森のリポーターのハミガキ粉特集
前回弾丸で行われたリアルな森ノオトリポーターたちのカバンの中身の記事が人気だったので、シリーズ化しちゃおうってことで始まった、ミーハー企画第2弾! 今回は森ノオトのリポーターたちがいつも愛用しているハミガキ粉を特集してみました♪

前回、大人気だった記事「森ノオトリポーターのカバンの中身、のぞいてみちゃいました!」。モノから暮らしのこだわりが垣間みられて、とても面白い……ということで、生活用品にもかなりこだわりのある森のリポーターたちに、今日は愛用しているハミガキ粉を持参してきてもらいました!

ドラッグストアではあまり見かけないようなハミガキ粉の数々!

 

左から(1)生活クラブハミガキ、(2)オーロメア(フレッシュミント)、(3)パックス石けんハミガキ、(4)ヒマラヤハーバル、(5)ねんどのハミガキ、(6)ナスハミガキクロ、(7)EMせっけんハミガキ、(8)Con Cool

 

(1) 生活クラブハミガキ

中島美穂さんと、新人エースのながたに睦子さんが長年愛用しているという生活クラブのハミガキ粉。生産者は環境問題への取り組みに定評があるヱスケー石鹸(株)さん。ハミガキ粉の成分によく使われている発泡剤(合成界面活性剤)が無添加なので、歯みがきの後も味が変わらないそうです。必要最小限の原料だけでつくられた生活クラブこだわりのハミガキ粉なのですね。そしてなんといってもお財布にうれしい価格! 生活クラブ組合員じゃなくても、アマゾンでも購入できるみたいですよ!

http://www2.seikatsuclub.coop/s-jiten/search_consumptation.result.php?cons_id=2992

 

(2) オーロメア(フレッシュミント)

こちらは私、ピリカが長年愛用しているハミガキ粉。天然ホワイトニング効果のあるインドハーブのニームをはじめ、植物繊維の樹皮、根、花などの植物成分が21種類配合されているそうです。インドで生産されているこのハミガキ粉。インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」の思考のもと作られています。後味もよく、辛すぎないやさしいミントもお気に入りです。海外のオーガニックを中心とした日用品や食材を扱っているiHerbというサイトで時々まとめて購入しています。他のハミガキ粉も色々と試しましたが、やっぱり私はやっぱりこれに戻ります。海外製品ならではのオシャレなパッケージもお気に入りです!

http://www.iherb.com?rcode=GCH626

 

(3) パックス石けんハミガキ

森ノオトのエースでしっかり者の松岡美和ちゃんが愛用しているという、パックス石けんハミガキ。美和ちゃんといえば、洗濯機を使わなかったり、お豆腐を手づくりしちゃったり……の、シンプルライフの実践者。ハミガキ粉も使ってないのでは……と、思っていたら、案の定! 一応持ってはいるけれけど、時々リフレッシュしたいときにだけ、ちょこっとつける程度だそう。こちらは植物油脂を原料とした石けんをベースに、ハッカとユーカリのオイルが配合されていて、もちろん界面活性剤もフリー。最低限の原料でつくられたハミガキ粉です。生産会社は「地球と人に優しい、安心安全な製品づくり」をモットーにしている太陽油脂(株)さん。ホームページをのぞくと、ナチュラルスーパーで見かけるおなじみの製品がずらりとありました。

http://www.taiyo-yushi.co.jp

 

(4) ヒマラヤハーバル

バイオリニストの升本理央さん御用達のハミガキ粉で、こちらもオーロメア同様、インドのアーユルヴェーダに基づいて作らているそうです。抗菌作用や歯を白くする効果があるといわれているインドハーブのニームと、歯茎にいいといわれているザクロが配合されているんだとか。もちろん発泡剤や合成色素、フッ素は無添加。日本では取り扱いがなく、私も利用しているiHerbで購入しているとのこと。

じつはこちらのハミガキ粉は我が家の旦那さんが愛用しています! 私も使ったことがあるのですが、ニームの苦みがすこし苦手で結局オーロメアに戻ってしまったんですけどね……。でも購入時に入ってくる紙のパッケージがとってもかわいくて、捨てるのがもったいないくらいでしたよ。チューブもきれいなグリーンにキャップが赤という、日本の製品では見かけない配色で! 海外製品のいいところは暮らしがたのしくなるようなパッケージのかわいさにもありますよね!

http://www.iherb.com?rcode=GCH626

 

(5) ねんどのハミガキ

ええ?! ねんど?! と思われる方も多いのではないでしょうか。このハミガキ粉はオーガニックスーパーなどでよく見かけますが、ねんど=土というイメージで、それを口に入れるのはちょっと……とためらってしまい、気にはなりつつもずっと手をださずにいたハミガキ粉です。そのねんどのハミガキ粉を10年来愛用しているのは、森ノオト編集長のキタハラマドカ氏! 途中、安いの、オシャレなの、色々試しているけれども、最終的にこのハミガキ粉に戻るのだそう。モンモリロナイトという粘土を主成分にしていて、研磨剤、発泡剤なし。とてもやわらかい口当たりでティートリーのさわやかな香りと、粘土の吸着力で歯がツルツルになるのだそうです。

http://www.bodyclay.info

 

(6) ナスハミガキクロ

こちらは切り絵作家、イラストレーター、そして大好評だった連載「琥珀の子 電気のおはなし」でおなじみ、梅原昭子さん愛用、ナスの黒焼き配合のハミガキ粉!合成界面活性剤、サッカリン、防腐剤は使用せず、飲み込んでしまっても安心の素材なんだとか。昔からナスの黒焼きは歯槽膿漏や歯痛などの口内トラブルに民間療法で使われてきたそうです。ハミガキの機能としては申し分ないのですが、いかんせん色が黒いそう! もちろん歯が真っ黒になることはありませんが、ハミガキ最中はなかなか面白いことになるそうですよ(笑)。気になりますね。いつか使ってみたい!

http://www.nasuhamigaki.jp

 

(7) EMせっけんハミガキ

森ノオトの古株リポーター、湊光代さんが愛用しているEMせっけんハミガキ。こちらは長年、無添加の石けんを作り続けてきたシャボン玉石けん(株)さんのもの。EMは乳酸菌や酵母などの善玉菌の集合体で、人や環境にとっていい働きをしてくれる微生物と言われています。合成界面活性剤、サッカリン、防腐剤は無添加。辛すぎないペパーミント味だそうです。

https://www.shabon.com/shop/products/view/2860

 

(8) Con Cool

そして最後はこちら! 最近森のリポーターメンバーに仲間入りした山川紋さんの愛用品です。ここまでドラッグストアではなかなか見かけないような自然派アイテムがならびましたが、ポピュラーな製品を愛用している人だって森ノオトにはいるんですよ! 研磨剤や発泡剤は無添加とのことですが、自然派アイテム好きの私としては、フッ素やキシリトールが含まれているのはちょっと気になります。でも実際、オーガニック好きの間での言説って、本当はどうなんでしょうか? 意外と何の成分がどうよくて、一方ではよくないというのは説明できなかったり、詳細までは知らなかったりします。なんとなく、オーガニックスーパーで売ってるし……という判断基準になりがちなんですよね! ここは今回あらためて気がついたところで、私の今後の課題かもしれません。

http://www.weltecnet.co.jp/products/concool/concoolf.php

 

(9) ハミガキ粉なし

え?! まじ?! と、驚いた方も多いかもしれませんが、そうなんです。森ノオトにはこういう人もいるんですよね! 石けんなしライフ、洗剤なしライフにつづき、長年ハミガキ粉なしライフを実践しているのは松山ちかこさん。信頼している歯医者さんのすすめで使わなくなったのだとか。ハミガキ粉を使わなくても、慣れれば意外と虫歯&口臭も気にならないのだとか! たしかに、わがやの娘4歳もハミガキ粉を使っていませんけど、とくに虫歯も口臭も今のところはないですね。本来、使わなくてもいいものなのかも?!

……それにしても、いろんなハミガキ粉がありますね!

どれもこれも気になるものばかり。使わないっていうのもとても気になります!

みなさんはどんなハミガキ粉を使っていますか?

 

高山 えりか
この記事を書いた人
高山えりかデザイナー
森ノオトの花形デザイナーでおしゃれ番長。キャッチーなデザイン、キュートなイラストは見る人の心を鷲掴みに。写真の腕前も相当なもので、Instagramで発信する愛犬とのユーモラスな生活にファンも多い。料理、お酒、キャンプ、インテリア、ハワイが大好き。北海道出身で愛称は「ピリカ」。
カテゴリー
タグ