おいしいお持ち帰りを!あざみ野に『コマデリ』オープン
こんにちは、森ノオトリポーター大西香織です。あざみ野駅からのんびり歩いて10分ほどのところにお弁当屋さん『コマデリ』がオープン。3月21日にはお披露目マーケットも開催すると聞き、でかけてきました。(text、photo:大西香織)

コマデリではアグロスつちの里の大橋二郎さんの有機米を使用

森ノオトの連載「農と食をつなぐ熱血報告」が大好評の小池一美さんがおひとりで切り盛りしている『コマデリ』はあざみ野駅南口から徒歩約10分弱、あざみ野アートフォーラムの先の角を一本入ったところにあります。

 

のぼりをめがけていくと、楽しそうなにぎわいが見えてきました。

お披露目マーケット開催中!

鴨志田で人気の「フラメシ」やあざみ野駅前の「Taco-nomi」の系列店で、両店のメニューの仕込みをするセントラルキッチンでもある『コマデリ』では、お弁当やどんぶりもののテイクアウトのお弁当が常に8〜9種類。ガパオライスやエビたっぷりのカレー、ラタ丼、旨煮丼など、どれも魅力的なお弁当が並んでいます。

 

要となる食材にはこだわり、さらにすべて手作りで仕上げているのが小池さんのこだわり。

 

お米はアグロスつちの里・大橋二郎さんの有機米で、神奈川県の推奨米でもありお弁当にあう「里じまん」という品種の七分搗きごはんを使っています。

 

野菜は以前取材をされた有機農業をされている麻生区の高松京子さんのものなど、小池さんのネットワークで仕入れているものを使うことが多いそう。

 

また、どのお弁当にも飲み物つきでウーロン茶、お茶、コーヒーからひとつ好きなものが選べるのもうれしいポイント。ケータリングやロケ弁も手がけていて、事前に注文しておけば地域は限られますが、配達をしてくれるそうです。小さなお子さんのいるママランチにも利用しやすそうですね。

マーケットでは、その場でつくってくれるスムージーやアルコールも

コマデリは昨年11月にオープンしていたそうですが、大々的なお披露目はこの日とのこと、今回は「コマ企画第一弾 お披露目マーケット」としてお店の前に野菜やナチュラルスウィーツにオーラソーマのミニコーナーまで、ところせましと8店舗がでていました。

 

出店者は青葉区内に限らず、ご縁のあった方に参加してもらっていて、「出会いのきっかけの場として利用してもらえるとうれしい」(小池さん)とのことでした。

この日がデビューだったLuna Flumeさんのオーラソーマリーディング

綾瀬の麻の葉さん、テンぺ入りみそふかしまんじゅう

売上の一部を被災者支援にしているFEELINGさんのハンドメイド小物

「コマデリのコマは独楽をまわすように、半径1キロの人と地域をつないでいく。また、小間という意味でもあり、今回のマーケットのような小さなスペースを共有する意味も込められているんですよ」と小池さんは店名の由来を話してくれました。

いつも笑顔いっぱいの小池さん

今回コマ企画第一弾としてマーケットを開催しましたが、ワークショップなども企画していきたいとのこと。小さな楽しいことがたくさん、あざみ野でも始まりそうです。コマデリでどんな独楽がまわるのか今からとても楽しみです。

Information

COMA-DELI(コマデリ)

住所: 横浜市青葉区あざみ野南1-16-8 大谷ビル1階

TEL: 070-6462-4121

営業時間: 11:00〜14:00

※当日10:00までの連絡で弁当の配達可能。また注文も承ります。夜の配達希望は応相談

定休日:土日

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく