バッグがなくちゃ始まらない!毎日をともにするエコバッグができました。
みなさん、お気に入りのエコバッグはありますか? 7月から、日本中のいろんなお店で買い物用のビニールバッグが有料になります。脱プラ・脱使い捨てへと暮らしを切り替えるチャンスですね。このタイミングに合わせて、AppliQuéから「私たちが使いたい!」というエコバッグを「初夏の100布ものがたり」フェアとして自信をもってお届けします。

AppliQuéには、全国のあちこちから使わなくなった布地が「寄付」として届きます。柄も、年代も、テイストもバラバラな「寄付布」という素材を相手に、AppliQuéのブランドイメージをつくりあげていくことが、難しくもあり面白くもあり。そんな中で、素材そのものの魅力をダイレクトに伝えたい、と企画したのが、昨秋の100布ものがたり第一弾です。森ノオトの創刊10周年に合わせて、100柄のエコバッグを送り出しました。

 

実にさまざまな色柄テイストがあふれていました。森ノオト主催の「あおばを食べる収穫祭」というリアルイベントで対面販売し、「私のバッグ」を選ぶお客さんの表情には、うれしさがにじんでいたなぁと思い返します。その人らしさを感じるエコバッグ選びを、私も楽しませていただきました。

 

私が選んだのは、この写真の右端のチェック模様のエコバッグでした

 

あれから7カ月。買い物に出かける時はこれ1枚で、あるいは仕事かばんにしのばせて、保育園の送迎もこれをつまんで……と、暮らしの一部として活躍してきました。そして、ジャンル分けできないいろんなAppliQuéエコバッグを、友人知人が使う場面をあちこちで見かけては、あっ使ってる、と小さなうれしさを感じています。

 

●薄いので軽く使いやすい。

●意外とたくさん入る。

●汚れても洗える気軽さ。そしてすぐに乾く。

●自分の選んだ柄にどんどん愛着がわく。

 

こうした理由から、私は1年で換算すると300日くらい使うような生活となりました。

そして、新型コロナウイルスが日本に訪れ、広がり始めたころ、買い物の回数を減らすという暮らしの変化が起こりました。買い物の頻度を減らす→ 一回の買い物の量が増える、という流れで、「いつも使っているバッグには入りきらない」という現象が日々の買い物で頻出しました。

 

この現象は他の人にも現れていて、ある日の森ノオトの事務局ミーティングで、「エコバッグを作るなら、もう少し大ぶりのエコバッグも欲しい」という声が出ました。

 

●柄のAppliQuéエコバッグと合わせて持つには無地がいい。

●たくさん入れるのでマチが欲しい。

●内ポケット希望。

●コンパクトに折りたたみたい。

●肩にかけて歩きやすい形を。

●無地だけだと味気ないので、アクセントを。

 

スタッフ自身が使いたいものを作る、というのがベースにあるので、実際に使うことを想定してAppliQuéマネジャーのゆみこさんが、スタッフから寄せられるアイデア・意見を取りまとめます。そうしてAppliQuéのスタッフが試作を重ねて完成したのがこちら。

 

写真が遠くバックがよく見えませんかね……。詳しくは、こちらの商品ページでご確認を

 

早速、大量の買い物の際に使ってみましたが、肩にかけたときにも安定感があり、実に使いやすい!!

 

色味はレッド、カーキ、ブラウンの3色。どれもくすみのある色合いで、洋服の着こなしも邪魔しない使いやすいカラーです。性別を問わず使えるのもいいですね。

 

タグの部分も試作を重ねた。文字は型から作ったオリジナルで、1点ずつステンシルで手刷りしていているため、文字の濃淡も味がある

 

「捨てるとつくるを楽しくつなぐ」をミッションとするAppliQué。あれ、寄付布はどうした?と鋭い疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。大きいエコバッグの布地は、ある企業から廃棄品を譲り受けたものなのです。AppliQuéのHPを見て、取り組みを知ってくださった企業の担当者の方から、「生地を生かしてもらえませんか?」と問い合わせを受けたのです。こちらも、布地があるだけなので、数には限りがあります。

ハリのある素材で、内ポケットにコンパクトに折りたためる仕様が便利!

無地の大きいエコバッグとは別に、100柄の「100布ものがたり」は、初夏らしい生地をセレクトして発売します。今回は、オンラインショップでの販売が中心となります。オンラインショップでは、テイストごとにカテゴリ分けされているのが特徴で、レトロポップ/ヴィンテージ風/チェック/ストライプ/ボタニカル/みずたま/ワールド/無地 の8カテゴリを用意しました。柄の一部をご紹介しますね。

 

安定感のある無地シリーズ。素材もリネンだったり、コットンだったりさまざま。リメイクパーツを使ってアレンジするのも楽しい

 

さわやかな「チェック」コレクションから

 

「ストライプ」だって表情がさまざま

 

こちらは「レトロポップ」の一部。ユニーク柄をお探しの方はこちらを

 

レトロポップとの境界があいまいな「ビンテージ風」もお宝ぞろい

布好きのAppliQuéスタッフいわく、今どきの手芸店には売っていない布地があるのがAppliQuéの面白さ。この布どこからやってきたんだろう、そんな想像をめぐらせながら、布選びを楽しんでくださいね。きっと暮らしの相棒として活躍することでしょう。

 

AppliQuéと事務局のスタッフに、お気に入りを持ってもらって。さあどれにしよ!

Information

初夏の100布ものがたり

ポケッタブル(レッド・カーキ・ブラウン)…2,500円+tax

定番の形100柄…1,000円+tax

リメイクキット…600円+tax

オンラインサイトはこちら

https://applique.official.ec/categories/2489737

梶田 亜由美
この記事を書いた人
梶田亜由美ライター/スタッフ
2016年から森ノオト事務局に加わり、AppliQuéの立ち上げに携わる。産休、育休を経て復帰し、森ノオトやAppliQuéの広報、編集業務を担当。富山出身の元新聞記者。素朴な自然と本のある場所が好き。一男一女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー
タグ

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく