一芽三葉を摘んで健康長寿を祈る。夏の入口の一日
台風が過ぎて間もなくの7月24日、どんぐり農園では畑と山の整備(草刈り)が行われました。この日もたくさんの会員さんが参加し、子どもたちもあっという間に仲良しになって遊んでいました。(Text:松山ちかこ)

 

草刈りの後は、じゃがいもを掘ることになり、アンデスという品種のかわいいじゃがいもをみんなで集めました。素揚げにするとおいしいのだそう。

 

 

この日は、もう一つ大事な作業が。

「お昼ご飯を食べる平らなスペースがほしい」という要望が出ていたので、ウィズの森の協力により、傾斜になっている場所の整地を行いました。

ウィズの森で出た端材を使って、土台づくりから。木材は主にヒノキや杉。もちろん、国産、無垢材! うーん、贅沢!

 

 

子どもたちもそれぞれに楽しみながら参加していました。

今後はこの同じ端材でテーブルと椅子も作成予定だそう。楽しみです!

 

 

雨が少し心配された空模様のこの日でしたが、涼しい風に吹かれながら気持ちよく作業ができました。

 

次は8月7日(日)に「田んぼの生き物調査」が開催されます。さて、どんな生き物と出逢えますかな〜。

 

http://www.nounimanabu.net/event/event/201107-86.html

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく