすき野歴史アーカイブ」という特集ページで、団地の歴史を語る人々に取材をしました。

住民の高齢化により様々な課題を抱える団地の自治を高め、より暮らしやすくしたいと、団地の再生に取り組んでいるすすき野団地。

 

2018年度は、団地の未来会議のレポートを作成していましたが、2019年度は、新しく移り住んできた人と古くから住む人をつなげるきっかけづくりのためにと、団地で暮らしてきた人の記憶をともに辿り、言葉と写真で伝える記事を作成しました。広報誌No.236、237、2020年のNo.238、239号(こちらは未刊)に計6人の方のインタビューが掲載されています。団地ができたばかりの頃の思い出話や情景を想像し、豊かな時間の重なりを感じるお仕事でした。

 

<STAFF>
企画・取材執筆・編集:北原まどか  梅原昭子
クライアント:すすき野団地管理組合様

 

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく