兄と弟の絵本棚 vol.3 『どうぶつランド(ほるぷのプレイブッキー)』
みなさま、あけましておめでとうございます。5歳と1歳の兄弟を子育て中のかおりママです。我が家の小さな宝物、弟くんも1歳3カ月になりました。2012年1冊目の絵本をご紹介いたします。

年末年始、おうちで過ごす時間が多く、絵本にふれる機会もいつもより多い期間でしたね。

 

最近弟くんが、毎日欠かさず手にする絵本は、こちら。いくつもの面白い絵本を出している、五味太郎さんの絵本です。

これは、絵本??というくらい、大きな絵本!!

弟くんは、実際には自分で広げられず、いつも誰かを呼んでは広げてもらっています。床におすわりした弟くんと同じくらいの大きさの本なのです。

そして自分をくるんと取り囲むように大きく広げては、真中に座って、それだけでもご機嫌。おなかの中を思い出すのかしら?

 

 

 

そして絵本遊びのはじまりです。

とんとんとん

絵本をノックしては、のぞきこむお母さんやお兄ちゃんに、ぺこりぺこりとお辞儀を返してみたり。

ばいばい

と手を振ってみたり。

ちょうど発達してきたことばとジェスチャーもたくみにつかって、たくさん遊べます。

 

この絵本『どうぶつランド』にはたくさんの動物がいますが、弟くんは、いまは猫と犬と、とりくらいしか、知らないかもしれません。絵本に出てくる動物と遊ぶのは、まだ先のお楽しみ。

 

 

まだまだ1歳。

ですが、これから先数年間活躍間違いなしの絵本です。

気になったら、ぜひお年玉を足し合わせて、おうちに置いてみてくださいね。

Information

著者:五味太郎

発売:ほるぷ出版

発売日:20089

価格:7350

http://www.holpkodomotoshokan.com/product/9

(大型絵本)

 

東海林 更央莉
この記事を書いた人
東海林更央莉ライター
山形出身で、元日本語教師、3児の母。森ノオトでは2011年より兄弟の成長と重ねた絵本の連載を続け、妹が増えた今は女子らしい視点が加わり多くの母親の心をつかんでいる。家族の趣味は旅行、食べ歩き、自然のなかで過ごすこと。編集長の中学校時代の同級生でもある。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく