9月のコマデリ/予約割スタート!もっとお徳にコマデリ ランチBOXを利用しよう!
みなさん、こんにちは! 小池一美です。いつもは森ノオトリポーターとして、マルシェ情報などを担当していますが、今回はコマデリ店主として「9月のコマデリ」を案内させていただくことになりました♪ テーマは「コマデリのお徳な利用法」。どうぞお付き合いください。

青葉区周辺をフィールドに、お弁当の移動販売をしているコマデリの「走る!ロコキッチン」。天井に芝生が生えたキッチンカーは、もはやコマデリの代名詞的存在です。

 

その相棒のおかげで「この前この車見かけたわよー」「面白い車ですね」「あ!芝生が生えてるっ!」とお客様とのコミュニケーションが生まれています。

 

信号待ちをしている時にすら、おじさんが駆け寄ってきて「この車で何売ってるの?」と声を掛けられることも!

 

さて、キッチンカーとともに、コマデリの大切なアイテムはロコ(地元)の食材です。

 

コマデリでは、青葉区産、横浜市産、神奈川県産のロコ食材を使ったお弁当づくりをしています。

 

実はお客さんからいただいて最もうれしい言葉は「野菜がおいしい」「お米がおいしい」ということです。

 

それは、コマデリのお弁当の主役はロコの食材だから。

 

お米は、青葉区寺家町アグロスつちの里大橋さんの有機栽培米(「里じまん」七分づき)と、緑区十日市場の佐藤農園さんの特別栽培米(はえぬき)を使用しています。

 

青葉区のオアシス寺家町で農薬や化学肥料に頼らない野菜や米づくりをしているアグロスつちの里の大橋さん

 

主に月・木・金は大橋さん、火・水は佐藤さんのお米を炊いています。

 

緑区十日市場町で何百年も代々百姓を続けている佐藤さん。「特別栽培農産物」の認証を受けて野菜や米を栽培している。お米は2011年に皇室献上米に選定された

 

横浜市の水田面積は、市の面積のたった0.5パーセント。これをお米に換算すると、横浜市民370万人の2日分にも満たないそうです。そんな横浜産のお米は、市場に出回ることがなく、なかなか手に入らないと言われているため、実は幻のお米といえます。

 

その貴重なお米を、おふたりの農家さんご協力のもと、ありがたく使わせていただいています。

 

そんな“ロコ米”が食べられるコマデリのお弁当を紹介しましょう。

 

ランチBOXは3種類。すべて690円(税込)で、おかずのみの販売(200円引き)もしています。

 

【自家製塩糀を神奈川県産の豚肉に漬け込んでソテーした「塩ブタBOX」】

瀬谷区の川口糀店の糀(佐藤さんのお米を使用!)で仕込んだコマデリ自家製塩糀に漬け込んだ神奈川県産豚肉のソテー。香り高く、とってもジューシー♪

 

【ルーから手づくりで動物性食品不使用の「コマロコカレー」】

手づくりのルーに使っている、目に見えない生姜・ニンニク・玉ねぎ・人参もすべてロコ野菜! 具は旬の野菜を使うので、食べる度に印象が変わるかも

【旬のロコ食材を使った「週替りBOX」】

もっとも旬がわかるメニュー。そのときにしか食べられない旬の短いものをできるだけ取り入れるようにしている

 

このほか、鶏ガラでしっかり引いたスープにロコ食材がたくさん入った「コマロコスープ」レギュラーサイズ210円、ラージサイズ310円もご用意しています。

お惣菜として、利用するお客様も多い

 

さて、このコマデリのお弁当をお徳に利用できるコト、ご存知ですか?

 

【その1】マイスプーン、マイはしご利用でお弁当もスープもそれぞれ10円引き!

 

【その2】スープとセットで30円引き!

 

たとえば、塩ブタBOX+コマロコスープ(レギュラーサイズ)セットをマイスプーン割引で利用すると……

 

塩ブタBOX680円+コマロコスープ200円?セット割引30円=850円になるのです!

 

さらにさらに! 9月からコマデリはもっとお徳にご利用できるようになりました。それは「予約割!」

 

コマデリは一つひとつできたてをご提供するため、どうしてもお時間をいただくことに。そこで、できるだけお客様にスムーズにお弁当をお渡しできるように予約割引をはじめました。

 

当日11時までに電話予約(070-6462-4121)をすると、お弁当が30円引きになります。

 

つまり、コマロコカレーを電話予約+マイスプーンのご利用で、通常690円が650円になるのです!

 

お待ちいただくことなく、更にお徳になるコマデリの「予約割」をぜひご利用ください!

 

さて、コマデリはフェイスブックをしています。

 

「今月のコマデリ」では語りつくせない、様々な情報を日々UPDATEしていますのでぜひご覧ください。フェイスブックをされていない方でもご覧いただけます。

https://www.facebook.com/comadeli

 

9月の爽やかな風に乗って、今月もコマデリカーは地元青葉区周辺を駆け抜けます! どうぞよろしくお願いします。

 

<コマデリ出店場所(基本出店時間 11:00-14:00)>

月:青葉台駅前郵便局(青葉台) 横浜市青葉区青葉台2-3-4

火:佐藤農園「野彩家」(十日市場) 横浜市十日市場町819-10

水:美しが丘四郵便局(たまプラーザ) 横浜市青葉区美しが丘4-1-32

木:ハックベリー美しが丘店(たまプラーザ) 横浜市青葉区美しが丘西3-65-3

金:ウィズの森(青葉台) 横浜市青葉区さつきが丘5-1

<9月のコマデリイベント出店情報>

9月6日(土) HAPPY青葉台 桜台フェス

場所:横浜市青葉区桜台25-1

https://www.facebook.com/events/890031907678218/?fref=ts

9月28日(日) みなとみらい農家朝市

場所:高島中央公園(横浜市西区みなとみらい5-1 マリノスタウン向かい)

http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/nousan/tisantisyo/kau/nouka-asaichi.html

Information

走る!ロコキッチン

COMA=DELI(コマデリ)

〒227-0045 横浜市青葉区若草台10-8

TEL 070-6462-4121

E-mail comadeli@yahoo.co.jp

コマデリFacebookページ

https://www.facebook.com/comadeli

※ 10:00-13:00のお弁当の宅配も可能です(配送料を別途1500円いただきます)

※ 合計10,000円以上のご注文で、17:00以降の企業給食やケータリングにも対応します

小池 一美
この記事を書いた人
小池一美ライター
横浜市青葉区出身。森ノオトのリポーター、走る!ロコキッチン「コマデリ」、焼き菓子販売「トミーヤミー」の3本柱で地元と関わりながら暮らしている。AGRUの小川穣さんとのユニット「labo2(ラボラボ)」では、食の素材と地域を楽しむ活動を展開中。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく