アーティスト日比野克彦さん監修の『空の芸術祭』が、若葉台団地で開催されています!!
私たち家族は昨年から始まった『空の教室』というアートイベントに参加させてもらっています。アーティストの日比野克彦さんが、青葉台からバスで20分ほどのところにある若葉台団地の中学校跡地で、「空」をテーマに開催しているイベントです。9月23日から10月2日まで、若葉台団地全体を使っての展示やワークショップがあるということで、ワクワクしながら若葉台へ向かいました。(text:湊光代)

私たちが若葉台団地の憩いの場、ショッピングタウンに到着すると、まず目に飛び込んできたのはコレ。

団地のベランダがピンク!ピンク!ピンク!

「うわぁぁぁぁぁ!!!」

若葉台に着いて早速、私も夫も息子も思わず声が出てしまいました。14階まであるベランダがピンクに染まり、なぜか周りにいる全員が笑顔。ピンクって人をHappyにするんですね。白いシーツだと特に何とも思わないのに、色を変えるだけでこんなにも日常風景が人の心動かすということを知りました。やられたーっ、これがアートの力なのかって感じです。

 

 

このピンクのシーツは五十嵐靖晃さんの「いろほし」という作品で、2カ月近くかけて団地の住人の方々と一緒にシーツをピンクに染め800世帯のベランダに干す。1枚、また1枚と増えるごとに新たな風景を生み出すという試みです。若葉台団地の住人がみんなこの「空の芸術祭」に参加しているのですね。

空にはためく日比野克彦さんの作品「五大元素」と、絶妙にマッチしていました。

「かつてブータンに行ったときに感じた空の近さ、雲の動きを感じるブータンの記憶がまだ新しい時に若葉台を訪れ、空が近い感じがブータンと似ていると思った。そして横浜若葉台が日本とブータンをつなぐ拠点とならないかと考えた」

そう話す日比野克彦さん。

そう、たしかに近い!

電線が無いため空が広く、空がこちらに迫ってくるようにも感じます。

『空の芸術祭』のテーマはHappiness(幸福)。

2011年、今幸せな暮らしはどこにあるのか?

Happinessをどう築き上げていくのか?

 

幸せな暮らしを提唱し造られた、高層住宅が立ち並ぶ横浜若葉台。
Happinessを求めてGNH(国民総幸福量)を憲法に盛り込んだ、高い空にある国ブータン。
この二つを、時空を超えて「空」でつなげて「Happiness」を考えてみる。

 

 

 

ということでブータンカラーの赤、青、白、緑、黄の旗がたくさん飾られています。この旗は「ルンタ」といい、ブータンでは魔除けと祈りの旗として掲げるそうです。この「ルンタ」をたどって行くと、各展示会場にたどり着くようになっています。広い敷地の若葉台団地ですが、旗に描かれた願い事を見ながら、迷うことなく巡ることができました。

 

ブータンから招いた作家シャンペルさんの版画で、私たちもルンタを作ることができました。初めての版画に2歳の息子も興味津々。おそるおそる緊張して布を上げていました。

 

小さな女の子は「ルンタ」に願い事をかいています。

 

これは、若葉台小学校4年生の作品。ペットボトルで作った鳥が風で揺れて飛んでいるようでした。鳥が苦手な私もこの鳥は可愛かったなぁ。

 

若葉台小学校6年生の作品。息子とお友だちの女の子、「きれ~、きれ~」とペットボトルの風車に夢中です。

 

そしてオープニングセレモニーで若葉台の空に龍が舞いました。

 

佐藤悠さんと子どもたちが作った大小の龍はブータンの雷龍ドゥルック白と、若葉台の空の青を現していて、偶然にも龍の出現と共に曇り空から一転、青く美しい空が現れました。

 

 

人生でこんなにも空を見上げることがあっただろうか。

空を見て、風を感じて、ブータンを思う。

そしてHappinessを考えてみました。

幸福な暮らし?

それはよく分からないけれど、この日、私たちはたくさんの方々、たくさんのアートに触れ、楽しく幸せな時間を過ごすことができました。横浜若葉台って、とっても素敵なところです。

空の芸術祭の開催は2011年9月23日から10月2日まで。日によってイベント内容が異なります。

Information

横浜トリエンナーレ2011連携プログラム

空の芸術祭 ブータンからのHappinessなメッセージ

会期:2011年9月23日(祝)~2011年10月2日(日)

会場:若葉台団地(横浜市旭区若葉台)

アクセス:青葉台駅、十日市場駅、長津田駅から直通バスあり。「若葉台中央」下車、ショッピングセンターに案内所「スカイルーム」があります。

  • ※日比野克彦さんの描いた空の絵を鑑賞する、「ベランダからの空の絵」鑑賞ツアーは先着5名。事前予約可能。

詳細は……

http://sky-wakabadai.com/

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく