<こどもつながりろーどまっぷ>小学校ってどんなところ?放課後の居場所もチェック

子どもたちにとっても保護者にとっても、小学校入学はビッグイベントですね。

 

入学前にチェックしておきたいのが、子どもたちの放課後の居場所です。

横浜市では。小学生が放課後を楽しく安全に過ごせる場所として、各小学校に設置されている「放課後キッズクラブ(キッズ)」と、地域で運営されている「放課後児童クラブ(いわゆる「学童保育」)」があります。また民間による学童保育サービスや、障がいのあるお子様や発達に特徴のあるお子様が放課後や長期休暇に利用できる福祉サービスや、子どもたちの居場所を提供する地域団体もあります。

 

放課後キッズクラブ

放課後キッズクラブは、学校施設を利用して、遊びを通じた異年齢児間の交流、及び安全で健やかな放課後の居場所づくりを促進することによって、子どもたちの創造性や自主性、社会性を養い、児童の健全育成を図ることを目的としています。

 

放課後学童保育

昼間保護者がいない家庭等の子どもたちが安全で豊かな放課後を過ごすために、放課後児童クラブ事業を地域の理解と協力のもとに実施しています

 

放課後デイサービス

障害のある児童や発達に心配がある児童が、学校の授業終了後、または休業日に利用できる福祉サービスです。

 

<子どもの居場所を提供する地域団体の情報>

<こどもつながりろーどまっぷ>地域にある子どものための居場所を調べよう!

<こどもつながりろーどまっぷ>学齢・青少年期支援に関わる団体

 

 

*こどもつながりろーどまっぷ特集はこちら。

 

<近くのマスの情報紹介>

 

「育ちに不安が…相談したい」

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく