ありがとう、と喜んでくれる笑顔のために。 デイサービス「ツクイ横浜鴨志田」を訪ねました。
デイサービスのツクイ横浜鴨志田は「ありがとう」と人が喜ぶ、その笑顔を大切にする場所でした。ツクイの中の笑顔だけにとどまらず、ツクイの周りにある地域の中でも、人と人がつながり多世代で地域や人を支えあうことの大切さを私に教えてくれました。

青葉区鴨志田町の中心にある鴨志田中央交差点近く、「デイサービス・機能訓練」と書かれた緑の看板を目にしたことはあるでしょうか?

 

ツクイ横浜鴨志田は日帰りの介護サービスを提供するデイサービスの施設です。2015年にオープンして以来、今年で5年目を迎え、スタッフ約35名、専門的知識を備えた7職種のスタッフがそれぞれの役割をこなし、毎日たくさんのお客様を迎えます。

テキパキと仕事をこなしつつも、いつも温かな笑顔で見守るスタッフ

森ノオトで毎月開かれている「かもしだ小さなマーケット」のご縁でつながったツクイ横浜鴨志田の管理者・矢田翔太さんの話に興味を持った私は、ツクイ横浜鴨志田を知りたいと思い、初めてデイサービスの施設を訪れました。

 

2019年、創業50周年を迎えたツクイは全国に680カ所を超える事業所を持つ、介護サービスの企業です。ツクイ横浜鴨志田とは、一体どんなところなのでしょうか?

 

デイサービスの一日。

お客様は、午前9時半に送迎バスでツクイ横浜鴨志田に到着したら、体温や血圧などを測り今日の体調をまずチェックします。

お客様が食事や個別機能訓練、レクリエーション、趣味の活動などをして過ごす、窓の多い明るく広々としたスペース

体調チェックの後、入浴や個別機能訓練、レクリエーションなどをそれぞれ順番にしていくのですが、中でも入浴はデイサービスを利用する目的の大きな一つだそうです。ツクイでは浴槽も何種類かのタイプがあり、車いすの方も含め、できるだけどなたでも入浴できるようになっています。

 

個別機能訓練は、作業療法士や柔道整復師、看護師のもと5名ずつほどで行います。少人数な上に、ポールや運動器具も揃っており、整理整頓されていていいなと、私は思いました。

「お客様ができないことができるようになる姿を見たり、ありがとう、と喜ぶ笑顔を見ると私も元気をもらえます」と、作業療法士の堀内裕子さん。お客様と同じ目線になるようにしゃがんで話しかけられているのが印象的でした

 

お昼の時間になると、事業所内でつくられた温かいできたてのごはんが出されます。ツクイでは食事に力を入れており、管理栄養士のもと食事を楽しめるように彩りなどの見た目もよく考えられ、ボリュームも充分で「ここに来ればしっかりごはんが食べることができる」と感じていただけることを大切にしているそうです。

 

年中無休のツクイでは元旦にはお正月用のメニューなど季節にあわせたものが用意されているそうで、うれしい心遣いだなと、私は感じました。

ツクイ横浜鴨志田がオープンした時からある「セレクトバイキング」は毎日実施され、主菜二品のうち1品、小鉢6品のうち3品を選べます

一緒にご飯を食べたりゲームをしたり、そんなまわりの人との交流もツクイに来られる方々の楽しみの一つで、毎週顔をあわせるなかで親しくなり、友だちと会うのを楽しみに通われる方も多いそうです。

午後の時間ではトランプやぬりえ、絵手紙、おしゃべりなどを和やかに楽しまれていました

空いた時間には脳トレ体操やラジオ体操をしたり「三百六十五歩のマーチ」を流して皆で歩いたり、時には夏祭りやクリスマスなど季節ごとのイベントもあります。以前にした流しそうめんでは、色付きのおそうめんや果物が流れると盛り上がったそうです。

取材に訪れた日のおやつは手作りの杏仁豆腐

おやつをいただいたら午後4時45分にツクイ横浜鴨志田を出発。

それぞれの自宅の玄関まで送り届け、一日は終了です。

 

地域の中の「ツクイ横浜鴨志田」

ツクイ横浜鴨志田の矢田さんに私が初めてお会いしたのは、福祉を地域にひらいていく森ノオトの新しい取り組み「かもしだ小さなマーケット」です。矢田さんはマーケットの一角で、全身の筋肉量や体内のタンパク質などを測定できる最新機器「InBody」の測定検査を提供していました。

 

この「InBody」なるもの、メタボ情報から部位別筋肉バランス、筋肉と脂肪との割合や基礎代謝量までチェックしてくれる優れもので、その結果をもとにダイエットの目標をたてたり、学生時代の身体測定のように楽しんでいる方もいて、マーケットの来訪者に好評です。

体重計のようなものに乗って、親指でバーを握って数分。検査表はお土産にいただけます

私が行った日にはあざみ野にある「青葉さわい病院」から理学療法士さんも来ていて、立ち姿勢の改善点、筋肉のほぐし方など具体的なアドバイスもいただけて、これが無料というので驚きました。

 

「ツクイさんが近くにあることは知っていたけど、訪れる機会もないのでどんな所かよく知りませんでした」と話す私に、矢田さんは「デイサービスがどんなものか?ツクイがどんな場所なのか?知ってもらいたいからこうして直接お会いできる機会をつくっています」と、実際に地域の人たちと顔を合わせるために、事業所から一歩出てかもしだ小さなマーケットに参加していると話してくれました。

 

「子育て世代のママさんたちも、親御さんたちがいつか何かで誰かの手が必要になった時、相談できる場所でありたい」と話す矢田さんの言葉に、確かに私のまわりでも最近は親の介護の話を耳にすることも多くなり、介護も近い将来なのかもと、自分自身を振り返ります。

ツクイ横浜鴨志田が作成した「かもしだ小さなマーケット」のチラシ。
・地域包括支援センターである「鴨志田地域ケアプラザ」
・デイサービス(通所介護)の「ツクイ横浜鴨志田」
・医療機関の「青葉さわい病院」
・地域のお店の物品販売
・NPO法人「森ノオト」

 

 

ツクイ横浜鴨志田をはじめ、地域の中に行政や会社、NPO団体、お店、ボランティア団体などたくさんのコミュニティがあり、皆さんそれぞれにまちへの想いを持ち、活動しています。

 

かもしだ小さなマーケットではさまざまな分野のスペシャリストがつながって、生活相談や健康相談、介護相談など必要とされているサービスを届けようとしています。

 

そして、そのコミュニティが手をつなぎあって、一つの力を二つにして、三つにして、と大きな力となってまちに住む人たちを支えようとしていることに気づきました。そして、人と人がつながり、つながりの輪が多世代に広がる地域であることのすばらしさを、矢田さんの話を聞いて、私は改めて感じました。

 

「これからも鴨志田町の地域の一員として一緒に支えていきたい、そんなツクイ横浜鴨志田でありたい」と矢田さんは話してくれました。

「ありがとう」とお客様から感謝されることがうれしい、「楽しかったよ」と笑顔で喜ばれることがこの仕事の楽しさ、と話す矢田さん

Information

ツクイ横浜鴨志田

 

〒227-0033 横浜市青葉区鴨志田町817-6

東急田園都市線「青葉台駅」より東急バス「中谷都」バス停下車 徒歩30秒

TEL:045-960-5385

FAX:045-960-5386

営業時間:8:30~17:30 年中無休

HP:https://www.tsukui.net/home-care/2629/

新楽 津矢子
この記事を書いた人
新楽 津矢子ライター
横浜市青葉区在住。地元鴨志田を中心に、フリーのヨガインストラクターとして活動中。生きる素は、ヨガ。笑顔の素は、おいしものを食べること、自然を感じること、親しい人と笑いあう時間。エコで丁寧な暮らしを田舎でしたいと思いつつ、身の丈にあうことが一番!と一歩ずつの生活を楽しんでいる。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく