かおりのこども弁当DIARY Vol.2…6月 “3色”彩りお弁当
6月に入り、息子の通う幼稚園ではお弁当参観日というのがありました。お友達といすを運び、机にお昼ごはんの準備をし、みんなで手を合わせて「いただきます」。なんとも微笑ましい姿でした。小さな箱の中にお母さんの愛がいっぱい詰まったお弁当、お友達のお弁当も見せていただきましたが、カラフルでおいしそうなものばかりでした。(text、photo:大西香織)

幼稚園にも慣れ、お弁当にも慣れ、毎日完食なので、量をすこし増やそうかと思っていましたが、参観日に、お友達とのおしゃべりでなかなか手のすすまない息子を見て、増やすのはまだまだ先だなと思いました。

 

引き続き、おにぎりとおかず、野菜のおかず、フルーツの構成でつくっています。

 

私がお弁当を作るうえで大切にしていること。それは彩りと味のバランスです。

赤、黄、緑などお弁当箱をあけて、ぱっと目にとびこんでくる色が3色あるときれいに見えます。のりの黒、ごはんの白だって一色になります。でもあまりにもさびしい時は、カップをカラーのものにしたり、ピックをさしたりちょっとした工夫で彩りのよいお弁当に。

 

お弁当は味のしっかりとしているものの方がおいしく感じます。でも、全部しょうゆ味、塩味ではあきてしまいます。おにぎりはほんのり塩味なので、おかずはすこし甘みのあるものも入れるようにしています。これからの季節はすこし酸っぱいものもいいかもしれませんね。いろいろな味があったほうが食もすすむように思います。

ちりめんじゃこおにぎり、黒糖大学芋、マカロニ豆サラダ、プチトマトのスイートバルサミコ

 

水菜のおにぎり、鶏のから揚げスイートチリ和え、ブロッコリーの塩ゆで、かぼちゃの煮物、プチトマト

 

ゆかりじゃこおにぎり、とうふのステーキ、小松菜のおひたし、プチトマトとスモークチーズ

 

鮭ごまおにぎり、えびとブロッコリーのハーブ炒め、ハッシュドポテト、マカロニ

 

肉みそおにぎり、ゆかりの卵焼き、ブロッコリーのごま和え、長芋の素焼き、にんじんグラッセ

 

にんじんおにぎり、肉団子とプチトマトピクルス、ローズマリーポテト

 

ゆかりごまおにぎり、豚肉と水菜の味噌だれ、さつまいもとりんごのレモン煮、いちご

 

 

■レシピ…黒糖大学芋

揚げものはおっくうになりがち。まして朝から揚げるのは大変です。揚げずに炒めて出来上がりまで20分。甘いおかずに困ったら、ぜひつくってみてください。おやつにもなりますよ。

 

<材料>

さつまいも      1本

オリーブオイル 大さじ2

黒糖            大さじ1

しょうゆ        小さじ1/2

黒ごま          小さじ1/2

 

<つくり方>

(1) さつまいもは1センチ角の拍子切りにする。水にさらしてから、水気をよくふきとる。

(2) フライパンを熱し、オリーブオイルを入れる。切ったさつまいもを入れ、中火で火が通るまで10分ぐらい炒める。

(3) 黒糖としょうゆを加え、からめる。黒ごまを加え、かるく混ぜたらできあがり。

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく