原点は楽しさ!ベイビーと英語サークルへ
リポーターの東海林かおりです。5歳と0歳の兄弟を子育て中。久しぶりに小さい子との生活を楽しんでいます。何事にも興味津々な弟君と、久しぶりに赤ちゃん向けのイベントに参加してきました。

この日伺ったのは、お兄ちゃんの時にお世話になった英語サークル、スプラウトキッズ。先生のマリ先生は、宮前区を中心に英語サークルで英語の楽しさを知ってもらいたい! と活躍中です。小学校でもレッスンを行っており、ブログでのぞくそのレッスンはとても楽しそうで、すぐに参加したくなります。普段は2、3歳のサークルを中心に行っていて、いつもまるでおもちゃ箱のようにワクワクが詰まったレッスンに、ママも一緒にウキウキしてきます。そんなマリ先生の0歳児向けのクラスが立ち上がったと聞いて、さっそく参加してきました。

 

宮前区役所で行われる親子英語サークル「ハイハイベイビー」。0歳のクラスは9時半からの30分。30分という短い時間でも、赤ちゃんたちにとっては、その場に慣れること、新しい仲間、そして英語! と、刺激いっぱいの時間です。時間になるとママたちが集まってきます。

みんなが落ち着いたところでレッスンはスタート。

あくまで、それぞれのペースで。慣れている子は、ママから離れて、どんどん前に。

新参者の弟君は、ママを気にしながら、でもマリ先生も気になる様子で、先生に近寄っていく!

 

 

マリ先生の願いは、お家でも簡単に歌えるような英語に触れてほしい! ということで、毎回英語の歌が流れます。覚えている子は、お手てが動いていましたよ~。ママも簡単な英語で、こどもの名前、この日は旦那さんの名前&ひとついいところを紹介。かおりママもさっそく、My hadsband is gentle,and eat a lot! と紹介です。

それから、先生ご持参の赤ちゃんマン人形を囲んで、簡単なストレッチと、手遊び。

赤ちゃんもママもちょっぴり動きます。

 

 

英語の絵本を読んで、あっという間に30分がたちました!

0歳児がお帰りの準備をしていると、次の時間の1歳児クラスのみんながちらほら集まってきています。

みんな、今日はどんな楽しい時間がはじまるのか、わくわくした顔。

あっという間に時間が流れる英語サークルです。

Information

親子サークルスプラウトキッズ

時間・参加費は年齢ごとに異なります。

8月24日9:30~

9月も数回予定しています。

http://ameblo.jp/sproutkids-m/

東海林 更央莉
この記事を書いた人
東海林更央莉ライター卒業生
山形出身で、元日本語教師、3児の母。森ノオトでは2011年より兄弟の成長と重ねた絵本の連載を続け、妹が増えた今は女子らしい視点が加わり多くの母親の心をつかんでいる。家族の趣味は旅行、食べ歩き、自然のなかで過ごすこと。編集長の中学校時代の同級生でもある。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく