アートフォーラムあざみ野の縁日に出店してきました
10月31日、台風一過の日。開館5周年を迎えるアートフォーラムあざみ野で開催された「アートフォーラムフェスティバル2010」に、家族で出店してきました。(text:末吉真由華)

地域に開かれたアートフォーラムあざみ野は、我が家もイベント参加などでいつも楽しく利用しています。今年も内容盛りだくさんの「アートフォーラムフェスティバル」。オープンの10時を待たずしてすでに多くの人で賑わっていました。私たち家族は縁日部門に3度目の出店。今年は地域で活動する総勢33組の手づくり出店者でにぎわいました。

 

会場では縁日を含め、色んな体験ができました。クイズに答えるスタンプラリーでは、親子で会場をぐるぐる回って商品をゲットしたり(息子もドガ展の招待券が当選したのです!)、手づくり体験コーナーでアロマリップクリームをつくったり、木の薄皮を使って切り絵を描いたり、クリスマスの布オーナメントをちくちく縫ったりと、参加者はそれぞれに芸術の秋を堪能している様子でした。

 

そして、こちらが私たち夫婦のブース。

木のおもちゃ作家として細々ながらも活動している主人が、新作のミニバスや飛行機を並べていると、子どもたちが2人3人と集まってきました。みんなやっぱりおもちゃが大好きですね。じーと見つめている男の子に「このバスが好きなのね」と話すとコクリとうなずき、とたんに想像もしなかったくらいの笑顔がこぼれました。こうしたやりとりがたまらなく大好きな私たち夫婦です。

私も卵や乳製品を使用しない体にやさしいおやつを7種類つくりました。新作の甘酒クッキーはお砂糖不使用でサクサク感を出すために国産パン粉を使用。素朴な仕上がりになりました。「美味しかったね~、子どもと争奪戦になりましたよ~」とお味報告メールが届き、ほっと一安心。またつくろうという気持ちがかき立てられました。

他にも楽しいことがいろいろありました。消防車に乗り消防士の服装を着て記念撮影をするコーナーや、ストローと竹串だけで音階の出せる楽器をつくるコーナー、さらにはビニールを彩り豊かに仕上げてステキな服装をつくるコーナーなど、子どもたちに絶対「帰りたい」と言わせない(笑)くらいの楽しい仕掛けが満載。参加も出店者も一日のんびり過ごせるイベントに、親子で笑いが止まりませんでした。

 

食べ物コーナーでも、趣味で天然酵母パンやクッキーをつくっている地元の方の販売や、今日限定のスパムバーガーやグリーンカレーなど、一日中いい香りが途絶えませんでした。朝からの辛い仕込みの疲れも吹き飛ぶくらい売れ行きは好調だったそうです。出店の方たちからの「みんなで祭りを盛り上げて自分たちも楽しもう」という熱気が会場内にムンムン! このイベントは出店者と参加者が一体になれるお祭りだと、毎年参加するたびに感じます。

 毎年10月の最後の週末あたりに開催するお祭りなので、来年は是非チェックして行ってみてくださいね。

 

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく