宮前平・電車とバスの博物館に子どもと行ってきました!
東急線の電車やバスの運転ができる「電車とバスの博物館」へ、ママ友&キッズたちと行ってきました。たくさんのシミュレータがあり、子どもから大人まで楽しめる博物館は、平日とは思えない盛況ぶりでした。(text、photo:大西香織)

「電車とバスの博物館」は東急田園都市線宮崎台駅すぐのところにあります。「たのしいところだよ~」とお友達から聞いていましたが、乗り物に興味を待ち始めた2歳の息子の喜ぶ姿を見られるかなと楽しみに同世代のお友達6人と一緒に行ってきました。

 

 

宮崎台駅改札口の目の前に博物館のアプローチがあり、雨にぬれずに行かれるので子連れにはうれしい限りです。

 

 

入館料は大人100円、子ども50円、6歳以下無料と、なんとも良心的なお値段! 入館券は本物の自動改札に通して入ります。子どもたちはここからうきうきです。

 

 

まずはパノラマシアターへ。

 

HOゲージ模型はリアルに再現してあり、子どもたちはガラスにぺたんと顔をくっつけて行きかう電車をきょろきょろ。それまでのおしゃべりはぴたっとやんでみんなくぎづけになっていました。

 

シミュレータのできる電車やバスは、どこも順番待ちです。電車のシミュレータには指導の方がいて、丁寧に運転方法を教えてくれました。

 

2歳児たちはママにだっこで一緒に運転してみました。一駅ずつの交代で発車から加速、減速、停止まで。モニターで走行風景がたのしめるので、まるで本当に運転しているみたいです。

 

途中、指導の方から「ここまでギアをあげて」「ひとつさげて」と声がかかります。

 

一人で座れないので子どものお供のつもりでしたが、こうしたら次回はもっと上手に運転できるかなとあれこれ考えていて私のほうがはまってしまいそうです。

 

終わってすぐに並ぶ子たちもたくさん。みんな乗り物好きなんですね。

 

 

玉電の中は休憩コーナーになっていて、みんなで持ってきたおにぎりをたべました。電車の中でのお昼は子どもも大人もなんだか遠足気分。

 

 

「電車とバスの博物館」は、たくさんのシミュレータがあり実際の操作ができるので、電車が好きな子なら一日いても飽きないでしょうね。はまってしまうお父さん、お母さんも多そうです。また、おむつ替え台や授乳室があるので子ども、赤ちゃん連れの方も安心してたっぷり遊べますよ。我が家もリピーターになりそうです。

 

Information

電車とバスの博物館

住所: 神奈川県横浜市川崎市宮前区宮崎2-10-12

→Google Mapで見る

電話: 044-861-6787

開館時間: 平日・土曜10:00~17:00、日曜・祝日9:30~17:00

休館日: 月曜日

URL http://

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく