地域を耕す母さんVol.5 D.I.Yレディ!エスポワール松風台オーナー・土志田祐子さんインタビュー
お話ししている時の印象もとても穏やかで、清楚なイメージなのに、とにかくなんでも気になったら体が動いているタイプ。「亥年なので、猪突猛進なんです」と笑う
土志田祐子さんは、昨年森ノオトがおこなった「エコDIYまちづくりプロジェクト」のすべての講座に参加し、KUMIKIprojectプロデュースのものづくり教室「CABIN」にも通うアクティブなDIYスーパーレディ! ふんわりやさしい雰囲気を放ちながら、実はすごい巻き込み力で地域を耕してきた大先輩です。

土志田祐子さんは、青葉区で4人のお子さんを育て上げたお母さん。青葉台の賃貸マンション「エスポワール松風台」のオーナーであり、田奈小学校の放課後キッズクラブを運営する「NPO田奈コミュニティーサポート」理事長でもあります。昨年、森ノオトの正会員にもなってくださって、お互いのコミュニティが混じりあい、様々に縁が広がっています。

 

エスポワール松風台では、2014年11月に行われたKUMIKIプロジェクトとのコラボ「はじめてのDIYリノベ体験!ハリハリ&ヌリヌリ大作戦」を皮切りに、第一回目の「エコストーブづくりワークショップ」の会場として、ヨガやtricccoの会場として集会室を開放し、住民の方だけでなく外部の方も参加して交流できる魅力的なイベントが定期的に開かれるようになりました。

 

それ以前は、管理会社の方にお任せで、住民との接点がほとんどなかったのですが、カスタムメイドできる賃貸住宅を提供して有名になった青木純さんの話を聞いて開眼し、空室D.I.Yや集会所での住民コミュニティづくりの試みを始めたそうです。今後は、tricccoと合わせて、みなづき珈琲もやってきたりと、楽しい企画を考えているようです。

リノベーション会場となった部屋は、プロの手を借りながらご自身で少しずつ手を入れて、現在は洗面所D.I.Yリノベに挑戦中。今年中にはいよいよ貸し出しにもチャレンジするそうなので、青葉台に住みたいファミリーは要チェックですよ!

リノベーション会場となった部屋は、プロの手を借りながらご自身で少しずつ手を入れて、現在は洗面所D.I.Yリノベに挑戦中。今年中にはいよいよ貸し出しにもチャレンジするそうなので、青葉台に住みたいファミリーは要チェックですよ!

 

壁紙を張り替えて、分電盤を木のケースで覆ったら、シックな雰囲気に大変身!

壁紙を張り替えて、分電盤を木のケースで覆ったら、シックな雰囲気に大変身!

土志田さんは、大学卒業後すぐに結婚し、20-30代は4人のお子さんの子育てに明け暮れました。末の息子さんが小学校4年生の時、PTA会長になったのをきっかけに地域活動に深く関わるようになったそうです。以来、15年以上、田奈小学校、田奈中学校の教育環境の改善や、子どもの居場所作りに関わり続けています。その間一時期「生活クラブの個別配送がはじまってからは運搬の仕事もしていました」というから驚きです。不動産業も全く素人の状態から引き継ぐことになり、最近では介護も……と、休むことなくはたらいてきました。

お話ししている時の印象もとても穏やかで、清楚なイメージなのに、とにかくなんでも気になったら体が動いているタイプ。「亥年なので、猪突猛進なんです」と笑う

お話ししている時の印象もとても穏やかで、清楚なイメージなのに、とにかくなんでも気になったら体が動いているタイプ。「亥年なので、猪突猛進なんです」と笑う

PTA会長だった当時は、今と違って生徒が増えすぎて校舎が足りない状況だったので、署名を集めて市に持っていき新校舎を建ててもらった経験が小学校時代、中学校時代と2度もあるそうです。「大変だったけれど、PTAに関わることで地域社会とつながって、今でも付き合いの続くお友達にも出会えてよかった」と語る姿に、子育てに一生懸命で知性も行動力もあるママたちがたどった無数の道のりを想像した私です。

キッズクラブの運営主体がNPOになってから5年。生活状況が様々に異なる子どもたちのためにどう対応し、運営していこうかと、悩みはつきない

キッズクラブの運営主体がNPOになってから5年。生活状況が様々に異なる子どもたちのためにどう対応し、運営していこうかと、悩みはつきない

ご主人のご先祖様にあたる本家の土志田清兵衛さんは、田奈小学校をつくった方として知られています。田奈小学校は今年6月で創立143年を迎える区内でも最も古い歴史を持つ学校で、当時(明治の始め頃)、教育の必要性を感じた清兵衛さんは、小学校のための土地を提供しました。女子教育のためには「お針田(おはりだ)」といって、田んぼの収入で家庭科の先生を雇うというシステムの導入もすすめました。

 

東急電鉄の創業者、五島慶太さんが、田奈・長津田エリアまで鉄道をひきたいと訪ねてこられた時に了承したのは、ご主人のおじいさま、清助さんだったそうで、田園都市線沿線に住むわたしたちは、知らぬ間に清兵衛さんや清助さんの恩恵を受けているとも言えますね。そんな流れもあってか、もともと田奈周辺では地域で学校を守るという思想が根付いているそうです。

 

土志田さんはお嫁さんとして、たまたま旧家に嫁いだわけですが、会社勤めのご主人の代わりに、地域のためにはたらく役割をどんと引き継ぎ、やりぬいてきたのだなあと感動しました。最近はご主人も、地域に目を向け始めたそうで、これからまた、田奈小、エスポワール松風台、それぞれにどんなコミュニティが育まれていくのか、森ノオトと一緒につくっていくことも増えそうで、楽しみです。

Information
  • エスポワール松風台のDIYルームが気になった方はこちらへ

http://espoirmkd.exblog.jp

集会室でのイベント、DIYの進捗状況などはFBページでご覧になれます。

https://ja-jp.facebook.com/espoir.matukazedai

土志田清兵衛さんが気になった方はこちら

http://kyoudoshinokai.web.fc2.com/ijin.html

梅原 昭子
この記事を書いた人
梅原昭子理事/事務局長/ライター
難しいものをおもしろく、かたいものをやわらかく翻訳し、絵で表現できる編集者。市民電力会社「たまプラーザぶんぶん電力」の社長になってしまうが、エネルギーの世界にも飄々とたゆたう視点で、こんがらがった世界を解きほぐす。アートユニット「WAKUSEI/ワクセイ」として縦横無尽に活動中。
カテゴリー