近場で楽しめる水遊びスポット、王禅寺ふるさと公園
海にプールに、夏休みのレジャーを満喫している方も多いのではないでしょうか。パパのいないウィークデイ、ママが子どもと気軽に出かけられる近場の水遊びスポットがあると嬉しいですよね。この夏私たち親子が何度も訪れているお気に入りの公園をご紹介します。(Text:中島美穂)

 

川崎市麻生区にある王禅寺ふるさと公園は多摩丘陵の豊かな自然を生かしてつくられています。木々が生い茂り、体を思いっきり動かして遊べる遊具や自然林の中の散策道などがあり、四季を通じて大人も子どもも楽しめる公園です。

夏場、子どもたちに大人気なのが緑の合間をぬって流れる小川です。自然の岩が用いられ小さな滝まであって、まるで山間の川の上流のよう。大人の足首ほどの浅さの水は丘の上から蛇行して流れ、公園入口の池に注ぎ込みます。多摩川をイメージしてつくられたというこの小川が、今の時季、子どもにもってこいの水遊びスポットになります。水量は豊富でよどみなく流れ、きれいです。

子どもってどうしてこんなに水が好きなんでしょうね!

 

真っ黒に日焼けした子どもたちが滝から流れ落ちる水を肩に受けたり、寝そべったり、思い思いに楽しんでみんないい笑顔! うちの4歳の次女はせっせとバケツに水をくんでは運び、7歳の長女はお友達と石を積み上げダムをつくり、年齢によっても遊び方が違っていて、見ているだけで子どもの成長を感じます。何時間も夢中で、水だけでこんなにも遊びが広がるなんて。子どもって本当に遊びの天才です。

 

思いっきり遊ぶならもちろん水着で! 足下はごろごろした石があるので、裸足よりもビーチサンダルなどがオススメです。

 

小川の周りには木々が枝を伸ばし、子どもたちを日差しから優しく守ってくれます。木陰でお弁当を広げても暑さもさほど感じません。時折風がふけば心地よく、まるで大自然の中にいるようです。

 

森ノオトではこれまでも、川崎市宮前区のカッパーク鷺沼や、横浜市緑区の四季の森公園など、気軽に楽しめる身近な水遊びスポットをご紹介してきました。夏休みの間、お子さんと一緒に出かけてみてはいかがでしょうか。

**DATA**

王禅寺ふるさと公園

住所:川崎市麻生区王禅寺528-1

Google Mapで見る

アクセス:東急田園都市線たまプラーザ駅・溝の口駅から柿生駅ゆきバス「梨の木団地入口」下車すぐ

あざみ野駅から新百合ケ丘ゆきバス「裏門坂」下車徒歩2分
小田急線柿生駅から王禅寺方面ゆきバス「裏門坂」下車徒歩2分 など

有料駐車場あり

TEL:044-954-0505(麻生区役所道路公園センター)

入園料:無料

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく