バレンタインは野菜トリュフで  〜はなおの気ままでずぼらなレシピVol.7
こんにちは。「はなお」こと末吉真由華です。最近あちこちで梅の便りが届いています。外の風は冷たいけど、サイクリング途中、息子とあちこちで春を探しています。先日は菜の花畑を見つけました。いい香りでした。春はもうすぐそこですね。(Text:末吉真由華)

 

 

さて、今回のやさしいおやつは、まもなくやってくるバレンタインのプレゼントにぴったりのトリュフです。チョコをいっさい使用していないのに、食感はまさにとろけるトリュフ! 種明かしすると、ねっとりとした舌ざわりが特徴の里芋ペーストを使うんです。ヘルシーだし、子どもたちにもうけあいです。

 

材料(およそ8個分)

ゆでた里芋         100g

(小さくカットして蒸気の上がった蒸し器で10分程度蒸す)

ココアパウダー       大さじ1

砂糖            大さじ2

豆乳または水        大さじ1

刻んだクルミやアーモンド  大さじ1

好みでラム酒か梅酒     小さじ1

ココアパウダー、ココナッツフレーク、粉砂糖など  適宜

 

つくりかた

(1) ゆでた里芋は熱いうちにマッシュする。舌ざわりが気になる人は、ブレンダーなどでピューレにする。熱いうちにココアパウダー、砂糖を入れてよく混ぜ、豆乳、ナッツ、好みでラム酒を加えてさらに混ぜる。

※注意※

生地は耳たぶくらいの固さが理想です。里芋の水分量が違うので、豆乳は少しずつ加えてください(水より豆乳のほうがコクのあるトリュフになります)。

(2) (1)を耐熱容器に入れ、予熱した160度オーブンの中段で15分ほど焼く。

(3) (2)のあら熱がとれたらスプーンで8等分にして手で丸め、ココアやココナッツフレーク、粉砂糖などをまぶしてできあがり。

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー
タグ

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく