古くて新しい暮らしをつくる!エコストーブづくりワークショップ
自ら手を動かして、火のある暮らしを取り戻してもらおうと、第1回目のエコストーブづくりワークショップをおこないました。みんなにこにこ、とっても楽しくておいしい会となりました。当日の様子をレポートします。(写真/梅原昭子、佐藤健)

この日は小雨ちらつく灰色の空模様でしたが、近頃話題になっているエコストーブをつくろうと、ご近所の方から遠くは鎌倉、千葉からも参加者が続々集まって、会場となったエスポワール松風台は熱気むんむん。かんたんなレクチャーを終え、工作がはじまると、みんな真剣です。大人が汗をかきかき、慣れない作業に取り組む姿に愛おしさすら覚えました。

 

金切りはさみで、まっすぐ切るのがなかなか難しいのです

金切りはさみで、まっすぐ切るのがなかなか難しいのです

 

相性ばっちり父娘チーム。かなづちで切り口のゆがみを直しています

相性ばっちり父娘チーム。かなづちで切り口のゆがみを直しています

 

様子を見に来たこどもたち。一番おチビさんがお父さんと初めての電動ドリルに挑戦!

様子を見に来たこどもたち。一番おチビさんがお父さんと初めての電動ドリルに挑戦!

 

途中、エコストーブの使い方、火のつけ方レクチャーを挟んで、作業すること約2時間。15台のエコストーブが完成しました。人数が多いため、想定していた時間をちょっとオーバーしてバタバタしてしまいましたが、参加者の方からは「自分で作れて嬉しい!」「思い通りには切れないけど、はさみの使い方のコツをつかんだら、あとの作業は以外と簡単だった」「思ったより簡単な構造でびっくりした」といった声が多く寄せられました。

 

また、「隣の人と教えあったりして仲間意識も芽生えた」「人生が変わった!?」なんて声も。

そして、作業のあとはお楽しみのごはんの時間です。よそったごはんが埋まるほどの「ごはんのお供」が勢揃い。梅干し、海苔、漬物、昆布といった定番ものから、蕗味噌、古式醤油をかけて食べるくるみ、佐渡産だというギンバソウの佃煮、そして焼き豚やブリ大根……デザートのパウンドケーキまで! オーナーさんの畑で育った野菜たっぷりの豚汁とともに、お腹いっぱいいただきました!

 

どれもこれも食べたい。取り放題バイキング状態のおひるごはん

どれもこれも食べたい。取り放題バイキング状態のおひるごはん

 

メインの羽釜ごはんが見えない〜〜おかわり必須です

メインの羽釜ごはんが見えない〜〜おかわり必須です

 

今回は20リットルの寸胴鍋いっぱいの豚汁と、羽釜2つ、全部で15合の米を炊いて、使用した薪は2束。

 

足りるかなと少し心配して用意していた4束の半分で済みました。燃えかすや灰もほとんどなくて、これだけの人のお腹と心を満たしてくれるとは……! ほんとうに優れもののエコストーブなのでした。

 

今後もエコストーブde羽釜ごはんプロジェクトの活動を要チェック!

 

みんなで朝ごはんを食べる会や、手づくりワークショップを開催していきます。

Information

エコストーブde朝ごはん

日時 3/22(日)8:30-11:00

場所 カフェシュロ

(小田急線読売ランド前駅下車徒歩1分 川崎市多摩区西生田1-20-1)

定員 20名ほど

参加費 大人600円、こども300円

持ち物 軍手、ごはんのお供、マイはし、茶碗、お椀

申込み produce.plusf@gmail.com

facebookページ www.facebook.com/ecostove.project?

梅原 昭子
この記事を書いた人
梅原昭子理事/事務局長/ライター
難しいものをおもしろく、かたいものをやわらかく翻訳し、絵で表現できる編集者。市民電力会社「たまプラーザぶんぶん電力」の社長になってしまうが、エネルギーの世界にも飄々とたゆたう視点で、こんがらがった世界を解きほぐす。アートユニット「WAKUSEI/ワクセイ」として縦横無尽に活動中。
カテゴリー