『ミラクルBaby 620gのそらが教えてくれたこと』

 

本書の作者は、川崎市に住むシナリオライターで、映像作家でもある宮沢あけみさん。あざみ野ガイアシンフォニー実行委員長の顔も持つ、実に魅力的な笑顔の持ち主です。宮沢さんが41歳で出産した娘・そらちゃんは、予定日よりも3カ月も早く、わずか620gで生まれてきました。

 

来る日も来る日もおっぱいを持って病院に通い、NICUにいる我が子と手をつなぎ、見つめ合う。カンガルーケア(母が胸元を開き、素肌に赤ちゃんを乗せてぴったり抱き合うこと。低出生体重児の哺乳能力の向上や、生存率の改善に寄与すると言われている)を行ううちに、小さなそらちゃんが笑顔を見せるようになり、徐々に体重も増え……。「ああ、何てかわいいの!」というそらちゃんへのあふれんばかりの愛情と、一人の女性が突然母となり、戸惑いながらも親子の物語をつむぎ出していく様が、まるでドラマを見ているかのように、生き生きとした筆致で描かれています。

 

一方で、同じNICUにいた赤ちゃんとの別れ、笑顔で退院できなかったお母さんたちとのエピソードも。超低出生体重児(1000g以下で生まれた赤ちゃん)を巡るドラマは、時に過酷で、厳しいものです。そんな中で、常に前向きに未来を切り拓く筆者の生き方は、同じ境遇にいる母たちへの強力な応援歌とも言えます(そしてそらちゃんは今、元気に幼稚園に通っています!)。

 

受精そのものがものすごい生存競争であり、そこから出産までの道のりは、まさに奇跡の連続です。そして、この世に生を受けたその瞬間から、母の手を借りながら、同時に自分の力で生き抜いていかねばならない子どもたち。

 

そう考えると、子どもは、存在そのものが、ミラクルなのかもしれません。今、我が子が目の前で笑っていてくれること。そのささやかな幸せの「有り難み」、そして誰もが持ちうる絶対的母性が、胸に響いてくる一冊です。

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく