「みんなのお米を守ってね」。どんぐり農園で案山子(かかし)づくりをしました。
どんぐり農園の稲穂もしっかりと実をつけてきました。「早く新米が食べたいな〜」と待ちこがれているのは人間だけではありません。9月10日(土)は、鳥たちからお米を守ってもらえるように、みんなで案山子(かかし)をつくりました。
(text:中島美穂)

台風に備えて束にしておいた稲穂も無事でした。よかった!

 

さあ、案山子づくりを始めましょう。大人も子どもも力を合わせました。事前に事務局の方などが準備や試作をしてくれていたので、作業はスムーズに進みました。

 

こちらは女の子チーム。相談しながら服に模様を描いたり、髪にリボンをつけたり。さすが、おしゃれですね~。

 

楽しそうな子どもたちの様子につられて、思わず大人たちも一体つくり始めました。ポーズをつけて、バットを持たせて……と、子ども以上に夢中です。
完成した案山子には、ちゃんと名前をつけてプロフィールも考えました。

 

こちらは、どんぐり農園のイチローならぬハチローです。バットを握ってお米を守ります。背番号はもちろん88。(米という字を分解すると、八十八になりますね)

 

素敵な笑顔のハンサムボーイは、にっこり君。お掃除好きな彼の手には熊出が握られています。

 

女の子たちが一生懸命つくったのは、りんごちゃんです。リボンとネックレスがよく似合うおしゃれさん。好きな食べ物はりんごとプリンなんですって。

 

一週間前につくられたものと合わせて6体の案山子が田んぼに立てられました。自然への感謝と豊かな恵みへの祈りがこめられた案山子さん、私たちの田んぼを守ってね!

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく