リッチなクッキーでお友達に感謝を〜はなおの気ままでずぼらなレシピVol.8
3月は桃の節句と啓蟄、そして桜の便りとともにお別れと出会いの季節を迎えます。来年度からいよいよ幼稚園デビューをする息子。私の生活も少し変化がありそうです。今からとても楽しみです。
さて、今日のやさしいおやつは、ちょっとリッチなプレゼントクッキーです。ナッツをたっぷり使ったフロランタンというバターお菓子を、乳製品や卵不使用で作ってみました。お世話になった方への贈り物にぴったりのおすすめレシピ。ぜひチャレンジしてみてくださいね。(Text:末吉真由華)

 

材料(およそ30個分)

<A>

薄力粉              大さじ9(約90g)

全粒粉またはアーモンドパウダー  大さじ3(約30g)※

砂糖(顆粒のてんさい糖)      大さじ2(約20g)

→パウダー状の砂糖で代用可能。その場合大さじ1.5

塩                ひとつまみ

油                大さじ2

※全粒粉を混ぜるとサクサク感のあるあっさりした口当たりの生地に、アーモンドパウダーを入れるとコクのあるしっとりした生地に仕上がります。材料が手に入らない場合は同量の薄力粉で代用可能です。

 

<B>

豆乳              大さじ2(水で代用可)

ベーキングパウダー 小さじ1

<C>

砂糖         大さじ5(50g)

油                大さじ2

水                 大さじ2

<D>

粗く刻んだくるみ  大さじ4~5(お好みで)

アーモンドスライス 大さじ4~5(お好みで)

 

つくりかた

(1)  Aの粉類をボールに入れ、泡だて器で混ぜておく。砂糖、塩、油を入れ、生地がポロポロになるまで手でしっかり油を粉になじませる。

 

(2) Bの材料を(1)に一気に入れ、すばやくなじませるように混ぜてまとめる。生地を5ミリの厚さ、15センチの正方形に麺棒でのばす。170度に予熱したオーブンの中段で10分焼く。

 

(3) (2)の焼成後5分くらい経過したタイミングで、キャラメルナッツをつくる。フライパンや鍋に<C>の材料を入れ、砂糖が溶けて材料がグツグツ沸いている状態で焦げ付かないよう鍋をゆすりながら3分ほど煮てカラメルをつくる。

 

(4) 砂糖の色が一段と濃くなり粘りがでてきたら火を止め、<D>のナッツ類を一気に入れてカラメルにからませる。先に焼いていたベース生地の上にナッツを広げて層にし、再び10分焼く。

 

(5) (4)が完全に冷めるまで待ち、2×5センチくらいの大きさにカットしてできあがり。

 

※あまり小さくカットすると、崩れるおそれがあります。

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー
タグ

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく