廃食油リサイクル石けん「きなりっこ」のロゴ&パッケージを森ノオトが リニューアルしました。
「きなりっこ」は、川崎市内で集められた廃食油をリサイクルした石けんのシリーズ商品です。もっと多くの方に興味を持って手にとってほしい、そして愛用者の方には変わらず愛着を持てるものにしたい、そんな気持ちを込めて試行錯誤しがら何度も検討を重ねてデザインを提案していきました。

「きなりっこ」シリーズは、洗たくや掃除、食器洗いなどに幅広く使用できる粉石けん、衣類の部分汚れやシルクやウールの手洗いに使えるプリン石けんなどがあり、どれも洗浄力が高くいろいろな場面で使うことができます。

 

限りある資源をリサイクルし有効活用するため、また未来により良い環境を残すため、石けんを使う暮らしを進めようと市民運動から始まった「きなりっこ」、製造元のNPO法人川崎市民石けんプラントは昨年の201911月に30周年を迎えました。

この節目の年に、ロゴマークと容器、パッケージを全面リニューアルしました。

 

板垣が川崎市民石けんプラントへきなりっこの取材に伺ったのが昨年の2月。

そしてタイミングと巡り合わせがやってきて、森ノオトにロゴリニューアルの話をいただき、コンペティションを経て、ロゴからパッケージまで一連のリニューアルデザインを手がけることになりました。

 

全体のまとめ役とイラストレーターとして事務局長の梅原昭子、

パッケージデザインを生業としていた板垣が、デザインを担当しました。

 

私自身、石けんプラントで製品化に至るまでの道のりを伺ったり、生活クラブで使い終わった天ぷら油を回収してもらったり、自分自分も「きなりっこ」を愛用していたり……

製品には思い入れがあったので、こうやって自分の今までの経験を役立てる機会をいただいたことに、心からうれしさを感じています。

 

はじめてのリニューアルでお互い手探り。着地点を探すために何度もやりとりを重ねました。デザインの方向性を「現行品に印象が近いもの」から「全く違う印象を持ったもの」とバリエーションを出したので、理事会でのプレゼンテーションでは意見が分かれた場面がありました。私自身、手仕事感と、新しさと斬新さが強調されたアイデアを押しましたが、最終的には長年商品に携わっているスタッフ、愛用者の思いを大切にしながら決定しました。デザインを選ぶ楽しさあってわくわくしたという声をいただき、頑張って提案してよかったです!

 

それまで使われていたロゴのイメージは、象徴的なグリーンの「円」の中に、泡をモチーフにした要素と、太い明朝体で「きなりっこ」の文字が組まれており、どっしりと落ち着いた大人らしい雰囲気です。

30年使われてきたロゴですから、昔から愛用している方には見慣れた安心感があるデザインになっていたのではないでしょうか。だからこそ、イメージを一新して全く異なったロゴにするより、現行の雰囲気は残しつつ、新しいエッセンスを加えデザインしようと決めました。いかに今まで愛用してきた方もそうでない方も受け入れやすいものにどうするか、という点はとても考えた部分の一つです。

 

また「きなりっこ」という音の響きのようなかわいらしさと、あたたかみ、実直さを出すこと、記憶に残るような印象的なものにしたいと考えました。

 

モチーフを決める時、キーワードとして浮かんできた言葉が、循環・地球・途切れのない・続いていく・水面・シャボン玉……自然との調和「和」・活動が広がっていく「輪」……

それらをイメージさせるエレメントは「まる」だ!と方向性を決め、デザインに取りかかりました。

 

以前のロゴに「まる」が印象的に使われていたこともモチーフに決めた理由一つ。ロゴのデザインはいろいろな方向性のものを何十案と制作し、それから15案ほどに絞り込んで提案しました

 

ロゴは最終的には2案まで絞り込まれ、石けんプラントの関係者の方々、また多くの愛用者の意見を聞き、シンプルでわかりやすい「シャボン玉」をモチーフにしたロゴマークが選ばれました。以前の雰囲気を残しつつ、有機的で可愛らしい要素を加え親近感を感じさせる、と愛用者の方の好評を得たそう。

 

決定したロゴ

パッケージには、泡や葉などをモチーフにした有機的なパターンがレイアウトされたものが採用され、はなやかになりました。今まで3つの製品の新パッケージができあがりましたが、これから少しずつ他のアイテムに展開していく予定です。新しいパッケージは、リニューアル前の在庫が終了次第切り替わっていくとのことです。

 

裏面の使い方のイラストもリニューアル。きなりっこを使って楽しく暮らすファミリーをイメージして、イラストレーターでもある梅原が担当しました

 

製品は、生活クラブで定期的に販売されていますし、川崎市内の店舗でも売られています。

板垣は、昨年の台所や換気扇の大掃除を「きなりっこ」ひとつですべて終えました。びっくりするほど落ちてピカピカになったので、ぜひ他の方にも使って頂きたいです。

まずはキッチン&クリーンのボトルが気軽で使いやすいかもしれません。

 

以前取材した「きなりっこ」の記事には、成り立ちから商品の使い方まで紹介していますので、ご覧ください。

Information

 NPO法人川崎市民石けんプラント

住所:神奈川県川崎市川崎区塩浜2-21-3

URLhttp://kinarikko.kazekusa.jp/

アクセス:JR川崎駅より臨港バス塩浜二丁目行き、大師高校前下車徒歩約5分

休み:土・日・祭日・夏休み、年末年始休みあり

 オンラインショップ http://kinarikko.kazekusa.jp

 取扱い店舗一覧

一部記載。詳しくはホームページをご覧ください。

東急ハンズ川崎店・東急ハンズアトレ川崎店・JAセレサ川崎 セレサモス宮前店・JAセレサ川崎 セレサモス麻生店・ゆりストア王禅寺店・ゆりストア百合ヶ丘店など(横浜市でも販売店があります)

板垣 恭子
この記事を書いた人
板垣恭子ライター
静岡県出身で四姉妹の長女。大学卒業後、デザイナーとして働きつつ花屋で修行。現在は子育ての合間に、その経験をいかせるような世界観を目指して制作活動中。森ノオトではジャーナリスト的な一面を見せ、硬派な記事も立派に書き上げる努力家でもある。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく