9/8(日)公園愛護会は楽しい!公園さんぽ&愛護会体験
フラワーダイアログあおば9月のプログラムでは、藤が丘公園を会場に、プロの造園家とともに公園の植物散歩をして、公園や愛護会について、再発見し、より深く楽しむ体験ができます。土木事務所の職員さんも来てくださる予定です!

フラワーダイアログあおば9月のプログラムでは、藤が丘公園を会場に、プロの造園家とともに公園の植物散歩をして、公園や愛護会について、再発見し、より深く楽しむ体験ができます。

そして、森ノオトで緑といえばこの人!

各地での樹木さんぽが実は大好評でじわじわファンを増やしている庭の持田園の持田智彦さんから、花や緑を学び、土木事務所の方から公園管理の基本を学べる本格野外講座です!

愛護会活動の基本、草木の手入れも共にやります!青葉区を公園から楽しくしたい、花や緑に詳しくなりたい、まちに緑を増やしたい、そんな方のご参加をお待ちしています。講座後には、ランチしながら藤が丘公園愛護会の方々とのリアルな交流も楽しんでいただけます。

 

下見と打ち合わせの一コマ。わからないこと、知りたいことの情報交換をして、当日の段取りを決めていきます

 

講師の持田さんの話を聞きながら公園を巡ると、自分だけの時より3倍楽しいです。

それを元に、家に帰って図鑑を調べたら、あれもこれも薬草として使えるのか〜!と尽きない発見がありました。そして、なんとなくの手入れから、意味を理解して手入れできるようになる楽しさ。ここはガンガン切って良いとか、全部を切らずにダメなところだけ取り除けばOKとか、これは食べられる、これは毒あり!など、自然と付き合うための学びがたくさん詰まっています。

 

集合場所は、チラシには愛護会ロッカー前とありますが、公園内の池の側にある、あずまやに変更します。ここは木陰で涼しいです

 

この辺りの自然を手入れせずにそのまま放置するとどうなっていくか?なんて話も聞けますので、自分とこの公園じゃないから知らん!と言わずに、来て見て体験してください。

参加者に出されたmissionを、当日無事クリアできるかどうかも楽しみの一つです。

今のところ、申し込みいただいているのは大人だけですが、自然が好きなら小学生でも大丈夫ではないかと思います。親子参加もできます。

 

講師の持田智彦さんプロフィール
川崎市高津区にある造園会社、庭乃持田園の3代目社長。緑の空間を「つくる」「そだてる」「まもる」」仕事に加えて、緑の空間や樹木の魅力を「伝える」活動にも力を注いでいる。樹木医、一級造園施工管理技士等の資格をもち、一級造園技能士、日本庭園協会 神奈川県支部監事他、多数の団体に所属。

Information

日時:201998日(日)9:30-13:00 (12:00からランチ交流会)

会場:藤が丘公園 東急田園都市線「藤が丘」駅徒歩4

集合場所:愛護会ロッカー前(園内の池の近く)

持ち物:弁当、水筒、タオル、帽子、軍手、雨の場合はカッパなどの雨具

日よけと虫除けのため長袖長ズボン推奨

参加費:無料

申し込み:参加者全員の氏名、申込者の住所、メールアドレス、電話番号を明記の上、event@morinooto.jpにへお申し込みください。

尚、小雨決行・荒天延期としていますが、当日の開催可否については7:30までに参加者の方にメールでお伝えします。
小雨で実施する場合は、大きなテントを張って、その下でブルーシートで荷物等を囲って濡れないように、準備し、少し早めの解散をと考えています。

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく