エコ活してますか?  あおば発エコ大作戦「エコライフチェックシート」
梅雨明けから一気に暑くなりました。近年、夏の気温の高さには閉口してしまいますね。猛暑にゲリラ豪雨。これも地球温暖化の影響!? 肌身で感じた時がエコ活の始め時かもしれません。まずはあおば発エコ大作戦実行委員会が考案、作成した「エコライフチェックシート」で、暮らしの省エネ度をチェックしてみませんか?(Text:中島美穂)

詳しいチェック項目は青葉区のポータルサイト「あおばみん」で

 

「エコライフチェックシート」は、日々の行動の中でどれくらい省エネに気をつけているかをチェックして、CO2削減量を知ることができる青葉区発の取り組みです。

考案、作成し、普及啓発に努めているのは、横浜市青葉区「あおばエコ大作戦実行委員会」。2008年の市民講座をきっかけに集まったメンバーで立ち上げ、エコライフチェックシートの普及啓発活動や、小学生のためのエコキャンプの実施など、環境をテーマにした活動を続けてきました。その実績が認められ、2012年度「第20回横浜環境活動実践賞 市民の部」を受賞しています。

実行委員長の加茂千津子さんは、青葉区民会議の代表も務めるなど、区民活動をリードしてきた方。「あおばエコ大作戦のような活動は地道に継続していくことこそが大切」という加茂さんの言葉には、実績に裏打ちされた重みを感じます。

私は、先日、森ノオト主催の「あおばECOアカデミー」に参加してくださった加茂さんに初めてお会いしたのですが、いわば森ノオトの先輩ともいえる方たちの存在を知り、とてもありがたく感じました。

もちろん、私もエコライフチェックシートで自分の省エネ度をチェックしてみました。青葉区のポータルサイト「あおばみん」で参加登録を行ない、スタート。京都議定書の温室効果ガス排出量の削減目標マイナス6%から算出された目安、1日1000gのCO2削減を目指します。

「冷房の温度設定を28℃にする」「使わない電化製品の主電源はオフに」「お風呂の残り湯を洗濯に使用する」など、54項目について自分の行動を振り返りながらクリックすると、グラフのCO2削減値が伸びていきます。

私はなんとか目標達成! ほっとする反面、「ずっと考えていた省エネタイプの冷蔵庫買い替えがまだできていないな」とか「日頃の自動車運転、ちょっと乱暴かも」という反省点も見えました。

インターネットで気軽に参加でき、日頃つい忘れてしまいがちな自身の行動に気づける点がとてもよかったです。

子ども版エコライフチェックシートもあるので、夏休みにお子さんと一緒にトライしてみるのはいかがでしょうか。省エネや地球温暖化について家族で考えるよいきっかけになるかもしれません。

 

また、あおば発エコ大作戦実行委員会が、青葉区との協働で開催する「小学生のためのエコ・デイキャンプ」が、8月17日(土)青葉区くろがね青少年野外活動センターで行なわれます。手づくりソーラークッカーでつくるむし卵と薪で調理した焼きそばでのランチ、エコクイズなど、楽しくエコについて学べる機会です。夏休みの自由研究にもぴったりですね。締切りは7月20日(土)。お早めにお申し込みください。

Information

エコライフチェックシートは、青葉区のポータルサイト「あおばみん」から

http://aoba-portal.net/

第2回青葉区クールアース講座「小学生のためのエコ・デイキャンプ2013」

日時:8月17日(土) 10:00〜16:00 受付9:30〜

会場:くろがね青少年野外活動センター(横浜市青葉区鉄町1380)

対象:小学生30人(保護者は同伴できます)

参加費:700円(材料費、焼きそば材料、保険代を含む)

持ち物:飲み物、軍手、タオル ※暑さ対策は各自で

申込み: (1)住所、(2)氏名・ふりがなつき(保護者同伴の場合は親の氏名も)、(3)学年、(4)性別、(5)電話番号を明記の上、青葉区役所企画調整係

E-mail:ao-eco@city.yokohama.jpまで。

締切り:7月20日(土) ※多数抽選

問合せ:あおば学校支援ネットワーク/あおば発エコ大作戦実行委員会

TEL 070-6974-0184

青葉区役所企画調整係 TEL 045-978-2216

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく