視覚に障害がある人とない人が共にアートをシェア! 「アートなピクニック」
横浜市民ギャラリーあざみ野が企画展にあわせて定期的におこなっている「アートなピクニック」。視覚に障がいがある人もない人も一緒になってアートを楽しむ鑑賞会です。たくさんの方に知ってもらって、ぜひ一度参加して体験して欲しい。そんな素敵なプログラムを紹介します。

横浜市民ギャラリーあざみ野では、年間を通じて様々な企画展をおこなっています。その内容は様々で、足を運んだことのある方は多いとおもいます。リポーター小池も「次はどんな企画展があるのかな」と興味を持ってチェックしているひとりです。

その企画展にあわせて年に3回ほど「アートなピクニック」がおこなわれていることはご存知でしょうか。このプログラムは、視覚への障がいのあるなしに関わらず、共にアートを楽しむ鑑賞会です。

小池は以前から興味があったものの、スケジュールが合わなかったり、申し込んだものの悪天候で中止になってしまったりして、なかなか参加できずにいました。そしてこのたび、森ノオトの取材者として参加してきました。

今回ピクニック(観賞)したのは、世界中を旅する写真家・石川直樹氏の個展『石川直樹 NEW MAP 世界を見に行く』。石川氏が15年撮り続けてきた作品の足跡をたどる展覧会です(2月22日で会期終了しています)。

 

ピクニックにでかける前に、ウォームアップ。視覚障害者もそうでない者も、緊張感をほぐす大切な時間

 

ピクニックにでかける前に、視覚障がい者2名を含む参加者13名が集まって自己紹介をしたり、歓談をしてコミュニケーションをとりました。

たしかに、視覚に障がいがある方にとって、どんな人たちが参加しているのか、グループの空気感を知ることは、とても大切な要素です。視覚障がい者の方は「見えない人は、写真の中にある“光”を感じ取りたいから、写真がどのように光をキャッチしているのか知りたい」と話してくれました。

晴眼者(視覚障がい者側からみた、視覚に障がいのない人のこと)にとっても、どのように伝えると視覚障がい者が作品をイメージしやすいのか聞くことで、伝える側のイメージを膨らますことができました。

 

いざ、アートなピクニックに出発!

 

そしていよいよ、2つのグループにわかれてピクニックに出発!

実際に、石川氏の独特な感性で切り取られた写真を目の前にすると、どのように説明をすればよいのか、晴眼者のみなさん頭の中が真っ白の様子……。

 

言葉で説明しにくい写真が次々と出てくる

 

 

一所懸命説明する晴眼者と、それを一所懸命に理解しようとする視覚障がい者

 

すると視覚障がい者の方から

「一度目を閉じて、開いた時の印象を伝えてほしい」

「見たものの表現は感情だから、言葉のテクニックは必要ないよ」

などとアドバイスをもらいながら、晴眼者は写真について説明をしていきました。

晴眼者は、写真について説明をしながら、新たな視点を見出したり、他の人の説明を聞くことで、主観に加えて客観視もしながら、さまざまな角度で作品を観賞するようになっていました。

はじめはみんな緊張気味だったけれど、徐々に笑顔が生まれ、自由な表現でアートをピクニックすること90分。あっという間に時間は過ぎていきました。

視覚に障がいがある人もない人も、作品に抱く印象は千差万別。表現やイメージに正解はありません。いわば、アートはバリアフリーなコンテンツだと思いました。

 

2つのグループに分かれて、自由な表現で作品について語り合う

 

ピクニックを終えて、参加者全員で感想を述べ合いました。

初参加の視覚障がい者の女性は「有意義な時間だった。勇気を出して外へ出てきてよかった」と、とても充実した表情で感想を述べていました。

視覚障がい者が一歩外へ踏み出す勇気……言葉で言うほど簡単ではありません。実際、横浜市民ギャラリーあざみ野の河上さんは「視覚障がい者の参加が増えないのがこの企画の課題」と話していました。

一方、晴眼者からも様々な意見が。

「見えない人に説明をするのは難しい」

「こんなに写真を懸命にみたのは初めて!」

「自分がアートの中に何を見ているのか、検証できた」

 

大きな写真から小さな写真まで、石川氏の過去の作品を俯瞰できる貴重な企画展だった

 

皆さんの感想を聞きながら、この「アートなピクニック」は、視覚障がい者と晴眼者が共にアートに接することによってうまれた、素敵な“アートシェア”だ、と感じました。

「伝えたいことを伝えられないもどかしさもあったと思いますが、何回も参加することで上達しますよ」(横浜市民ギャラリーあざみ野 佐藤さん)

……どうやらこのプログラムは、プレゼンテーション力も身につけられそうです。

とても深くて素敵な世界が開ける「アートなピクニック」。今後も永く続けてもらいたいプログラムです。ちなみに次回は10月に開催予定だそうです。

 

 

hitomi’s point

 「アートなピクニック」に取材者として参加して思ったことは、贅沢なアート観賞だったなぁ……ということです。どの点かといえば、声を出して、いろんな意見を交わしながら観賞できたこと。通常なら、「お静かに」と学芸員の方に注意させてしまうでしょう。そして、普段なら、アートを鑑賞したあとに意見を述べ合うのが常。そうすると、どうしても記憶が抜け落ちる部分が生まれてしまいます。このプログラムなら、感じたことをリアルタイムで言葉にして、皆でシェアできる! と思いました。今度は取材者ではなく、一参加者として「アートシェア」したいと思います。

Information

■横浜市民ギャラリーあざみ野のHP

http://artazamino.jp/

■現在ワタリウム美術館にて開催中の石川直樹氏の展覧会

http://www.watarium.co.jp/exhibition/1501ishikawa_nara/index.html

小池 一美
この記事を書いた人
小池一美ライター
横浜市青葉区出身。森ノオトのリポーター、走る!ロコキッチン「コマデリ」、焼き菓子販売「トミーヤミー」の3本柱で地元と関わりながら暮らしている。AGRUの小川穣さんとのユニット「labo2(ラボラボ)」では、食の素材と地域を楽しむ活動を展開中。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく