1月のコマデリ/「コマロコ恵方巻」を食べて“福”を招こう♪
みなさん、こんにちは! コマデリ店主の小池一美です。冬本番ですね。寒い毎日ですが元気にお過ごしでしょうか。
2月3日は節分。コマデリでは、地元ロコ素材だけでつくる「コマロコ恵方巻」を予約限定販売します。なんとコマデリの看板商品、塩ブタを恵方巻きにしてしまいました! 今年はいつもと違う、オリジナル恵方巻で“福”を招きませんか♪

2015年が明けて半月が過ぎました。思えば昨年のハロウィンからイベントがチェーンのように続いています。ハロウィン→クリスマス→お正月。そして節分が2月3日にあります。

節分といえば……恵方巻! コマデリも一昨年、昨年に引き続き、今年も販売します!

その名も「コマロコ恵方巻」。

もちろん地元のロコ素材だけ、でつくります。しかも今年は、コマデリの看板商品「塩ブタ」を巻いちゃいました!

「塩ブタの海苔巻き?」とおもう方もいるかもしれませんが、試作を重ねた結果、美味しい仕上がりとなりました。ぜひお試しくださいね♪

塩ブタと一緒にクルクルと“福を巻き込む”素材は、小松菜・人参・玉子焼き・金ゴマです。

小松菜は、ゴマ油でナムルにして、塩ブタを引き立てます。

人参は塩茹でにして、やさしい食感に色味をプラス。

玉子焼きは、甘さをあえて控えめにして、全体のバランスをとりました。

金ゴマは、風味、ビジュアルと味のアクセントに加えました。

仕入れた各素材で、地元の農家さんにご協力いただきました。

小松菜→ファームG&Rさん(都筑区)

 

横浜は小松菜の名産地

 

人参→アグロスつちの里大橋さん(青葉区・寺家町)

 

通常のコマデリのお弁当のお米は大橋さんが生産

 

卵→平本養鶏場さん(都筑区・東方町)

 

地元で安心な卵が手に入るのは心強い

 

金ゴマ→角田農園さん(都筑区・川和町)

ごはん→佐藤農園さん(緑区・十日市場町)

 

毎週火曜日に佐藤さんの直売所・野彩家でコマデリ出店中

 

海苔→神奈川県漁業共同組合連合会(かながわブランド)

神奈川県で海苔が作られていることは、意外と知られていない。

 

ちなみに塩ブタで使っている豚肉は神奈川県産。一緒に炒めている玉ねぎは、青葉グリーファームさんから仕入れた神奈川県内産です。

見事にロコ(地元)素材で出来た「コマロコ恵方巻」は1本590円(税込)。

 

サイズは太さ約50mm、長さ約200mm。ほんの少し醤油をつけて食べるとより一層、豊かな風味が口にひろがる

 

2015年2月1日〜3日に限定予約販売します。3日前まで予約受付いたします。

お引渡し場所と時間は以下の通りです。

2015年2月1日(日)コマデリハウス(青葉区鴨志田町818-3)13:00-18:00

2015年2月2日(月)青葉台駅前郵便局(青葉区青葉台2-3-4)11:00-14:00

2015年2月3日(火)佐藤農園「野彩家」(緑区十日市場町819-10) 11:00-14:00

なお、時間帯によりましては、3本以上のご利用で無料配達します。詳細はどうぞお気軽にお問い合わせください。

予約&問い合わせ TEL 070-6462-4121(小池) MAIL [email protected]

みなさまのご利用を心よりお待ちしています!

Information

<コマデリ出店場所(出店時間 11:00-14:00)>

月:青葉台駅前郵便局(青葉台) 横浜市青葉区青葉台2-3-4

火:佐藤農園「野彩家」(十日市場) 横浜市十日市場町819-10

水:横浜美しが丘四郵便局(たまプラーザ) 横浜市青葉区美しが丘4-1-32

木:ハックベリー美しが丘店(美しが丘西) 横浜市青葉区美しが丘西3-65-3

小池 一美
この記事を書いた人
小池一美ライター
横浜市青葉区出身。森ノオトのリポーター、走る!ロコキッチン「コマデリ」、焼き菓子販売「トミーヤミー」の3本柱で地元と関わりながら暮らしている。AGRUの小川穣さんとのユニット「labo2(ラボラボ)」では、食の素材と地域を楽しむ活動を展開中。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく