今日で「森ノオト」が1歳になりました。

ボク、もりたろう。
みんな、今日がボクの誕生日だって知ってる?

 

ボクが寺家ふるさと村でポロッと生まれ落ちて、旅を始めたのが、去年の11月20日なんだ。
トリの背中に乗って青葉台の駅前まで探検したり、編集長の鞄に忍び込んでベジカフェに行ったり、ボクのふるさと寺家ふるさと村のどんぐり農園で田起こしや田植えをしたり……この1年、いろんなことがあったなあ。

 

8月からは、「森のリポーター」として、地域のママさんたちが仲間になって、ママ目線のecolocoスタイルを紹介してくれるようになったよ。
もりたろう、仲間ができてとてもうれしかった。
地域も幅広く、青葉台を中心に、南は新横浜、東は二子玉川、高津、宮前、北は登戸や向ヶ丘遊園まで足を伸ばすこともあったよ。
「森の仲間たち」が増えたので、これからは中央林間や緑区、港北ニュータウンの情報も拾っていきたいと思っているよ。

 

森ノオトはこの1年で、277ものecolocoニュースを紹介したんだよ。
こんなに小さなエリアで、eco、organic、sustainableにしぼった情報が集まるのかと最初は心配だったけど、1年経ってみると、ボクの体が足りないくらいたくさんの活動やお店、人々がいることがわかったんだ!
これからは、トリさんにも取材をお手伝いしてもらいながら、青葉台を発見していこうと思うよ。

 

もりたろうは今日で1歳。
2歳になる時には、地域でできた「森の仲間たち」と一緒に顔を合わせて、何かイベントをやれたらいいなと思っている。
地元でecoな感性を持っている人たちが、直接顔を合わせて未来を語り、結びつき、ともに歩みだせるような、「地の元のお祭り」を。

 

これからの1年も、ボク、そしてトリの成長を見守っていてね。
森ノオトのご愛読、応援、よろしくお願いします。

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく